シーズン2の可能性あり!『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』プロデューサーが認める | VG+ (バゴプラ)

シーズン2の可能性あり!『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』プロデューサーが認める

© 2021 Marvel

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』にシーズン2の可能性

Disney+のオリジナルドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は、全6話で構成される重厚なストーリーでファンを魅了している。そのプロデューサーのネイト・ムーアがシーズン2の可能性に言及。『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』シーズン2が製作される可能性があると認められる形になった。

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』のプロデューサーを務めるネイト・ムーアは、米IndieWireのインタビューでシーズン2の可能性に言及した。『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は“ドラマ・シリーズ部門”でエミー賞にエントリーすることに。同じMCUドラマでも、『ワンダヴィジョン』(2021) は一度限りの作品を対象にした“リミテッド・シリーズ部門”でエントリーされている。つまり、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は“連続ドラマ”として製作されており、続編の可能性があるということが示されたのだ。

まず、エミー賞のカテゴリーが『ワンダヴィジョン』と異なることについて、ネイト・ムーアは以下のように語っている。

(この決定は) シリーズがスタートした時に出たものですが、制作中から考えていたことでもあります。これは私たちがテレビに進出する最初の作品であり、Disney+ (配信) という形であっても、この番組が取り組もうとしていることにふさわしいと考えました。

そして、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』シーズン2の可能性については、以下のように話している。

私たちは、常にどのような方向に話を進められるか、アイデアを議論しています。同時に、このパンデミックの混乱の中でドラマを完成させつつ、タイムリーな時期に発表しようとしています。(『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』) シーズン1の最後には、次のシーズンで語られることについて、そのポテンシャルを見出してもらえればと思っています。

かなり慎重な言い回しだが、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』シーズン1の最後にはシーズン2の可能性を期待させてくれる展開が待っているようだ。ネイト・ムーアは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)、『ブラックパンサー』(2018) といった作品でも製作総指揮を務めてきた人物。『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』のストーリーが更に進んでいくことに期待しよう。

ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』はDisney+で独占配信中。

Disney+

最終話 第6話のネタバレ解説はこちらから。

ネタバレありの『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』シーズン2の徹底考察はこちらの記事で。

第1話のネタバレ解説はこちらの記事で。

Source
IndieWire

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 【独占インタビュー】『レジェンド・オブ・トゥモロー』本多猪四郎を演じた尾崎英二郎が語る撮影秘話——大役抜擢の裏側で綿密な役作り

    2. 【ネタバレ解説】『ザ・ボーイズ』シーズン2エピソード1「新たな敵」【あらすじ・音楽・ゲスト出演者】

    3. ワカンダとサムを繋ぐもの『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第5話が呼び起こした『ブラックパンサー』の記憶

    4. フェミニストで共産党員でブラックパンサー——『高い城の男』ベルのモデルになったアンジェラ・デイヴィスとは誰か【シーズン4】