ケン・リュウ編訳の最新中国SFアンソロジー『Broken Stars』が米で2月発売 14作家16作品収録

via: Tor.com

ケン・リュウ編の最新中国SFアンソロジーが登場

アメリカで2月発売

『紙の動物園』(2015)で知られるSF作家・翻訳家のケン・リュウによる最新中国SFアンソロジーが、アメリカで2月に発売される。タイトルは『Broken Stars (原題)』となっており、表紙には中国語表記で「碎星星」の文字が確認できる。『三体』シリーズのリュウ・ジキン (劉慈欣) の作品を含む中国SF16作品を収録、Tor Booksから2019年2月19日に発売される。

via: Tor.com

『折りたたみ北京』に続く現代中国アンソロジー

ケン・リュウは、2016年にも現代中国SFアンソロジー『Invisible Planets: Contemporary Chinese Science Fiction in Translation』を発表。2018年には中原尚哉、古沢嘉通、大谷真弓、鳴庭真人による日本語翻訳版『折りたたみ北京 現代中国アンソロジー』が発売されている。

同作では若手作家を中心とした7名の中国SF作家の作品が収録されたが、『Broken Stars』ではその二倍となる14名の作家が作品を提供している。収録される16作品の内7作品は中国でも出版されていない作品で、前作に登場した7名全員が再び参加しているというのも嬉しいポイントだ。「折りたたみ北京」でヒューゴー賞中編小説部門および星雲賞海外短編部門を受賞した郝景芳の最新作「The New Year Train」も収録される。

収録された作品の特徴は…

ケン・リュウはTor.comで、前作の『Invisible Planets』(=『折りたたみ北京』) 同様、『Broken Stars』は中国SFを“代表”するものでも、“ベスト”を集めたものでもなく、ケン・リュウ自身がストーリーを楽しみ、記憶に残った作品を収録していると説明する。画一的な“中国SF”の形は存在せず、多様で複雑な中国の環境/状況が反映されているというのが、ケン・リュウの兼ねてからの主張なのだ。
新たに多様な作家陣が加わった『Broken Stars』に収録される作品は、以下の通り (太字は今回初収録の作家)。

「Goodnight, Melancholy」 by Xia Jia (夏笳)
「The Snow of Jinyang」 by Zhang Ran
「Broken Stars」 by Tang Fei (糖匪)
「Submarines」 by Han Song
「Salinger and the Koreans」 by Han Song
「Under a Dangling Sky」 by Cheng Jingbo (程婧波)
「What Has Passed Shall in Kinder Light Appear」 by Baoshu
「The New Year Train」 by Hao Jingfang (郝景芳)
「The Robot Who Liked to Tell Tall Tales」 by Fei Dao
「Moonlight」 by Liu Cixin (劉慈欣)
「The Restaurant at the End of the Universe: Laba Porridge」 by Anna Wu
「The First Emperor’s Games」 by Ma Boyong (馬伯庸)
「Reflection」 by Gu Shi
「The Brain Box」 by Regina Kanyu Wang
「Coming of the Light」 by Chen Qiufan (陳楸帆)
「A History of Future Illnesses」 by Chen Qiufan

SF界に欠かせない存在に

ケン・リュウは、「紙の動物園」「もののあはれ」でヒューゴー賞短編小説部門を二年連続で受賞、12月には英語版WIREDで新作短編を公開している。

日本では、新☆ハヤカワ・SF・シリーズより、短編作品20篇が収録された『生まれ変わり』が2019年2月20日(水)に発売される。

一方で、ケン・リュウは2015年に翻訳したリュウ・ジキンの『三体』でも、翻訳者としてヒューゴー賞長編小説部門を受賞している。SF作家としてはもちろん、中国SFの翻訳家としても、今のSF界には欠かせない存在だ。そんなケン・リュウの記憶に残った作品を集めたという『Broken Stars』、日本でも翻訳版が出版される日を楽しみに待とう。

Source
Tor.com

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. オバマが「最良のSF作品集」と称賛 テッド・チャン『息吹』が12月4日(水)発売 

  2. 劉慈欣『三体』「小島秀夫が推薦」と中国で話題に

  3. SF小説『三体』の映像化は? 映画・ドラマ・アニメ情報まとめ

  4. 米Vergeが短編SF小説 & アニメシリーズ公開へ 流行の“ダークさ”を排し「明るい未…

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP