草加は死んだはず? 『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』 ネタバレ考察&解説 | VG+ (バゴプラ)

草加は死んだはず? 『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』 ネタバレ考察&解説

©2024 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©石森プロ・東映

草加雅人登場の謎

「仮面ライダー」シリーズとしては描かれることの少なかった怪人の人間ドラマを描き、高評価を得た『仮面ライダー555』(2003-2004)。その正統続編となる『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』が2024年2月2日(金)より期間限定上映された。そこでファンたちが注目したのが、村上幸平演じる仮面ライダーカイザ/草加雅人の登場だ。

草加は『仮面ライダー555』第48話にて泉政行演じるホースオルフェノク/木場勇治とラッキークローバーの罠にはまり、殺害されている。その死体も灰化し、半田健人演じる乾巧らも発見することが出来なかった。それにもかかわらず、『仮面ライダー555』の正統続編の『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』では仮面ライダーカイザ、そして仮面ライダーネクストカイザの変身者として草加が再登場している。

本記事ではファンたちも注目する『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』での草加の再登場について考察と解説をしていこう。なお、本記事は『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』のネタバレを含むため、本編視聴後に読んでいただけると幸いである。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の内容に関するネタバレを含みます。

仮面ライダーカイザ

『仮面ライダー555』本編から変わった草加

『仮面ライダー555』ではオルフェノクを激しく嫌悪し、その存在を否定するほど憎悪する人物として草加は描かれてきた。更には「俺の事を好きにならない人間は邪魔なんだよ」と言い切り、仲間であろうと平然と裏切るのが草加でもあった。しかし、『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』では死んだと思われていたがいつの間にか芳賀優里亜演じる園田真理の前に現れた人物として、オルフェノクを庇護する活動に参加している。

『仮面ライダー555』の草加と『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の草加は一見すると正反対の存在に思える。事実、半田健人演じる失踪していた仮面ライダーネクストファイズ/乾巧が帰還してスマートブレイン側として戦っていた際、草加は巧に裏切られたという反応を示している。

更に草加は福田ルミカ演じる仮面ライダーミューズ/胡桃玲菜率いるスマートブレイン社のオルフェノク殲滅部隊とライオトルーパーと戦う際には、あれほどまで嫌悪していたオルフェノクと共闘している。そして、柳川るい演じるモスキートオルフェノク/ヒサオとは、仮面ライダーカイザと仮面ライダーデルタとして信頼関係を結んでいる。

草加復活の真相

草加の正体が明らかになるきっかけは真理がオルフェノクの記号により、ワイルドキャットオルフェノクに変身したことだった。オルフェノクやオルフェノクを庇護する者たちを殲滅すべく、政府が生み出したアンドロイドになり果てた藤田玲演じる北崎望と戦うことになる巧。仮面ライダーミューズに変身し、AI機能まで使いこなす北崎に巧が変身する仮面ライダーネクストファイズは歯が立たない。

仮面ライダーミューズの凶刃から真理を逃がすべく、草加に真理の身の安全を託す巧だったが、草加は真理と2人きりになると真理を殴った。草加も北崎と同じく政府が生み出したアンドロイドであり、政府はアークオルフェノクを探すために設立された流星塾の生徒たちはいずれオルフェノクになると考え、流星塾卒業生を殺害するために流星塾生である草加のアンドロイドを生み出したのだった。

草加が真理を殴る際に少し躊躇いを見せていることから、草加や北崎のアンドロイドは生前の記憶などを引き継いでいると思われる。政府にとってカイザギアを使いこなして仮面ライダーカイザとして戦い抜いた流星塾生の草加は、流星塾生たちに潜入させるにはもってこいの人材だったと考察できる。

その上、草加の生死を確実に知っているのが泉政行演じるホースオルフェノク/木場勇治のみである。その木場もアークオルフェノクとの戦いで死亡しているため、入れ替わっていても気づかれないというメリットもあったと考察できる。

仮面ライダーネクストカイザ

エマニュエル・ゴールドスタイン

アンドロイドの草加は、政府の傀儡と化したスマートブレイン社から支給されたカイザドライバーとカイザフォンXXで仮面ライダーネクストカイザに変身して真理を襲う。政府はオルフェノクの庇護をしている真理をすぐに殺害せず、ワイルドキャットオルフェノクに覚醒するまで殺害するのを待っていた。その理由はジョージ・オーウェル『1984年』のエマニュエル・ゴールドスタインと同じだと考察できる。

