映画『マーベルズ』ヴィランはダー・ベン。クリー人を率いてバングルを操る 原作コミックの設定は? | VG+ (バゴプラ)

映画『マーベルズ』ヴィランはダー・ベン。クリー人を率いてバングルを操る 原作コミックの設定は?

©2023 MARVEL

映画『マーベルズ』11月10日公開

MCU映画『マーベルズ』は、『キャプテン・マーベル』(2019) の続編にあたる作品で、ドラマ『ワンダヴィジョン』(2020) と『ミズ・マーベル』(2021) のラストから繋がる映画作品でもある。ブリー・ラーソン演じるキャプテン・マーベルことキャロル・ダンヴァース、テヨナ・パリス演じるモニカ・ランボー、イマン・ヴェラーニ演じるミズ・マーベルことカマラ・カーンの三人が中心に立つ。

気になるのは、『マーベルズ』に登場するヴィランだ。MCU作品は豪華キャストがヴィランを演じることも多く、『キャプテン・マーベル』ではヴィランのヨン・ロッグを名優のジュード・ロウが演じた。では、『マーベルズ』では誰がどんなヴィランを演じるのだろうか。

『マーベルズ』のヴィランは?

映画『マーベルズ』でヴィランを演じるのは俳優のゾウイ・アシュトン(ザウイ・アシュトン)。ロンドン生まれで元は舞台俳優として活動しており、演劇の脚本も手がける多才な人物だ。Netflix映画『ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー』(2019) への出演などで知られる。2022年5月にはMCUでロキ役を演じるトム・ヒドルストンと婚約したことが明らかになっている。

そのゾウイ・アシュトンが映画『マーベルズ』で演じるヴィランはダー・ベン。ファンやメディアによる予想は行われていたが、Colliderによると、特報映像の公開後にスタジオが認めたという。ダー=ベンは1991年刊行の『シルバー・サーファー Vol.3 #53』に登場したクリー人の将軍で、コミックでは男性のキャラクターとして描かれている。

原作コミックでは、ダー・ベンは仲間のアエル=ダンや兵士たちと共にクリー帝国に対してクーデターを起こす人物。ロボットのシルバー・サーファーを作り出して皇帝を殺害させると、それをスクラル人の仕業ということにして、ダー・ベンとアエル=ダンはクリーの支配者になるのだ。

MCUにはそもそもオリジナルのシルバー・サーファーが登場していないため、『マーベルズ』でいきなりロボットのシルバー・サーファーを登場させることはないと思われる。だが、ダー・ベンというキャラクターが、特にクリー人との因縁があるキャプテン・マーベルことキャロル・ダンヴァースの物語を再び動かすことは確実だ。

ダー・ベンの武器は?

『マーベルズ』の特報映像ではダー・ベンの姿が初公開された。予告の終盤、兵士たちの前で左手に武器を持つ姿が見られ、その後には新しいコスチュームを着たミズ・マーベル、モニカ・ランボー、キャプテン・マーベルと3対1で戦っている。

最初のシーンでは、ダー・ベンは様々な人種のクリー人を引き連れている。クリー人は肌が青い人種だけではなく、ヨン・ロッグのように地球人と同じ見た目をしている人もいる。このクリー人の兵士は特報の冒頭でキャプテン・マーベルと入れ替わったモニカ・ランボーが戦う羽目になっているので、物語の冒頭からキャプテン・マーベルとクリー人は対立していることが窺える。

そして、この場面でダー・ベンが持っている武器は、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014) でロナンが持っていたコスミ・ロッドのように見える。コスミ・ロッドはクリー人の伝統的な武器で、ロナンはエリート部隊・アキューザーズの司令官だった。つまり、コスミ・ロッドを持っているダー・ベンは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でロナンが死んだ後にアキューザーズの司令官になったのかもしれない。

ただし、ロナンが使っていたコスミ・ロッドはインフィニティストーンの一つであるパワーストーンを埋め込んでおり、コスミ・ロッド自体が強力な武器というわけではない。次のシーンでは『マーベルズ』におけるダー・ベンの新たな武器が披露されている。

バングルを操る?

キャプテン・マーベルらとの戦いを繰り広げるダー・ベンの左腕にはドラマ『ミズ・マーベル』(2022) に登場したようなバングルが見える。実はこの前のシーンでもダー・ベンは腕にバングルを付けているのだが、右腕につけられており、髪の分け方が逆になっていたり、兵士が全員左利きの武器の持ち方をしていたりするので、ダー・ベンが兵士の前に立つこのシーンは何らかの理由で映像を反転させているものと思われる。

そしてダー・ベンはバングルから光を発して攻撃しており、3対1の戦いで堂々と渡り合っている。なお、魔法のバングルが二つ存在するということは『ミズ・マーベル』でも言及されていた。この点については改めて別記事で考察したい。

最後にはキャプテン・マーベルがおそらくコスミ・ロッドを振り下ろしているが、この直前の三人が揃った場面でも棒状のものを持っていることから、ダー・ベンのコスミ・ロッドを奪ったと考えられる。

ダー・ベンが強力なヴィランになることは間違いなさそうだが、『キャプテン・マーベル』をはじめとするMCU作品では、メインヴィランが予告とは別の人物だったという仕掛けは珍しくない。『マーベルズ』ではどんな展開が描かれるのか、続報と劇場公開を楽しみに待とう。

映画『マーベルズ』は2023年11月10日(金)日米同時公開。

『マーベルズ』公式サイト

Source
Collider

パク・ソジュンが演じると目されるヤン王子の設定についてはこちらの記事で。

『マーベルズ』特報予告で分かった『ワンダヴィジョン』『ミズ・マーベル』との繋がりはこちらの記事で解説している。

6月21日配信開始のドラマ『シークレット・インベージョン』の予告解説&考察はこちらの記事で。

5月3日(水・祝)公開予定の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』新予告編の解説&考察はこちらから。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. キャシーって誰? スタチュアになる?『アントマン&ワスプ:クアントマニア』を観る前にチェック

  2. ギレルモ・デル・トロが再びスーパーヒーロー映画を作る条件とは?「イケメンには興味ないんだ」

  3. 『GotG4』はある? 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』続編をネタバレありで考察&解説

  4. 『エターナルズ』キンゴはどんな人?「不安がない人」演じたクメイル・ナンジアニが語る 能力・原作は?