『ARGYLLE/アーガイル』は続編がある? 監督が明かしたその後の展望 ネタバレ解説&考察 | VG+ (バゴプラ)

『ARGYLLE/アーガイル』は続編がある? 監督が明かしたその後の展望 ネタバレ解説&考察

(C)Universal Pictures

架空のスパイが現実に? 『ARGYLLE/アーガイル』の続編は?

「キック・アス」シリーズや「キングスマン」シリーズを手掛けたマシュー・ヴォーン監督が贈る新しいスパイ映画が、2024年3月1日(金)に公開された『ARGYLLE/アーガイル』だ。『ARGYLLE/アーガイル』はこれまでのスパイ映画の愛に溢れつつも、それらのスパイ映画をひっくり返すような展開が満載となっている。

『ARGYLLE/アーガイル』に対して観客が最初に抱く疑問は「『ARGYLLE/アーガイル』に続編はあるのか?」ということだろう。本記事では海外メディアの報道などをもとに『ARGYLLE/アーガイル』の続編について、考察と解説をしていこう。なお、本記事は『ARGYLLE/アーガイル』のネタバレを含むため、本編視聴後に読んでいただけると幸いである。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『ARGYLLE/アーガイル』の内容に関するネタバレを含みます。

監督の語る『ARGYLLE/アーガイル』の世界の広がり

「キングスマン」シリーズと同じ世界観?

まず、重要になってくるのは「『ARGYLLE/アーガイル』と『キングスマン』シリーズは同じ世界観なのか」ということである。『ARGYLLE/アーガイル』のポストクレジットではオーブリー・アーガイルがザ・キングスマンというパブに訪れ、ライムのみのコスモポリタンを注文して拳銃とサイレンサーを受け取る様子が描かれた。

マシュー・ヴォーン監督は米Colliderのインタビューで、『ARGYLLE/アーガイル』と『キングスマン』シリーズは同じ世界観であることを語っている。マシュー・ヴォーン監督は『ARGYLLE/アーガイル』と『キングスマン』シリーズをシェアードユニバースとすることで、スパイ映画の新しいユニバースを拡大させる予定だという。それに関して以下のようなことを語った。

まあ、マーブスタジオには期待していますよ。左には「キングスマン」シリーズ、右には『ARGYLLE/アーガイル』がいますし、真ん中にはまだプレーしていないスペースがあると思います。でも、どちらも中盤に入る手助けをしてくれるでしょう。

エージェント・アーガイルの前日譚

インタビューで語った通り、『ARGYLLE/アーガイル』は「キングスマン」シリーズとシェアードユニバースとなっており、マシュー・ヴォーン監督はこのスパイ映画の世界を拡大していく予定だ。その中で描かれる予定なのが、オーブリー・アーガイルの過去を語る『ARGYLLE/アーガイル』の前日譚だ。

現代のオーブリー・アーガイルと思われるスパイはヘンリー・カヴィルが演じているが、米Screen Rantの報道によると過去の若き日のオーブリー・アーガイルはルイス・パートリッジが演じることになる。2人は「エノーラ・ホームズの事件簿」シリーズで名探偵シャーロック・ホームズとテュークスベリー子爵として共演している。

オーブリー・アーガイルが凄腕スパイとなるまでを描くということ以外、『ARGYLLE/アーガイル』の前日譚の出演者もストーリーも明らかになっていない。それも踏まえると、気になってくるのがオーブリー・アーガイルは実在するのかどうかだ。

アーガイルは実在する?

『ARGYLLE/アーガイル』ではエリー・コーンウェルの書いた『アーガイル』という小説の主人公は、エリーが本当の人格であるレイチェル・カイルの記憶をもとに書いたキャラクターだとされていた。そのため、凄腕スパイのアーガイルは架空のキャラクターだと観客も含め、みんなが信じていた。

それにもかかわらず『ARGYLLE/アーガイル』のラストシーンでオーブリー・アーガイル登場したことで、エリーと一緒に観客は驚かされた。まさしく、エリーの書いた小説のキャッチコピーである「一流スパイは世界をだます」という言葉通りだ。『ARGYLLE/アーガイル』の前日譚ではオーブリー・アーガイルの存在の真偽が重要視されることになると考察できる。

今後公開される「ARGYLLE/アーガイル」と「キングスマン」ユニバース

オーブリー・アーガイルの存在の真偽も含め、今後の展開に目が離せない『ARGYLLE/アーガイル』と「キングスマン」シリーズのシェアードユニバース。『ARGYLLE/アーガイル』は米映画評論サイトRotten Tomatoesで評論家の評価が2024年3月2日時点で33%など、苦戦を強いられている。そのため、今後の展開は変更される可能性もあるが、マシュー・ヴォーン監督は『ARGYLLE/アーガイル』と「キングスマン」シリーズのシェアードユニバースを展開しようとしている。

