N・K・ジェミシン『第五の季節』は「災禍を生き延びようとする人々の物語」【海外SF小説】 | VG+ (バゴプラ)

N・K・ジェミシン『第五の季節』は「災禍を生き延びようとする人々の物語」【海外SF小説】

(写真はイメージです)

N・K・ジェミシン『第五の季節』が6月発売

2016年、2017年、そして2018年と、SF最高賞ヒューゴー賞の長編小説部門で史上初の三連覇を達成した「The Broken Earth」トリロジー。三部作で三年連続の同賞受賞という前代未聞、前人未到の偉業を成し遂げた。筆者のN・K・ジェミシンについては、以下の記事に詳しい。

その「The Broken Earth」トリロジーの第一弾として知られているのが、2020年6月12日(金)に東京創元社から日本語訳が発売される『第五の季節』だ。

東京創元社
¥1,650 (2020/09/28 07:26:19時点 Amazon調べ-詳細)

“第五の季節”とは、数百年おきに訪れる“天変地異の季節”のことで、文明を破壊するほどの災禍が到来する。“ロガ”と呼ばれる能力者たちはこの天変地異を抑える能力を持っているが、その力ゆえに人々から恐れられ、虐げられている。小説『第五の季節』では、こうした背景のもと、新たな“第五の季節”の到来が描かれる。

N・K・ジェミシンが語る

“破滅SF”と銘打たれる『第五の季節』だが、作者のN・K・ジェミシンは、米PBSのインタビューでその内容について以下のように語っている。

人々は突然、食料が育たない場所で生き延びることを学ぶ必要に迫られます。何週間も何ヶ月も太陽を見ることはないのです。ですから、これは環境的な災禍と構造的な災禍を生き延びようとする人々の物語です。

また、『第五の季節』では“サバイバルのメカニズム”、災禍を理解し、生き延びるためのガイドとなるあるアイテムが重要な役割を果たすという。

『第五の季節』の英語版が出版されたのは2015年で、N・K・ジェミシンが上記のインタビューに答えたのは2019年9月のこと。奇しくも世界がコロナ禍に陥る中で同作の日本語版が発売されることになった。このタイミングで初めて『第五の季節』に触れられる日本語読者は、ある意味では幸運なのかもしれない。

N・K・ジェミシンの小説『第五の季節』の日本語版は東京創元社より2020年6月12日(金)に発売される。

東京創元社
¥1,650 (2020/09/28 07:26:19時点 Amazon調べ-詳細)

『第五の季節』のあらすじは以下の記事から。

Source
PBS

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. バゴプラ主催 第一回かぐやSFコンテストに360名416編の応募あつまる【応募期間終了】

  2. 劉慈欣「中国版『日本沈没』書きたかった」——『三体』への影響を語る

  3. 東京創元社がおくる日本SFアンソロジー『Genesis されど星は流れる』が8月31日発売

  4. 幻冬舎トップが津原泰水作品の販売実数を暴露、SF界も反応