Netflix『流転の地球』配信をアメリカが無視? 米メディアが驚き「宣伝なし、誰も気付かず」

ライター

updated on May 10th, 2019.

Netflix『流転の地球』配信開始で米メディアが驚き

3ヶ月弱での全世界配信

2019年4月30日(月)、中国SF映画の金字塔『流転の地球 (原題: 流浪地球、英題: The Wandering Earth)』がNetflixで公開された。同作は中国の春節 (旧正月) に合わせて2月に劇場公開されており、アメリカでも22館で劇場公開されていた。わずか3ヶ月弱での全世界配信となり、劇場公開が実現していない日本では注目が集まっていた。

「誰も気付かず」? 横並びの報道

Netflixでの『流転の地球』配信開始から1週間が経過した米時間の5月6日(月)、米メディアが一斉に同作の配信開始を伝えた。配信開始から1週間後というタイミングも驚きだが、注目すべきは各社が横並びで同じような文言を使用しているという点だ。各メディアは、以下のようなタイトルで『流転の地球』の配信開始を報じた。

Gizmodo
「Netflixが中国のSFブロックバスター『流転の地球』を週末にひっそり公開、そして誰も気付かず

/FILM
「Netflixの『流転の地球』配信開始は宣伝なし

Decider
「Netflixが『流転の地球』をサプライズリリース 中国初のSF大作」

Bleeding Cool
「Netflix、アナウンスや宣伝なしで『流転の地球』を配信開始」

Dark Horizons
「Netflixがひっそりとアメリカで『流転の地球』を公開」

アメリカ人が『流転の地球』を無視?

Dark Horizonsによると、『流転の地球』はNetflixの“新着”の項目にも含まれておらず、/FILMによると、5月配信開始作品の公式リストにも含まれていなかったという。SNSでのアナウンスも行われておらず、The Stranger誌のCharles Muded記者は、「なぜアメリカ人はこの時代における最も重要な映画『流転の地球』を無視するのか?」と題したエッセイを投稿。全く広報が行われなかったことについて、「配信を開始した事実を隠そうとしているかのようだ」と手厳しい意見を投げかけている。その理由について、作中で描かれる、気候変動が取り返しのつかない状況になるという描写、それに対してアメリカ人が果たせる役割が少ないということに、アメリカ人の心の準備が整っていないのではないかと推測した。

日本では…?

一方で、Netflixがオリジナル作品に力を入れていることを考えれば、SNSでの広報が積極的に行われないこと自体は不思議なことではない。日本では中国での春節公開決定の第一報から注目度が高く、VG+でも繰り返し関連ニュースをお届けしてきた。だが、配信決定のプレスリリースを除いて、日本でもNetflixからのオフィシャルな広報は行われていない。『流転の地球』をマイリストに登録していたユーザーのメニュー画面には配信開始日に同作が登場していたが、そうでない人にとってはまさに「ひっそりと」公開されていたのだ。

映画界は新たな局面へ

また、GIZMODO Australiaによると、『流転の地球』はオーストラリアなど一部の国ではまだ公開されていない。また、韓国では4月18日に劇場で公開されたばかりだ。様々な事情から同作が「ひっそりと」配信開始となったことは事実のようだが、「アメリカが特別なのでは」という米メディアの心配は杞憂に終わりそうだ。そして、こうした話題が出てくるのも、ハリウッド以外の場所からブロックバスター映画が登場したからこそ。今までにない状況に懸念や疑念が生まれることも、状況が変わりつつあるということの証拠だと言える。

ネットユーザーたちも続々反応

アメリカのネットユーザーからは「アベンジャーズで忙しかった」との声もあがっているが、熱心なアメリカのウォッチャーからは「気づいてたよ!」という声も上がっている。「いつの間にか」公開されていたため、「週末 (2-3日前) に配信を開始していた」と報じる各社に対して、「もう一週間経ってるよ」と訂正する声も。
SF作家で現在コミック版の「ブラック・パンサー」シリーズを手がけているネディ・オコラフォは『流転の地球』の配信開始を知り、喜びの声をあげている。

(updated on May 10th, 2019)

米メディアによる報道のおおよそ2日後、日本時間の5月9日、Netflixは英語版Twitterアカウントで『流転の地球』を紹介するツイートを投稿した。

様々な方面で注目を集める『流転の地球』は、2019年4月30日(月)よりNetflixで配信中。

『流転の地球』Netflix

– Thumbnail –
via: Screenshot on Netflix
– Source –
The Stranger / Dark Horizons

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 映画『ジョーカー』のトーマス・ウェイン役にアレック・ボールドウィン 「バットマンの父」を演じた歴代俳…

  2. 『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』本編映像到着! 未来の人類が崇拝するのは新興宗教ジョブズ教

  3. 『流転の地球』英語吹き替えのクオリティがスゴイ。徹底して中国系声優を起用

人気記事

新着記事

PAGE TOP