【ネタバレ解説】『シャイニング』ダニーのその後……トラウマを抱えアルコール依存症になったダニーを描いた『ドクター・スリープ』 | VG+ (バゴプラ)

【ネタバレ解説】『シャイニング』ダニーのその後……トラウマを抱えアルコール依存症になったダニーを描いた『ドクター・スリープ』

© Warner Bros. Entertainment Inc.

『シャイニング』のその後

スティーヴン・キングの原作小説をスタンリー・キューブリック監督がホラー映画の金字塔に作り変えた映画『シャイニング』(1980)。後にティム・バートン版『バットマン』(1989)でジョーカー役を演じることになるジャック・ニコルソンら俳優陣の名演も光った。

スティーヴン・キングが2013年に発表した『シャイニング』の続編『ドクター・スリープ』は、キングが「大人になったダニーがどうなったのか、ずっと気になっていた」と、1977年発表の『シャイニング』以来、40年ぶりに執筆した作品。あの『シャイニング』での惨事を生き延びたダニーの40年後が描かれた。

2019年にマイク・フラナガンによって実写化された映画『ドクター・スリープ』は、原作小説の『シャイニング』とスタンリー・キューブリック監督による映画版の『シャイニング』を繋ぐ役割を果たした作品だ。トラウマを抱えたダニーの“復活”を映画版『シャイニング』を引き継いで描いた。

¥1,528 (2020/09/26 00:24:11時点 Amazon調べ-詳細)

『ドクター・スリープ』のあらすじ

ホテルでの惨劇の直後、ダニーは母ウェンディーと二人で暮らしている。二度と雪を見たくないという思いから、暖かいフロリダに移り住んでいた。だが、ダニーは自宅のバスルームでも女性の幽霊に遭遇するなど、オーバールックホテルでの事件から逃れることができていない。『シャイニング』でダニーを助けたディック・ハロランは、亡霊になりながら“シャイニング”の力をうまく使えないダニーに助言を与え続けていた。

そして40年後、ダニーは自分が持つシャイニングの力から逃れようとして、父ジャックと同じくアルコール依存症になっている。ジャックのように怒りをコントロールできない場面も。一方で、ジャックのように傷つけないよう孤独に生き続けている。ダニーと同じシャイニングの能力を持つ少女アブラと出会うが、ダニーは人と関わることを恐れ、何もしないことを選ぼうとする。

(今回は“ダニーのその後”に焦点を当てるため、アブラやシャイニングの力を持つ子どもを狙う集団トゥルー・ノットの話は割愛する。)

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『ドクター・スリープ』の内容に関するネタバレを含みます。

父との再会

父親からのDVというトラウマを抱え、アルコール依存症になった孤独な中年男性。父親は自分を愛していなかったのではないか……アルコール依存症の集団カウンセリングで、ダニーはそんな不安を口にする。

再びオーバールックホテルに舞い戻ることになったダニーは、そこで父ジャックの亡霊と対面する。ジャックはホテルのバーテンダーになり、依存症の治療のために禁酒しているダニーに酒を勧める。映画『シャイニング』において、ジャックは亡霊のバーテンダーから勧められた酒を飲んだことで狂い出した。それと同じ轍を息子のダニーに踏ませようとするのだ。

『ドクター・スリープ』のハイライトは、このダニーと父ジャックとの対話シーンだ。『E.T.』(1982)で主人公エリオットを演じたヘンリー・トーマスが、ジャック・ニコルソンを引き継いでジャックを演じ直している。

「酒は薬」

ダニーは、ウェンディがダニーの目にジャックの面影を見て、すぐに目を逸らすようになったこと、20歳の時にウェンディは死に、ダニーは酒に溺れるようになったことを話す。それを聞いたジャックは、「酒は薬だ」とダニーに説く。「男は口に囲まれている」と、ジェンダーに結びつけて論を展開していく。

確かに、映画『シャイニング』のジャックは、妻のウェンディを「仕事の邪魔をしている」という理由で攻撃していた。「妻子を養う」という家父長制の価値観に縛られ、自らを追い込んでいたと見ることもできる。

ジャックは、男は自分の人生を生きることができない、利用され、家族が、社会が男を病ませる、酒はその苦しみから解放されるための薬だとダニーに告げる。苦しい現実に囲まれ、それから逃れる手段が酒だと主張するのだ。

父性の拒絶

ジャックは、ダニーに「薬を飲め」と迫るが、ダニーはこれを拒否する。ダニーは、辛い状況にあっても断酒を続け、40年前にジャックが犯した過ちを繰り返さなかった。その後、自分と同じくシャイニングの能力を持つアブラを、亡霊に取り憑かれながらもその命をかけて助ける。

DVサバイバーの中年男性となったダニーは、そのトラウマと向き合い、「酒は男の薬」という「父の理論」を拒絶する。40年前に父ができなかったことを、自分の意志で選択していくのだ。隠し、抑え、逃れ続けてきたシャイニングの力は、「隠さなくていい」という結論を導き出す。

スティーヴン・キングは『ドクター・スリープ』を、『シャイニング』でトラウマを抱えたダニーの「回復 (リカバリー) の物語」と語っている。キングは、『シャイニング』というホラー作品を映画版の後味の悪い結末のまま終わらせず、40年越しに改めて「その後」を描き、現実にサバイブする人々の力になるメッセージを添えた。

それは、スティーヴン・キング自身がアルコール依存症と薬物依存を克服した過去と無関係ではない。『ドクター・スリープ』は長い断酒生活の中で書いた物語だということを、キングは認めている。『シャイニング』、そして『ドクター・スリープ』はダニーの40年間を通して、自分の力、そして弱さと向き合う方法を示してくれたのだ。

『シャイニング』と『ドクター・スリープ』は、4K ULTRA HD&ブルーレイセットが発売中。

スティーヴン・キングによる『ドクター・スリープ』の原作小説は文春文庫より発売中。

¥2,343 (2020/09/26 00:54:48時点 Amazon調べ-詳細)

齋藤 隼飛

1991年生まれ。
社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。
編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせはコチラから

関連記事

  1. 映画『MEG ザ・モンスター』のキャスト・吹き替え声優まとめ【出演者・俳優】

  2. ユアン・マクレガー『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』は「女性が日々直面するミソジニーを扱っている」【BIRDS OF PREY / ブラックマスク役】

  3. 『メン・イン・ブラック インターナショナル』 テッサ・トンプソンが主役を演じた意味とは

  4. 映画『ジョーカー』の吹き替えに起用された声優まとめ【ブルーレイ&DVD収録】