Netflixドラマ『ロシアン・ドール』シーズン2 今夏配信へ 新キャストも明らかに | VG+ (バゴプラ)

Netflixドラマ『ロシアン・ドール』シーズン2 今夏配信へ 新キャストも明らかに

Netflix

『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』シーズン2はどうなってる?

SF最高賞のヒューゴー賞とレイ・ブラッドベリ賞でダブルノミネートを果たしたドラマ『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』(2019-) は、2021年夏の配信を目指している。Deadlineが報じた。

『ロシアン・ドール』については、3月には米TVLineが正式にシーズン2の製作が始まったと報じていた。一方で3月の時点では、米Deadlineは『ロシアン・ドール』の撮影は開始しておらず、完成時期も未定、新型コロナウイルス感染症対策のために、その他のドラマと共に製作が遅れていると報じていた。ただし、脚本製作とキャスティングは継続しているとも報じられており、『ロシアン・ドール』シーズン2の新キャストも徐々に明らかになっていた。今回のDeadlineの報道でも、新たなキャストとしてエフライム・サイクスが出演すると報じられている。

『ロシアン・ドール』シーズン2キャストは?

『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』シーズン2の製作開始と共に報じられていたのは、カナダのコメディドラマ『シッツ・クリーク』でアレクシス役を演じるアニー・マーフィー。同作でエミー賞助演女優賞を受賞した実力者だ。また、Deadlineは『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(2013-2018) に出演したキャロリン・ミシェル・スミスの出演決定を報じている。

今回新たに出演が報じられたエフライム・サイクスは舞台俳優で、演劇『Ain’t too Proud』(2018) ではトニー賞助演男優賞にノミネートされている。ブロードウェイミュージカル『MJ: The Musical』ではマイケル・ジャクソンという大役を演じることになっている(同作は2020年公演予定だったが、パンデミックの影響で2021年9月に変更された)。

“タイムループもの”のニュークラシック

ドラマ『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』は2019年2月にシーズン1の配信を開始。いわゆるタイムループもので、ナターシャ・リオン演じる主人公のナディアがニューヨークでの誕生日パーティをきっかけに死と“やり直し”を繰り返す、SFでありミステリーでありコメディなドラマだ。

『ロシアン・ドール』シーズン1はプライムタイム・エミー賞で作品賞、主演女優賞をはじめとする4部門ノミネートを果たし、SF最高賞の一つであるヒューゴー賞では2020年の長編映像部門にノミネート。ネビュラ賞と共に発表されるレイ・ブラッドベリ賞でも『アベンジャーズ/エンドゲーム』『ウォッチメン』などと共にノミネートを果たした。

シーズン1の配信後の好評を受けてシーズン2の製作が決定、2020年春の撮影開始を予定していたが、パンデミックの影響からスケジュールが延期されていた。2020年10月にはナディアの母レノラを演じたクロエ・セヴィニーがシーズン2の内容に言及し、製作の可能性が残されていることが明らかになっていた。

今回、『ロシアン・ドール』シーズン2は2021年夏の配信開始を目指すと、いよいよ具体的な時期が明らかになった。タイムループもののニュークラシックの到着を、首を長くして待とう。

『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』 シーズン1はNetflixで独占配信中。

『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』(Netflix)

Source
TVLine  / Deadline 1 / Deadline 2 / Deadline3

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. アマゾンSFに注目! 『ザ・ボーイズ』『アップロード』がバーチャル開催のサンディエゴ・コミコンでパネルイベント開催へ

    2. Amazonドラマ『アップロード』キャストがエンディングについて語る。ラスト二話の内容は出演者にも伏せられていた【衝撃の最終話 アップロード ~デジタルなあの世へようこそ】

    3. ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』の魅力――“何者でもない人間”から“何者か”へ

    4. N・K・ジェミシン『第五の季節』ドラマ版のキャストはどうなる? 製作は「ゆっくり」進行か