『SFG Vol.05 宇宙特集』が文学フリマ東京で頒布開始! 大森望のインタビュー他 充実のラインナップ | VG+ (バゴプラ)

『SFG Vol.05 宇宙特集』が文学フリマ東京で頒布開始! 大森望のインタビュー他 充実のラインナップ

表紙イラスト ただちしゅんた

『SFG Vol.05』は宇宙特集!

若手の若手による若手のためのSF同人誌「SFG」の最新号SFG Vol.05が5月21日(日) 文学フリマ東京で頒布を開始する。

『SFG Vol.05』は、SFの王道「宇宙」特集! 宇宙SFで知られるSF作家の林譲治さんと春暮康一さんによる対談インタビューや、宇宙SF作品の紹介などが掲載されている。また、大森望さんの〈SFの流儀〉や『誰何Suika』を連載中の漫画家・つばなさんへのインタビューなど、特集以外のコンテンツも充実している。

文学フリマ東京は5月21日(日)12時から17時、東京流通センター 第一・第二展示場で開催。『SFG Vol.5』はSF文学振興会のブース【I-03,04】で頒布される。

オンラインSF誌Kaguya Planet × SFG

SFG Vol.05には、オンラインSF誌Kaguya PlanetとSFGによるコラボのコンテンツが三つ掲載される。一つは谷脇栗太さんともといもとさんによる、共通のお題をもとに執筆したSF短編小説。二つ目は大森望さんへのインタビュー。そして三つ目が林譲治さんと春暮康一さんによる対談インタビューだ。

共通のお題をもとにした小説

Kaguya PlanetとSFGで開催した小説のコラボ企画は、谷脇栗太さんもといもとさんによる「共通のお題で小説を書く」だ。「ヤギ・野営・落下するしましま」という三つのお題をもとに、二人がそれぞれSF短編小説を執筆。もといもと 「ギュゲスの翅」が『SFG vol.5』に、谷脇栗太「くちなし山の天狗様」がKaguya Planetに掲載されている。

もといもとさんはwebディレクター兼ボドゲクリエイター。「不確定要素」を追加しながら、箱の中の「ねこ」を観測しあう新感覚のカードバトル「シュレーディンガーのねこ」などを制作している。2021年、第二回かぐやSFコンテストで子供時代の思い出を描いた「黄金蝉の恐怖」が最終候補作品に選出され、その後、2021年にオンラインSF誌Kaguya Planetに「境界の街〜僕らの極秘計画〜」を寄稿。

2022年にはSF短編小説「静かな隣人」を井上彼方編『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』(Kaguya Books)に寄稿。どの作品も生物への愛に溢れており、「ギュゲスの翅」でもそれが遺憾なく発揮されている。

¥2,970 (2024/03/02 16:46:50時点 Amazon調べ-詳細)

谷脇栗太さんは、大阪にあるリトルプレス/インディーズ出版物の販売所 兼 ギャラリー〈犬と街灯〉の店主。イラストレーター、デザイナー、作家として様々な創作活動を行なっており、短編集『ペテロと犬たち』を発行している。

「SFの流儀」に大森望

これまでに柴田勝家、藤井太洋、小川一水、小川哲、宮内悠介が登場したSFGの名物企画「SFの流儀」には、書評家・SF翻訳家・SFアンソロジストの大森望さんが登場。これまで数多のSF小説を世に紹介し、翻訳を手掛け、アンソロジーを編み、SF界のスポークスパーソンとしての役割も果たしてきた大森さんがご自身のSF観を語っている

大森さんへのインタビューはKaguya PlanetとSFGが共同で実施。Kaguya Planetのパートの聞き手は井上彼方さんで、現在無料で公開している。こちらでは、近年のSF短編小説の盛り上がりや今後の課題、SFアンソロジーを作る楽しさや苦労、そして大森望ゲンロンSF創作講座の強みや今後やりたい講座のことなど、大森さんとSF短編小説にまつわる様々なことを聞いている。

対談インタビュー 林譲治 × 春暮康一

林譲治さんは1999年に「SFマガジン」に掲載された短編小説「エウロパの龍」でデビュー。《星系出雲の兵站》全9巻で第41回日本SF大賞、第52回星雲賞日本長編部門を受賞した人気SF作家で、多くのミリタリー宇宙SFを執筆してきた。春暮康一さんは第7回ハヤカワSFコンテストで優秀賞を受賞した『オーラリメイカー』で2019年にデビュー。2022年に刊行された第二作目『法治の獣』には、地球外生命を描いた傑作中編SF小説「法治の獣」が収録されており「SFが読みたい!」の国内篇ベスト1位に選ばれた。

『SFG』とKaguya Planetでは共同で、二人の対談インタビューを実施。『SFG vol.5』に掲載しているパートでは、宇宙特集の一環として、林さんの宇宙での船団運営の考え方や、春暮さんの考える宇宙人の進化過程の話などをしている。Kaguya Planetのパートでは、作家として異なるキャリアを歩んできた二人に、デビューまでの道のりや、第二作目を出すまでの経緯等について聞いている。Kaguya Planetのパートは5月20日に会員向けに先行公開を開始する。

 

5月21日(日) の文学フリマ東京36以降には、BOOTHでの通販も予定されている。SFファンはもちろん、これからSF小説を読みたいけど何を読んでいいかわからない!というにもSF作品の入門書としておすすめの『SFG vol.5』、ぜひチェックされたい。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 国内SFアンソロジー『Genesis 白昼夢通信』 現代SFを牽引する書き手が集結

  2. 京都大徳寺に「エヴァ」「王立宇宙軍」山賀博之作の襖絵が登場

  3. 第56回ネビュラ賞発表! 長編部門はマーサ・ウェルズ「マーダーボット・ダイアリー」最新作、ゲーム部門は『Hades』 (受賞リスト掲載)

  4. 『攻殻機動隊』公式グローバルサイト公開!原作者・士郎正宗のロングインタビューも掲載