続編で再登場しそうなキャラクターは? 『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』 ネタバレ考察&解説 | VG+ (バゴプラ)

続編で再登場しそうなキャラクターは? 『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』 ネタバレ考察&解説

©2024 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©石森プロ・東映

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』で再登場したキャラクターの共通点から考察

2003年から2004年にかけて放送され、人気を博した『仮面ライダー555』の正統続編である『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』が2024年2月2日(金)から期間限定上映が開始された。そこでは『仮面ライダー555』本編で死亡したはずの村上幸平演じる仮面ライダーカイザ/草加雅人と藤田玲演じるドラゴンオルフェノク/北崎望の再登場に注目が集まった。

また、シネマトゥデイのインタビューで『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の企画に携わった仮面ライダーファイズ/乾巧を演じた半田健人や、園田真理を演じた芳賀優里亜らは『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』を『仮面ライダー555』の新たな出発点にしたい旨を語っている。そのため、『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の続編が製作される場合、更なるキャラクターの再登場の可能性があり得る。

本記事では『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』に再登場したキャラクターの共通点から、『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の続編が製作された場合に再登場する可能性のあるキャラクターを考察していこう。なお、本記事は『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』のネタバレを含むため、本編視聴後に読んでいただけると幸いである。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の内容に関するネタバレを含みます。

北崎や草加の共通点

生前の記憶

北崎と草加は日本政府がスマートブレイン社というフロント企業を利用して開発したオルフェノク殲滅用アンドロイドであった。『仮面ライダー555』本編よりスマートレディなど、スマートブレイン社はアンドロイド開発の技術があったことが考察できる。『仮面ライダー555』最終話でスマートブレイン社は倒産とも解体とも取られる演出がなされており、そこで回収された技術から北崎と草加の日本政府によってアンドロイドが開発されたと考察できる。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』では、アンドロイドは生前の記憶が一部受け継がれていると考察できる描写が存在している。そのため、アンドロイドの北崎と草加はかつての『仮面ライダー555』で描かれたスマートブレイン社と流星塾生との間で起きた戦いの記憶を有していると考察できる。

そのため、スマートブレイン社が有していた各地のオルフェノクの居場所と、今後オルフェノクになる可能性のある流星塾生の居場所を知っている北崎と草加がアンドロイド化の対象に選ばれたと考察できる。その他にも草加は仮面ライダーカイザとしての戦闘経験、北崎はドラゴンオルフェノクと仮面ライダーデルタとしての戦闘経験があるため、その記憶を引き継いだアンドロイドを製作することで強力なアンドロイドを開発できたと考察できる。

安否が不明

また、安否が不明であることも重要になっていると考察できる。日本政府の目的はオルフェノクを殲滅するスマートブレイン社とオルフェノクを庇護する真理たちにアンドロイドを潜入させることだ。安否が不明ならば、突如として消えて、再び現れても不自然ではない。

草加は泉政行演じるホースオルフェノク/木場勇治とラッキークローバーの罠にはまり、殺害されている。その死体は灰化の末に波にさらわれ、巧たちは探し出すことはできなかった。北崎は死闘の末に弱ったところをアークオルフェノクに捕食されている。唯一の目撃者である山崎潤演じるセンチピードオルフェノク/琢磨逸郎は逃げ出し、琢磨はその後正体をくらまして人間社会で生きている。そのため、目撃者はいないと言っても良い。

これらのことから『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の続編が製作される場合、再登場するキャラクターには安否を他の登場人物が知らないキャラクターが選ばれる可能性が高いと考察できる。それでは、それを踏まえて『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の続編が製作された場合、再登場する可能性が高いキャラクターを挙げていこう。

再登場の可能性のあるキャラクター

ローズオルフェノク/村上峡児

アンドロイドになりそうな人物として挙げられるのが、村井克行演じるローズオルフェノク/村上峡児だ。ローズオルフェノクは強力なオルフェノクであり、仮面ライダーファイズと仮面ライダーカイザ、仮面ライダーデルタの3人と同時かつ対等に渡り合う実力の持ち主だ。『仮面ライダー555』本編の終盤では木場に社長の座を奪われているが、それまではオルフェノクを増やすために強引な手法も厭わない人物だった

村上はスマートブレイン社の社長を務めていた際、その強引な手法で各地のオルフェノクの情報を調べ上げているため、オルフェノク殲滅のために日本政府としては手に入れたい人物だ。日本政府としては村上をアンドロイドとして開発し、スマートブレイン社の社長として返り咲かせるという筋書きが成り立つと考察できる。

また、村上は『仮面ライダー555』本編では仮面ライダーファイズと仮面ライダーカイザ、仮面ライダーデルタの3人同時攻撃を受けて弱って逃亡した先で、アークオルフェノクによって殺害されている。しかし、その死を知るのは中康次演じるスマートブレイン前社長のゴートオルフェノク/花形のみで、その花形も村上の死を誰にも知らせることのないまま死亡している。そのことから、突如再登場してもおかしくないキャラクターだ。

