注目の記事 PICK UP!

オバマも絶賛! リュウ・ジキンの登場がSFを変える

中国SFとリュウ・ジキンの登場

注目され始めた中国のSF市場

皆さんは、「中国とSF」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。近年では、上海を舞台にした映画『パシフィック・リム』(2013)が人気を博し、中国資本がその制作会社のレジェンダリー・ピクチャーを買収するなど、中国にとっては明るい話題も多い。Netflixで公開された『クローバーフィールド パラドックス』(2018)では、物語の舞台となる宇宙ステーションの共通語として、英語と共に中国語が使用されていたことも記憶に新しい。中国を、市場における主要なターゲットとして捉えた動きが活発になってきたとも言える。

アジア人初のヒューゴー賞受賞者

こうしてハリウッドに目線を合わせると、中国の消費者としての面ばかりが目立ちがちだが、中国には世界的なSF作家がいることをご存知だろうか。リュウ・ジキン(劉慈欣)は、2015年に小説『三体(英題:The Three-Body Problem)』で、SF界で最も名誉ある賞の一つとされるヒューゴー賞の長編小説部門を受賞した。Facebook共同創業者のマーク・ザッカーバーグや当時の米国大統領バラク・オバマが愛読していることを明かすなど、一躍スポットライトを浴びた。

My next book for A Year of Books is The Three-Body Problem by Liu Cixin.

It’s a Chinese science fiction book that has…

Mark Zuckerbergさんの投稿 2015年10月21日(水)

『三体』の凄さ

まるで“魔法の書”!破竹の勢いを見せる『三体』

『三体』のオリジナルは2006年に中国のSFマガジン「科幻世界(英題:Science Fiction World)」に掲載されたもの。同年に中国のSF最高賞と称される銀河賞(Galaxy Award)を受賞すると、2008年に書籍として発売されるやいなや中国国内で大ヒット。2014年には中国系アメリカ人作家のケン・リュウによる英語翻訳版が発表され、翌年、前述のヒューゴー賞長編小説部門を受賞した。

このリュウ・ジキンの受賞までにアジア人SF作家が獲得した海外賞は、伊藤計劃が『ハーモニー』で2010年に、円城塔が『Self-Reference ENGINE』で2013年にそれぞれ受賞した、フィリップ・K・ディック賞特別賞が最高賞であった。この記録を大幅に塗り替えたことも快挙だが、『三体』が特異な点は、発表・書籍化・翻訳が行われる度に、即座に結果に結びついているところだ。読む者を虜にする“魔法の書”といったところだろうか。

オバマ前大統領も絶賛

大統領としての任期を終え民間人に戻ったオバマ氏は、2017年12月に北京で開催された国際教育サミットでリュウ・ジキンとの面会を果たした。オバマは、この年の1月にニューヨークタイムズのインタビューで、『三体』を絶賛していた。今回、オバマはジキンの次回作について質問し、ジキンは自身の作品の映画化についてオバマへ話をしたという。前アメリカ合衆国大統領と、中国最高のSF作家がSF談義に花を咲かせたのだ。世界が少しだけ、平和になった気がしないだろうか。

中国SFと日本SFの明日

バスケのように現れた「市場」と「プレイヤー」

巨大マーケットとしての存在価値にばかりを目を向けられてきた中国。
バスケットボールに目を向けてみると、中国国内のNBAファンの人口は、米国の総人口に匹敵するとも言われている。更にNBAでヤオ・ミンをはじめとする中国人選手が活躍を見せたことは、アジア人がフィールド上でプレイヤーとして闘えるということを証明して見せた。
そしてSF小説の世界でもまた、巨大な市場だけでなく“プレイヤー”として世界中の人々を魅了する存在が中国から現れたのだ。

SFが創造する世界

熱心なSFファンとしても知られるバラク・オバマに、「とてつもない独創性、とにかく面白い」と言わしめた『三体』は、ハリウッド映画化の話も進められる中、日本語訳は未発売。バスケットボール同様、SFまで米中の置いてけぼりにならないことを願うばかりだ。

(2018年10月19日追記: 早川書房より2019年に日本語訳が発売されることが発表された)

一方で、2012年に『紙の動物園』で、ヒューゴー賞とネビュラ賞の短編部門を同時受賞し、「ダブルクラウン」を達成したケン・リュウは、日本の作品に強い影響を受けている。韓国系アメリカ人SF作家のピーター・トライアスも同様で、ケン・リュウと同じく日本人を主人公にした作品を出版している。
そう、日本では海外の若者に影響を与えるような、独創的なコンテンツが宝の山のように積み上げられきたのだ。これからの時代の物語は、アジア系アメリカ人の彼らが日本人を描いたように、中国を舞台にして日本型のロボットが活躍した『パシフィック・リム』のように、多様なプレイヤーが、多様なツールを、多様な舞台で描いていくようになるのではないだろうか。SFが多様性という名の絵の具で、現実とその“if”の世界の両方を、存分に彩ってくれるだろう。

– Thumbnail –
via: © Future Affairs Administration by Weibo
– Source –
© 2018 The New York Times Company
© 2018 Macmillan
© 2017 PT. Niskala Media Tenggara

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 「世界の中心で愛を叫んだけもの」のハーラン・エリスンが逝去。マーベル、DCも哀悼

  2. 今最も注目のSF作家、ケン・リュウの映像化作品は? 実は実写化されていたアノ作品

  3. 仮想通貨を扱った小説『アンダーグラウンド・マーケット』で描かれた、移民都市で生きる個性豊かな登場人物…

  4. 2018年度 星雲賞発表! 長編部門大賞は『あとは野となれ大和撫子』、メディア部門に『けものフレンズ…

  5. 中国SFの最高傑作『三体』の日本語訳が2019年に刊行へ オバマやザッカーバーグも愛読

  6. 仮想通貨を扱った小説『アンダーグラウンド・マーケット』が描いた2018年の東京。若者と移民が問う「正…

  7. 固定価格制に国策仮想通貨? 近未来SFは仮想通貨をどう描いたか―2018年を舞台にした小説『アンダー…

  8. 史上初のヒューゴー賞長編小説部門3連覇! 黒人女性SF作家 N・K・ジェミシンとは誰か

  9. 藤井太洋の新作中短編「おうむの夢と操り人形」がKindle Singleで配信開始 2023年を舞台…

人気記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP