「キャプテン・アメリカ4」は『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』の題で2024年5月3日米公開 | VG+ (バゴプラ)

「キャプテン・アメリカ4」は『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』の題で2024年5月3日米公開

© 2022 Marvel

「キャプテン・アメリカ4」タイトル決定

MCU映画「キャプテン・アメリカ」シリーズの第4弾が『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー(原題:Captain America: New World Order)』のタイトルで2024年5月3日(金) に全米公開されることが分かった。米サンディエゴで開催されているポップカルチャーの祭典コミコンで発表された。同時にこれまでのシリーズから一新されたロゴも公開されている。

「キャプテン・アメリカ4」と呼ばれてきたシリーズ最新作は、アンソニー・マッキー演じるサム・ウィルソンが新たなキャプテン・アメリカとして主人公を務める。一新された「キャプテン・アメリカ」シリーズのロゴは、これまで白を基調としてきたが、濃い青に変更されている。また、サブタイトルはサムの出身である空軍や新コスチュームでも身につけている翼の生えたロゴにデザインされている。

副題には「新世界秩序」を意味する「ニュー・ワールド・オーダー (New World Order)」が選ばれた。冷戦以降の新たな世界の体制を示す言葉だが、一方で近年は陰謀論者の間でも使用されている言葉でもある。新たなキャプテン・アメリカと共に描かれる物語に注目が集まる。

新たなキャプテン・アメリカ

MCUフェーズ4におけるドラマ第2弾としてDisney+で配信された『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』では、アメリカ黒人としてスティーヴ・ロジャースから受け取った盾との向き合い方に苦悩するサム・ウィルソンの姿が描かれた。同作では、ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズとの共闘の中で、世間が「テロリスト」と呼ぶ人々が置かれている環境にまで想いを巡らせるサムの新たな“キャプテン・アメリカ”像が形成されていった。

新たな時代のキャプテン・アメリカは、世界にどんな新秩序をもたらすのか、あるいは壊してくれるのか。バッキーの登場にも期待しつつ、日本公開を楽しみに待とう。

映画『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー(原題:Captain America: New World Order)』は2024年5月3日(金)公開予定。

『アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ』についてはこちらから。

『アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ』についてはこちらから。

MCU版『ファンタスティック・フォー』についての発表はこちらの記事で。

コミコン2022で発表されたMCUフェーズ5の全映画&ドラマはこちらにまとめている。

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』特報の解説&考察はこちらから。

 

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』で紹介された別ユニバースのファンタスティック・フォー メンバーについてはこちらの記事で。

 

ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』に込められたメッセージの解説はこちらから。

¥2,970 (2022/08/07 15:38:14時点 Amazon調べ-詳細)

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説『ブラック・ウィドウ』ポストクレジットシーンを徹底考察。最後の〇〇の意味は?

  2. 『ジュラシック・ワールド4』はある? 『新たなる支配者』後の続編についてプロデューサーが語る

  3. ネタバレ解説『エターナルズ』ポストクレジットシーンを徹底考察 エンディングの〇〇の意味は?

  4. 『メン・イン・ブラック インターナショナル』 テッサ・トンプソンが主役を演じた意味とは