クロコダイルオルフェノク/ジェイ

アンドロイドとして復活を果たしそうなキャラクターとして挙げられるのが、ケネス・ドゥリア演じるクロコダイルオルフェノク/ジェイだ。ジェイはラッキークローバーのメンバーであり、仮面ライダーカイザと仮面ライダーファイズの両者とも対戦経験を持つ。その記憶は日本政府におけるオルフェノク殲滅作戦において、親オルフェノク派の仮面ライダーを排除する上で非常に有力なデータになり得ると考察できる。

しかし、ジェイは複数の流星塾生の前で死亡しているため、普通のオルフェノクならばアンドロイド化が難しいキャラクターだと考察できる。だが、ジェイには命を複数持っているという特徴を持っており、ジェイはオルフェノクの中では類を見ない3つの命を持ったオルフェノクである。クロコダイルオルフェノクは復活するたびに姿が変わり、格闘態と剛強態、そして凶暴態の姿を持っている。

ジェイが複数の命を持つことは村上とラッキークローバーという限られた人物しか知らない情報であるため、オルフェノク側にまだ命を持っていたとして潜り込ませることが可能なキャラクターだ。日本政府がアンドロイドとして復活させ、オルフェノクたちのコミュニティに忍び込ませることが可能だと考察できる。

センチピードオルフェノク/琢磨逸郎

死亡したキャラクターではないが、巧と同じく延命治療を目的でスマートブレイン社側につきそうなキャラクターとして山崎潤演じるセンチピードオルフェノク/琢磨逸郎が挙げられる。琢磨はラッキークローバーという強力なオルフェノクではあるが、北崎から虐げられても抵抗せずにいる人物であった。その北崎が弱ると鞭で滅多打ちして日頃の鬱憤をぶつけるなど、強い側につく性格だ。

琢磨は前述の通り死亡してはいない。しかし、北崎がアークオルフェノクに捕食され、和香演じるロブスターオルフェノク/影山冴子がアークオルフェノクによって人間性を捨てる姿を見てスマートブレイン社から逃げ出している。その後は人間として余生を生きるために高津工業という建設会社で働いていた。

琢磨はセンチピードオルフェノクとして何度も仮面ライダーファイズや仮面ライダーカイザらと戦っているため、その経験は親オルフェノク派のライダーを倒すために重要だ。なおかつ、仮面ライダーファイズに変身した経験もあるため、巧が延命治療と引き換えに仮面ライダーネクストファイズに変身したようにスマートブレイン社側につく可能性が考察できる。

センチピードオルフェノク/琢磨逸郎を演じた山崎潤は『仮面ライダーアギト』(2001-2002)では仮面ライダーG3/北條透役で出演し、その他にも『仮面ライダーアマゾンズ』(2016-2017)でハゲタカアマゾン/星埜始役で出演するなど多数の東映特撮作品に出演している。そのため、センチピードオルフェノクとしての再登場にも期待できる。

他にもオルフェノク絶滅を願う上級オルフェノクのゴートオルフェノク/花形など、登場を期待したいキャラクターは存在している。しかし、20年が経ち、鬼籍に入った俳優や引退した俳優も少なくない。そういった理由で登場が難しいキャラクターも存在する。『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』を新たな出発点にした場合、続編ではそのような過去のキャラクターたちをどのように描くのだろうか。今後の展開に期待したい。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』は2024年2月2日(金)より期間限定上映。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』公式サイト

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』のBlu-ray / DVDはCSMカイザフォンXXが付いてくる完全受注生産の完全版ほかが予約受付中。

『仮面ライダー555』Blu-rayボックスセットは発売中。

『小説 仮面ライダーファイズ』は講談社キャラクター文庫より発売中。

講談社
¥792 (2024/04/12 21:13:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

バンダイ(BANDAI)
¥2,145 (2024/04/12 22:10:46時点 Amazon調べ-詳細)

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』のラスト解説&考察記事はこちらから。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の続編の可能性の考察記事はこちらから。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の草加についての考察記事はこちらか。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. MCUマルチバースのルールに新証言 時間軸とユニバースは同じ?『ドクター・ストレンジ MoM』プロデューサーが語る

  2. ドラゴンと姫の新しい関係 『ダムゼル/運命を拓きし者』 ネタバレ解説&考察

  3. オプティマス・プライムは何故あそこにいたのか『トランスフォーマー/ビースト覚醒』ネタバレ解説&考察

  4. ネタバレ解説&考察『シン・仮面ライダー』ラストの対決の意味とは? 本郷猛と緑川イチローの対比に見る庵野監督のテーマ