サム・ライミ監督、トビー・マグワイア版『スパイダーマン4』に言及 噂の真偽は如何に | VG+ (バゴプラ)

サム・ライミ監督、トビー・マグワイア版『スパイダーマン4』に言及 噂の真偽は如何に

©Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

サム・ライミ監督作、トビー・マグワイア主演『スパイダーマン4』は制作される?

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2022)でトビー・マグワイア版ピーター・パーカーとアンドリュー・ガーフィールド版ピーター・パーカーがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界に訪問して以降、ファンの間ではある噂が流れている。それがサム・ライミ監督作、トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン4』が撮影されるというものだ。

サム・ライミ監督は『スパイダーマン』(2002)と『スパイダーマン2』(2004)、そして『スパイダーマン3』(2007)と立て続けに実写映画「スパイダーマン」シリーズを撮影しており、そこでは『スパイダーマン4』も計画されていた。そこではジョン・マルコビッチが演じるヴァルチャーがメインヴィランになる予定だったという。

サム・ライミ監督は『スパイダーマン4』の計画が頓挫して以降、マーベルから離れていたが『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)でマーベル映画に帰って来た。MCUは今後、マルチバース展開を視野に入れているということで、『スパイダーマン4』の撮影がファンの間で噂されていたのだ。

サム・ライミ監督「実際にはまだ取り組んでいない」

CBRがワンダーコンでサム・ライミ監督に『スパイダーマン4』に関する撮影の噂についてインタビューをした。サム・ライミ監督の返答は『スパイダーマン4』の撮影の噂はあるも、実際にはまだ取り組んでいないということだった。最初は撮影されるかどうかは聞いていないと答えたが、以下のように続けた。

『スパイダーマン4』の噂は読んだけど、実際にはまだ取り組んでいません。マーベルとコロンビアは、現在の実写映画のスパイダーマンとその路線でとても成功しています。よくわかりませんが、スパイダーマンの新作はどれも好きです。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が大好きでした。トビー・マグワイアが再び出演しているのを見ると、本当に超パワフルだと思いました。

また、トビー・マグワイアが『スパイダーマン4』に出演するかどうかについて聞かれると以下のように返した。

トビー・マグワイアとはまだ話していませんが、マーベルかコロンビア・ピクチャーズとは話しているかもしれません。でも、マーベルとは『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』という映画で仕事をしたばかりです。だから、彼らとはとても仲が良いと思います。もし製作中であれば、その話を聞くことになると思います。そう思いますよ。わかりませんが。

サンドマン俳優「トビー・マグワイアはスパイダーマンを再び演じると思う」

『スパイダーマン3』でサンドマン/フリント・マルコを演じたトーマス・ヘイデン・チャーチは、『スパイダーマン4』に対して乗り気だ。米Comicbook.comのインタビューで、トーマス・ヘイデン・チャーチは「サンドマンとしては、彼らが私に別のスパイダーマンの仕事を依頼するかもしれないといういくつかの噂がありました」と語った。その一方で他のマーベル映画の出演依頼は無かったとも語った。トーマス・ヘイデン・チャーチ曰く、トビー・マグワイアがスパイダーマン/ピーター・パーカーを再び演じるのではないかとのことだ。

サム・ライミはトビー・マグワイアとまた『スパイダーマン』をやると思います。彼らは『スパイダーマン4』の製作が決まったとき、僕が『スパイダーマン4』に出演するオプションを持っています。だから、もし実現したら、それは素晴らしいことです。僕は少し年をとっているんです。

サム・ライミ監督は『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』でマルチバース展開を経験したことで、マーベル映画に不可能は無いと感じたとのことだ。しかし、『スパイダーマン4』を撮影するとすれば、トビー・マグワイアやキルスティン・ダンストなどスター俳優を再集結させる必要がある。それでもサム・ライミ監督はスター俳優の再集結に乗り気のようだ。

トビー・マグワイアが大好きで、キルスティン・ダンストも大好きです。あらゆることが可能だと思います。ストーリーもプランもまだありません。マーベルがそれに興味を持つかどうかもわかりません。彼らがどう考えているのか分からないんです。私はそれを追求したこともありません。でも、素敵な話だと思います。スパイダーマンの映画ではなかったとしても、またトビー・マグワイアと違う役で一緒に仕事がしたいとおもいます。

4月にはロサンゼルスで全米劇場所有者協会が毎年春に開催するコンベンション「シネマコン」が開催される。シネマコンでは、多くの映画の予告編や情報が解禁されることになる。ディズニーのパネルが公開されるのは日本時間で2024年4月12日(金)になる。『スパイダーマン4』は噂の域を出てない上、撮影されたとした場合、ソニーの作品になるのか、それともディズニーの作品になるのかも不明だ。今後の動向に注目していきたい。

サム・ライミ監督版「スパイダーマン」三部作のBlu-rayコンプリートBOXセットは発売中。

「スパイダーマン」シリーズ 4K ULTRA HD&ブルーレイ8MOVIEセットも発売中。

Source
CBR/Comicbook.com

サム・ライミ監督は以前のファンからの質問で『スパイダーマン4』の制作は適切な時期にと答えている。詳しくはこちら

アンドリュー・ガーフィールドが『アメイジング・スパイダーマン3』への出演について語った内容はこちらの記事で。

【ネタバレ注意!】『マダム・ウェブ』に登場したスパイダーマンの要素の解説はこちらの記事で。

トビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドが語った『ノー・ウェイ・ホーム』出演の背景についてはこちらから。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ラストの解説はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. あらすじ&考察! 映画『ブラック・ウィドウ』はナターシャの過去をどう描く? 原作コミックの設定、タスクマスターとの関係は?

  2. 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のキャスト・吹き替え声優まとめ【出演者・俳優】

  3. 『デッドプール3』撮影開始、シリーズで初めてロンドンからスタート 2024年公開予定

  4. 『マダム・ウェブ』からSSUはどのように変わっていく? ネタバレ考察&解説