橋本輝幸 編『2000年代海外SF傑作選』が11月19日発売。劉慈欣、ジェミシン、イーガン……ゼロ年代の名短篇が集結 | VG+ (バゴプラ)

橋本輝幸 編『2000年代海外SF傑作選』が11月19日発売。劉慈欣、ジェミシン、イーガン……ゼロ年代の名短篇が集結

(C) Hayakawa Publishing Corporation All rights reserved.

2000年代の海外SF傑作選が登場!

早川書房より18年ぶりの年代別海外SFアンソロジーが登場する。2020年11月19日(木)に刊行される『2000年代海外SF傑作選』は、海外SFの紹介者として知られる橋本輝幸が編者 (アンソロジスト) を務める傑作選。2000年代に発表された海外のSF短編小説の中から優れた作品を精選したアンソロジーとなっている。

早川書房
¥1,276 (2020/11/23 17:34:49時点 Amazon調べ-詳細)

注目の収録作品は全9篇。この内、エレン・クレイジャズ「ミセス・ゼノンのパラドックス」(井上知 訳)、劉慈欣「地火」(大森望・齊藤正高 訳)、アレステア・レナルズ「ジーマ・ブルー」(中原尚哉 訳) の3篇が日本初翻訳となる。更に、2020年6月に東京創元社から『第五の季節』(小野田和子 訳) が発売されたN・K・ジェミシンの「可能性はゼロじゃない」(市田泉 訳)、グレッグ・イーガンの「暗黒整数」(山岸真 訳) など、00年代のクラシックと呼べる名作も収録されている。

『2000年代海外SF傑作選』収録作品
「ミセス・ゼノンのパラドックス」エレン・クレイジャズ (アメリカ) /井上知 訳 (初訳)
「懐かしき主人の声(ヒズ・マスターズ・ボイス)」ハンヌ・ライアニエミ (フィンランド) /酒井昭伸 訳
「第二人称現在形」ダリル・グレゴリイ (アメリカ) /嶋田洋一 訳
「地火」劉慈欣 (中国) /大森望・齊藤正高 訳 (初訳)
「シスアドが世界を支配するとき」コリイ・ドクトロウ (カナダ) /矢口悟 訳
「コールダー・ウォー」チャールズ・ストロス (イギリス・スコットランド) /金子浩 訳
「可能性はゼロじゃない」N・K・ジェミシン (アメリカ) /市田泉 訳
「暗黒整数」グレッグ・イーガン (オーストラリア) /山岸真 訳
「ジーマ・ブルー」アレステア・レナルズ (イギリス) /中原尚哉 訳 (初訳)

『2000年代海外SF傑作選』は、1992年に刊行された『80年代SF傑作選〈上・下〉』 (小川隆・山岸真 編)、2002年に刊行された『90年代SF傑作選〈上・下〉』(山岸真 編) に続く年代別の海外SFアンソロジーで、18年ぶりに刊行される海外SF傑作選になる。同シリーズでは、『80年代SF傑作選』のオクティヴィア・バトラー「血をわけた子供」をはじめ、重要な海外作品を紹介してきた。12月には同じく橋本輝幸編の『2010年代海外SF傑作選』も刊行される予定だ。

日本と世界をつなぐ

『2000年代海外SF傑作選』で編者を務めた橋本輝幸は、これまで様々な活動を通して、国内SFを海外に、海外SFを国内に紹介してきた。2020年も、世界SF大会 CoNZealandをはじめ国内外のSFイベントに登壇。バゴプラが夏に主催した第一回かぐやSFコンテストでは審査員長を務めた。同コンテストは、大賞と審査員長賞に選ばれたSFショートショートを英語と中国語に翻訳するという副賞を用意し、日本のSFを海外に発信していくというコンセプトの下で実施された。同コンテストをきっかけに、複数の作品が外国語翻訳のチャンスを手にしている。

そして、今回の『2000年代海外SF傑作選』『2010年代海外SF傑作選』では、優れた海外SFを日本の読者に紹介してくれる。

編者・橋本輝幸より特別メッセージが

バゴプラでは、『2000年代海外SF傑作選』の刊行に合わせて、橋本輝幸より読者の皆さんへの特別メッセージを頂戴した。ぜひチェックしていただきたい。

橋本輝幸より、バゴプラ読者への特別メッセージ

バゴプラ読者の皆さま

こんにちは、今回『2000年代海外SF傑作選』のアンソロジスト(編者)を務めた橋本輝幸です。

アンソロジーは音楽で言えばコンピレーション・アルバムにあたり、既存の作品が編んだ人の意図で並べられた本です。順番どおりに読むのがお勧めですが、タイトルやイントロでピンと来たものからバラバラに読んでももちろんOKです。ここから収録作家や解説で言及された作家の小説に手を伸ばしていただければ、編者冥利につきます。

SF映画ニュース情報に強いバゴプラ常連読者の方には、最後の一篇アレステア・レナルズ「ジーマ・ブルー」をNetflixオリジナル『ラブ、デス&ロボット』のアニメ版と合わせて読んでみることをおすすめします。もちろん、それ以外の方にも。

12月に『2010年代海外SF傑作選』も刊行されますので、併せてよろしくお願いいたします。

なお、Hayakawa Books & Magazines (β) では、橋本輝幸による収録作品9篇の見どころガイドを掲載している。こちらも要チェックだ。

「2000年代海外SF傑作選』編集にあたって」

橋本輝幸 編『2000年代海外SF傑作選』は、早川書房より2020年11月19日(木) 発売。

早川書房
¥1,276 (2020/11/23 17:34:49時点 Amazon調べ-詳細)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 柞刈湯葉 初の短編集『人間たちの話』はディストピアあり、宇宙ラーメンありのSFテーマパーク

  2. 斉藤直子「ゴルコンダ」英訳がSci-Fi Lampoon誌に掲載。Toshiya Kameiによる翻訳

  3. Netflixなどがスティーヴン・キングの中編集『If It Bleeds』の収録作を映像化へ

  4. 第一回かぐやSFコンテスト最終候補作品の筆者公開 あの作品を書いたのは……