『ドクター・スリープ』が前作『シャイニング』から転用した3つのシーンとは エレベーターシーンの製作秘話も明らかにVG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

『ドクター・スリープ』が前作『シャイニング』から転用した3つのシーンとは エレベーターシーンの製作秘話も明らかに

©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved 

『ドクター・スリープ』が公開

2019年に公開された映画『ドクター・スリープ』。スタンリー・キューブリック監督が手がけた伝説のホラー映画『シャイニング』(1980) の40年ぶりの続編で、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(2019) に続くスティーヴン・キング原作映画の最新作となる。

『シャイニング』を完結させる物語

映画『ドクター・スリープ』は、前作『シャイニング』を観ていない人でも楽しめる作りになっている。だが、原作者のスティーヴン・キングは映画『ドクター・スリープ』を「キューブリック映画『シャイニング』の素晴らしい続編」とも述べており、作中には『シャイニング』の物語を完結させる仕掛けがいくつも用意されている。

『シャイニング』から転用した3つのシーンとは?

『ドクター・スリープ』には、『シャイニング』ファンが思わずニヤリとしてしまう映像がいくつも登場する。キューブリックのこだわりシーンの数々を40年の時を経て蘇らせることに成功している。だが実は、『ドクター・スリープ』には、キューブリックの『シャイニング』から転用した映像が3つ存在するのだという。指揮をとったマイク・フラナガン監督が、FOXのインタビューで明らかにしている。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『ドクター・スリープ』の内容に関するネタバレを含みます。

意外な3つのショット

マイク・フラナガン監督は、「キューブリック作品で使用された映像に手を加えたシーンが (『ドクター・スリープ』には) 3つ存在するんです」と語る。インタビュアーが「迷路ですか?」と尋ねるが、「あれは私たちが作りました」と回答。キューブリックから受け継いだ3つのシーンを明らかにしている。

小島と渓谷が映るショットは『シャイニング』のものを使用しています。明度を落として、雪を足しました。残りの二つのシーンは、その後に続く車が山を登っていく二つのシーンです。(キューブリックの映像を使用した理由は、) 全く同じショットにしたいという思いがありましたし、完全に再現することは不可能だったからです。雪を足して車をダニーの車に置き換えることで悪夢の雰囲気を作り出しました。

キューブリックの『シャイニング』から転用された3つのシーンは、なんと全て“展望ホテル”へ向かう場面にあったというのだ。スティーヴン・キングの『ドクター・スリープ』とスタンリー・キューブリックの『シャイニング』を繋ぐこの場面に、マイク・フラナガン監督が相当なこだわりを持っていたことが分かる。

“血のエレベーター”シーンの製作秘話

なお、マイク・フラナガン監督は、非常に高い再現度の“血のエレベーター”については、デジタル映像で再現したことも明らかにしている。こちらも実物で元の映像を再現することは不可能であった上に、演出上、カメラの視点を変える必要があった。『シャイニング』では、キューブリックは非常に低い位置にカメラを置いてエレベーターを捉えていたが、『ドクター・スリープ』ではローズ・ザ・ハットがこの“血のエレベーター”を目撃するため、カメラをローズの目線の位置に置く必要があった。結果、デジタルで再現されたこのシーンだが、製作には4ヶ月の月日を費やしたというから驚きだ。

上記のシーン以外にも、『ドクター・スリープ』では『シャイニング』から数多くのシーンが再現されている。『ドクター・スリープ』を鑑賞した後に『シャイニング』を再度鑑賞してみると、更なる発見があるかもしれない。

¥2,500 (2020/07/11 10:27:45時点 Amazon調べ-詳細)
¥299 (2020/07/11 20:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

また、『ドクター・スリープ』では、映像だけでなく音楽においても『シャイニング』からの引用が見られた。詳細は音楽記事をご覧いただきたい。

¥2,343 (2020/07/11 10:27:46時点 Amazon調べ-詳細)

Source
FOX 5 DC

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. アメリカで「怪獣クリスマス・マラソン」放送! 13作品のラインナップは?

  2. 「映画を撮りたい!」『アクアマン』ワン監督が未来のクリエイターに贈った助言とは?

  3. 『アクアマン』オーシャンマスターは“環境戦士” パトリック・ウィルソンとワン監督が語る魅力

  4. ニール・ブロムカンプ監督が『エリジウム』で描いた経済格差――地球の今と未来を映し出した“比喩”と“if”