ジョージ・オーウェル『1984年』は第三次世界大戦後のディストピアSF小説であり、そこではビッグ・ブラザーという人物の率いる党による独裁が続き、思想警察や真理省による歴史改竄が行なわれている。そして、そのようなビッグ・ブラザーに反発し、レジスタンス活動を行なっている兄弟同盟を率いるのがエマニュエル・ゴールドスタインだ。

しかし、ビッグ・ブラザーもエマニュエル・ゴールドスタインも『1984年』には直接登場せず、名前や著作が言及される程度にとどまっている。そのため、ビッグ・ブラザーとエマニュエル・ゴールドスタインは真理省によるプロパガンダのために捏造された人物と考察されている。その目的は反政府組織をしらみつぶしに壊滅させるのではなく、ある程度黙認しておき、その内部にスパイなどを潜入させて反政府組織を管理しておこうというものだ。

『仮面ライダー555』の世界の日本政府はオルフェノクを殲滅させようとしたときに、スマートブレイン社を傀儡にして相互監視社会を形成している。それでも真理たちのようなオルフェノクの可能性を信じて、反発する勢力が現われることは考察できる。そのため、オルフェノクの庇護をする上で英雄的な存在を日本政府自らが創造することで、ある程度オルフェノク側をコントロールしておこうという計画だったと考察できる。

兄弟同盟

オルフェノクの誕生にはオルフェノクの使徒再生によって人工的に生み出されたオルフェノクと、自然発生するオリジナルの2種類が存在している。そのため、人間が死ぬ限りオルフェノクの自然発生は止めることが出来ない。

真理たちがオルフェノクの庇護活動をしていればモスキートオルフェノク/ヒサオ、土師野隆之介演じるゲッコーオルフェノク/コウタ、松澤可苑演じるケイ/クイナオルフェノク以外にももっとオルフェノクを匿っていてもおかしくない。だが、この3人しか保護できていないということは、ある程度の人数のオルフェノクの情報が入れば草加がスマートブレイン社に情報を流していた可能性が考察できる。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』ではライノセラスビートルオルフェノクが誕生し、仮面ライダーミューズによって殺害されている。その情報を真理たちが浅川大治演じる菊池条太郎からオルフェノクが殺害されたことが報告されるが、そのときに「また」という表現が用いられている。

このことから、仮面ライダーミューズやライオトルーパーによるオルフェノク殺害は前例があることが容易に考察できる。草加が政府側のアンドロイドであることを考えると、そこで草加がオルフェノクの殺害にかかわっていた可能性も考察できる。

ビッグ・ブラザー

仮面ライダーネクストカイザに変身した草加は、自分がスマートブレイン社や日本政府側の存在であることを隠さなくなり、仮面ライダーネクストファイズとワイルドキャットオルフェノクに襲いかかる。北崎のアンドロイドが変身した仮面ライダーミューズと共闘する仮面ライダーネクストカイザだったが、旧式のファイズギアで仮面ライダーファイズに変身した巧とワイルドキャットオルフェノクに変身した真理に倒される。

そして、北崎のアンドロイドという社長が倒されたことでスマートブレイン社も解体へと向かうと思われたが、もう一体の草加のアンドロイドがスマートブレイン社の新社長に就任し、スマートブレイン社は新たな段階に進んだことを匂わせて『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』は終わる。

アンドロイドの草加が真理を殴る際に躊躇いを見せたことから、前述の通りアンドロイドはモデルになった人物の生前の記憶をある程度引き継いでいることが考察できる。そうなると生き残った流星塾生の居場所や、巧と真理たちの存在がスマートブレイン社と日本政府に知られていることになる。

日本政府とスマートブレイン社によって『1984年』のようなディストピアとなった『仮面ライダー555』の世界で、草加は今後何をしていくのだろうか。『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の続編制作に期待していきたい。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』は2024年2月2日(金)より期間限定上映。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』公式サイト

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』のBlu-ray / DVDはCSMカイザフォンXXが付いてくる完全受注生産の完全版ほかが予約受付中。

『仮面ライダー555』Blu-rayボックスセットは発売中。

『小説 仮面ライダーファイズ』は講談社キャラクター文庫より発売中。

講談社
¥792 (2024/04/12 21:13:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

バンダイ(BANDAI)
¥2,145 (2024/04/12 22:10:46時点 Amazon調べ-詳細)

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』のラスト解説&考察記事はこちらから。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の続編の可能性の考察記事はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. MCU版シルバーサーファーは女性? 俳優がキャスティングされたことで様々なことが明らかに

  2. 中国漫画『尸兄/ゾンビブラザー』米中合作での実写映画化に進展

  3. ネタバレ! カメオ解説『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』に登場した意外なキャストとは

  4. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』マイケル・ジャクソン登場と「Beat It」選曲の裏側