Screen Rantがで公開された今後の『ARGYLLE/アーガイル』と「キングスマン」シリーズのシェアードユニバースで、制作が予定されている映画は以下の通りだ。

『ARGYLLE/アーガイル』の前日譚のTVドラマシリーズ
『ARGYLLE/アーガイル ブック1(原題:Argylle Book 1)』
『ARGYLLE/アーガイル3(原題:Argylle 3)』
『キングスマン:ザ・ブルー・ブラッド(原題:Kingsman : The Blue Blood)』
『ザ・キングスマン:ザ・トレイター・キング(原題:The Kingsman : The Traitor King)』
『ステーツマン(原題:Statesmen)』のリミテッドTVシリーズ

『ARGYLLE/アーガイル』での出来事が現実に?

この『ARGYLLE/アーガイル ブック1』は、『ARGYLLE/アーガイル』のラストシーンで予告されていた。そこでは『ARGYLLE/アーガイル』の世界において、エリーの書いた小説が映画化されるという告知映像だった。一種のファンサービスやメタ的演出とも取れる描写だったが、どうやらマシュー・ヴォーン監督は本気のようだ。

『キングスマン:ザ・ブルー・ブラッド』はエグジーとハリーを主人公とした『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)の続編になると考察できる。『ザ・キングスマン:ザ・トレイター・キング』は『キングスマン:ファースト・エージェント』(2021)の原題が『The King’s Man』であることから、オーランド・オックスフォード公を主人公にした作品になると考察できる。

そのため、『ARGYLLE/アーガイル』と「キングスマン」シリーズのシェアードユニバースはアーガイルを主人公にした作品、エグジーとハリーを主人公とした作品、オーランド・オックスフォード公を主人公にした作品の3つのストーリーラインを映像化していくと考察できる。時間軸がそれぞれ異なるのも特徴だ。

マシュー・ヴォーン監督はいくつユニバースを抱えている?

もう1つ重要になってくるのが、マシュー・ヴォーン監督は他にもユニバース展開の作品を抱えているということだ。マシュー・ヴォーン監督は代表作である「キック・アス」シリーズのリブートを計画している。そして、「キック・アス」シリーズのリブートは三部作になるとされ、その内の2つは同じシェアードユニバースの別作品になるとのことだ。

そのことからもわかる通り、現時点でマシュー・ヴォーン監督は『ARGYLLE/アーガイル』と「キングスマン」シリーズのシェアードユニバース以外にもシェアードユニバースを抱えている。「キック・アス」のリブートに繋がる2025年公開予定の『ザ・スタントマン(原題:The Stuntman)』はスタントマンから映画監督に転身したダミアン・ウォルターズが監督するとのことだ。

そのことから、マシュー・ヴォーン監督は製作総指揮の立場につき、『ARGYLLE/アーガイル』と「キングスマン」シリーズのシェアードユニバースの続編映画の監督は別の監督に任せるのかもしれない。そうなるとマシュー・ヴォーン監督はMCUにおけるケヴィン・ファイギのような存在になる可能性が高くなる。

『ARGYLLE/アーガイル』と「キングスマン」シリーズのシェアードユニバースの展開は今後の興行成績に大きく左右されるため、続編が頓挫する可能性もあり、油断はできない状況だ。今後の『ARGYLLE/アーガイル』と「キングスマン」シリーズのシェアードユニバースに注目していきたい。

『ARGYLLE/アーガイル』は2024年3月1日より全国劇場公開。

『ARGYLLE/アーガイル』公式サイト

Source
Collider/Screen Rant/Screen Rant/Rotten Tomatoes

映画『ARGYLLE/アーガイル』のサウンドトラックは配信中。

¥1,500 (2024/04/12 20:51:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

『ARGYLLE/アーガイル』のラストのネタバレ解説&考察はこちらから。

『ARGYLLE/アーガイル』におけるアーガイルが実在するかどうかの考察はこちらから。

『マダム・ウェブ』ラストのネタバレ解説&考察はこちらから。

『ボーはおそれている』のラストと本作のメッセージについての解説はこちらから。

実写映画『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』のラストとポストクレジットの考察と解説はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. 映画『ブルービートル』11月29日(水)デジタル先行配信

  2. 二人のウィル・スミスが視界いっぱいに飛び回る!? 『ジェミニマン』ScreenXでの公開が決定

  3. 中国で『流転の地球: 飛躍 2020特別版』が11月26日公開 11分間の新映像を追加、チケットはわずか240円

  4. サム・ウィルソンのスーツ、赤と白はどこへ?『キャプテン・アメリカ:ブレイヴ・ニュー・ワールド』