『Kaguya Planet 0号』刊行! | VG+ (バゴプラ)

『Kaguya Planet 0号』刊行!

Kaguya Planetはマガジンを創刊します!

オンラインSF誌Kaguya Planetは、2024年に紙と電子のSFマガジン《Kaguya Planet》を創刊します。《Kaguya Planet》は、三ヶ月に一回の季刊誌として刊行し、ウェブのKaguya Planetで配信しているSF短編小説を掲載します。

そして《Kaguya Planet》の準備号として『Kaguya Planet 0号』を刊行しました。0号のテーマは「月」です。これまでにKaguya Planetに掲載した月に関連する短編小説を収録し、堀川夢さんによるブックレビュー、鯨ヶ岬勇士さん、齋藤隼飛さんによるコラム、そして池澤春菜さんへのインタビューを掲載しています。無料で読むことができますので、ぜひお読みください。

Kaguya Planetでは毎月、SF短編小説を配信中!各作品は約一ヶ月の先行公開期間を経て、無料で一般公開されます。月額500円の会員になると先行公開期間の作品を読むことができます。掲載作品一覧はこちら。

Kaguya Planetについて詳しく知る

Kaguya Planetのリニューアル

Kaguya Planetは2020年12月に活動を開始して今月で三周年になりました。三周年を機に、リニューアルを行います。一つは上記のマガジンの創刊です。マガジンの刊行に合わせてこれまでよりも頻繁に特集を組みます。また、2024年3月末にはKaguya Planetの新しいサイトをオープンします。

そしてマガジンの創刊に伴って、会員のプランの変更を行います。これまでは、月額500円と年間5000円の二つのプランがございましたが、新しいサイトのオープンととも、年間のプランがベーシックとプレミアムの二つに分かれます。ベーシックのプランの会員の方には《Kaguya Planet》が電子書籍で届きます。プレミアムの会員の方には、《Kaguya Planet》が電子書籍と紙の書籍で届く他、Kaguya主催の読書会に無料で参加することができます。詳しくは、新サイトオープンが近づいてからお知らせいたします。

『Kaguya Planet 0号』

Kaguya Planet 0号では月をテーマに、これまでKaguya Planetに掲載してきた月に関連する4編の小説、大木芙沙子「二十七番目の月」、赤坂パトリシア「Linguicide,[n.]言語消滅」、佐伯真洋「月へ帰るまでは」、高山羽根子「種の船は遅れてたどり着く」を収録しています。

また、堀川夢さんによる、月明かりの描写が印象的なフィリパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』(高杉一郎訳)のブックレビュー、鯨ヶ岬勇士さんと齋藤隼飛さんによる月と関連したコラムも掲載。レビューやコラムとともに「月」が持つ意味について考えながら収録作品を読むと、また違った読み味が楽しめるかもしれません。

そして、池澤春菜さんに日本SF作家クラブの会長時代についてお聞きしたインタビューを掲載しています。「私、何かあったらクラブを潰そうと思ってました」、「SFだからこそ、社会の動きに敏感でなければいけない」など数々の名言が飛び出したロングインタビュー、ぜひお読みください。

『Kaguya Planet 0号』目次
大木芙沙子「二十七番目の月」
赤坂パトリシア「Linguicide,[n.]言語消滅」
佐伯真洋「月へ帰るまでは」
高山羽根子「種の船は遅れてたどり着く」
ブックレビュー 堀川夢 フィリパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』(高杉一郎訳)
バゴプラライターズルーム 鯨ヶ岬勇士/齋藤隼飛
インタビュー 池澤春菜

『Kaguya Planet 0号』

池澤春菜さんインタビュー先行公開中

オンラインSF誌Kaguya Planetでは、創作者としての池澤春菜さんに執筆にまつわるお話をお聞きしたインタビューを先行公開中。声優、書評家、脚本家など、幅広いジャンルで活躍している池澤さんですが、近年は、SF短編小説を精力的に執筆・発表し、『NOVA 2021年夏号』、『NOVA 2023年夏号』(河出書房新社)、『2084年のSF』(早川書房)、『WIRED』などに作品を寄稿しています。

Kaguya Planetではそんな池澤春菜さんに創作についてのインタビューを実施。幼少時からずっと本を読み続けてきた池澤さんが作家としてどんなテーマを持ち、どんなふうに物語を執筆しているのかお聞きしました。

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、オンラインSF誌です。2020年12月から活動を開始し、毎月珠玉のSF短編小説を配信してきました。より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

掲載している作品一覧

そして、Kaguya Planetは2023年12月には大幅なリニューアルを行い、今後は季刊のSFマガジン《Kaguya Planet》を刊行します。また、①社会の声に耳を傾ける、②経済と向き合う、③世界に開かれたSFレーベルへという三つの理念を掲げ、魅力的な特集を企画したり、読書会を開催したりしていきます。

これらの活動を盛り上げていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方は、毎月、約一ヶ月の先行公開中のコンテンツをお楽しみいただけます。

登録する

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の4社となっています。
    Visa
    Mastercard
    American Express
    JCB

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. Kaguya Planet 12月ジェンダーSF特集、高山羽根子さん&正井さんの書き下ろしSF短編小説、近藤銀河さんの論考、先行公開開始!

  2. 揚羽はな、藤井太洋、正井、蜂本みさ のSF小説4編を先行公開! オンラインで読むSF短編小説プロジェクト・Kaguya Planet始まる

  3. Kaguya Planet7月先行公開、アヴラ・マルガリティ「ミツバチたちの死」(翻訳:日本橋和徳) ジョイス・チング「まめやかな娘」(翻訳・解説:紅坂紫) 配信開始

  4. 『SF作家はこう考える 創作世界の最前線をたずねて』大澤博隆さんによるあとがき公開!