『ソニック・ザ・ムービー』登場キャラを原作ゲームと比較してみた【ソニック、ドクター・エッグマン】 | VG+ (バゴプラ)

『ソニック・ザ・ムービー』登場キャラを原作ゲームと比較してみた【ソニック、ドクター・エッグマン】

©︎Paramount Pictures, Sega of America

映画『ソニック・ザ・ムービー』が6月公開

セガの世界に誇る人気キャラクター、ソニック・ザ・ヘッジホッグを主人公に据えた『ソニック・ザ・ムービー』が日本で2020年6月26日(金)に公開される。アニメーターとしても活躍してきたジェフ・ファウラー監督の長編映画デビュー作品で、主人公ソニックの声を俳優のベン・シュワルツ、悪役のドクター・ロボトニック (ドクター・エッグマン) 役をジム・キャリー、ソニックの相棒となる警察官トム・ウォシャウスキーをジェームズ・マースデンが演じる。

実写化で避けられない挑戦

人気キャラクターの実写化は、いつだってハードルの高い挑戦だ。2019年5月に公開された予告編では、ソニックのキャラクターデザインが酷評され、SNS上でネットミームと化した。詳しい経緯は以下の記事をご覧いただきたい。

また、『ソニック・ザ・ムービー』の日本語版吹き替え版には、ソニック役に俳優の中川大志が起用されることが発表された。この件についても、長年ゲーム作品などでソニック役の声優を務めていた金丸淳一が起用されなかったことを発端に、本人からの一連の発信も受け、日本のソニックファンからは再び映画に対する批判の声があがっている。

登場キャラクターを原作と比較

公開前から注目を集めている『ソニック・ザ・ムービー』だが、今回は、実写化作品における本来の醍醐味である原作と映画版のキャラクターの比較を楽しみたい。

ソニック

ゲーム版のソニック/©︎SEGA

映画版のソニック/©︎Paramount Pictures, Sega of America

主人公ソニックは前述の通り、キャラクターデザインの変更前は原作とはかけ離れた見た目だった。リデザイン後は、分離した目に生え揃った歯、長い手足に小さな両手は全て修正され、原作と比較しても違和感のない姿になった。ゲーム作品などではソニックの両目はつながっているが、映画版ではギリギリつながっていないものの目の間の肌の色が白いためつながっているようにも見えるという、デザイン性とリアリティを同時に追求した見た目となった。

映画版の旧デザイン/©︎Paramount Pictures, Sega of America

映画版の旧デザイン/©︎Paramount Pictures, Sega of America

一方で、2019年に『名探偵ピカチュウ』で一足早く実写化された「ポケットモンスター」シリーズのピカチュウ同様、ゲーム作品で見られたソニックのソリッドな毛並みはフワフワに。原作と比較して完全に異なる点は、この毛の質感と、靴についていた金色の金具がなくなっている点くらいだ。デザイン変更前に履いていたプーマ風のデザインのスニーカーもゲームでおなじみのシンプルなデザインに変更されている。

なお、『ソニック・ザ・ムービー』では、原作ゲームには登場しない幼少期のソニック、“ベビーソニック”が登場する。ベビーソニックのオリジナルトレーラーも公開されており、こちらも要チェックだ。

ドクター・ロボトニック/ドクター・エッグマン

ゲーム版のドクター・エッグマン/©︎SEGA

映画版のドクター・エッグマン/©︎Paramount Pictures, Sega of America

映画版のドクター・エッグマン/©︎Paramount Pictures, Sega of America

ソニックは“実写化”とはいえCGによる再現で現実世界に適応させる作業が中心になった。一方で、ジム・キャリーが演じるドクター・エッグマンにも注目だ。海外のコミック作品などでは、本名の“ロボトニック”の名前で呼ばれており、『ソニック・ザ・ムービー』でも、“ドクター・ロボトニック”の呼称が使用されている。

名優ジム・キャリーが演じるドクター・エッグマンは原作と比較すると、予告編の冒頭では黒いサングラスに黒いジャケットで、中盤からは赤いジャケットにゴーグルという服装こそ原作の姿を想起させるが、髪もヒゲも整っている。スキンヘッドにボサボサのヒゲという原作の特徴は普段の姿では見られない。ゴーグルのレンズも赤色になっており、緑のレンズのゴーグルに青いレンズの丸メガネという原作のスタイルをあえて外しているようにも思える。

だが、公開されている『ソニック・ザ・ムービー』のワンシーンでは、完全にスキンヘッドになり、ヒゲもおなじみのボサボサ状態になっている姿も見られる。原作ファンも納得の実写化作品に仕上がっている。

映画版のドクター・エッグマン/©︎Paramount Pictures, Sega of America

なお、ジム・キャリー演じるドクター・ロボトニックは、劇中で印象的なダンスを見せている。ジム・キャリーがこのシーンについて語った内容は以下の記事からご覧いただける。

そして、「ソニック」シリーズといえばナックルズやエイミー、テイルズといった魅力的なキャラクターたちが特徴の一つだが、隠れキャラクターの登場はあるのだろうか。

映画『ソニック・ザ・ムービー』は、2020年6月26日(金)に日本公開。

『ソニック・ザ・ムービー』公式サイト

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』名作ファンタジーを題材にしたSF愛溢れる一作

  2. 『ザ・プレデター』がいよいよ公開! 監督は『アイアンマン3』のシェーン・ブラック、期待の若手俳優が揃った出演者にも注目

  3. 劉慈欣 原作の映画『超新星紀元』製作がスタート 『三体』プロデューサーが監督に

  4. 【あらすじ・みどころ】実写版『ムーラン』が乗り越えるべきアニメ版の課題【原作と比較】