Kaguya Planet、二月の執筆者発表! 「気候危機」特集第二弾! | VG+ (バゴプラ)

Kaguya Planet、二月の執筆者発表! 「気候危機」特集第二弾!

Kaguya Planet、2月の執筆者を発表!

SF企業VGプラスの運営するオンラインSF誌Kaguya Planetより2月の執筆者を発表します。2月のKaguya Planetでは、「気候危機」特集の第二弾として化野夕陽さんのSF短編小説を先行公開します。

Kaguya Planetでは毎月、SF短編小説を配信中!各作品は会員向けの先行公開期間を経て、無料で一般公開されます。月額500円の会員になると先行公開期間の作品&会員限定のコンテンツを読むことができます。掲載作品一覧はこちら。

Kaguya Planetについて詳しく知る

2月のKaguya Planetは化野夕陽さん!

化野夕陽さんは、舞台芸術を愛する物書き。阿瀬みちさんによる人魚アンソロジー『海界(うなさか)十二の海域とそのあわいにたゆたう』や、谷脇栗太さん企画編集のノンヒューマン歌唱アンソロジー『クジラ、コオロギ、人間以外』、井上彼方編『生物SFアンソロジー なまものの方舟』など、多数の同人誌に短編小説を寄稿しています。近作は新潟にまつわるSF短編・掌編を集めた新潟SFアンソロジー『the power of N』。

今回Kaguya Planetに寄稿するのは、気候変動に伴う漁獲量の変化と、漁師たちの街に暮らす高校生を描いた作品。静かなタッチで描かれるそれぞれの思いをお楽しみください。

Kaguya Planetにてエラ・メンズィーズ「雨から離れて」先行公開中!

Kaguya Planetでは現在、第一弾のエラ・メンズィーズ「雨から離れて」(訳:川崎遥佳)を先行公開中。こちらは環境問題が「解決」して8年後のルワンダが舞台の作品。少女ケーザは、強酸性の雨が降り注いだ時代のトラウマから自然の水を極端に恐れるママと一緒に、窓を閉め切った家で暮らしている……。地球規模の問題を解決するために捨象されてしまう文化や言葉に丁寧に目を向けた、希望の物語です。

Kaguya Planetにログイン  Kaguya Planetに登録

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が運営するオンラインSF誌です。2020年12月から活動を開始し、毎月珠玉のSF短編小説を配信してきました。より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

掲載している作品一覧

そして、Kaguya Planetは2023年12月には大幅なリニューアルを行い、今後は季刊のSFマガジン《Kaguya Planet》を創刊します。また、①社会の声に耳を傾ける②経済と向き合う③世界に開かれたSFレーベルへという三つの理念を掲げ、魅力的な特集を企画したり、読書会を開催したりしていきます。

これらの活動を盛り上げていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方は、毎月、約一ヶ月の先行公開中のコンテンツをお楽しみいただけます。

登録する

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

    • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
    • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の4社となっています。
      Visa
      Mastercard
      American Express
      JCB

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 【Kaguya Planet】一階堂洋「あどけない過去の領土」一般公開開始!

  2. Kaguya Planetにて、蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮)』連載中!

  3. 同人作品のプラットフォームにSF最高賞——ヒューゴー賞を受賞した AO3 が築いたものとは

  4. N・K・ジェミシン 新三部作は「反人種主義のX-MEN」——米で3月刊行の『The City We Became』