糸川乃衣『我らは群れ』、本日発売開始! | VG+ (バゴプラ)

糸川乃衣『我らは群れ』、本日発売開始!

糸川乃衣『我らは群れ』、本日発売開始!

2023年に開催された第三回かぐやSFコンテストにて、「叫び」で審査員特別賞を受賞した糸川乃衣さんの初の短編集『我らは群れ』が本日3月16日に刊行されました。

第三回かぐやSFコンテストは「未来のスポーツ」をテーマに最大4,000字の短編小説を募集したコンテスト。297編の応募があり、審査員の磯上竜也さん、井上彼方さん、岸谷薄荷さん、佐伯真洋さんが筆者名を伏せた匿名の状態で選考を行いました。「叫び」は力強い詩情をもった語りや、テーマを拡張していく手腕、問題意識の掘り下げ方などを評価され、審査員特別賞を受賞しました。作品はこちらから、各審査員による選評はこちらから読むことができます。

『我らは群れ』は、「叫び」を含む三作品を収録した短編集。審査員特別賞の副賞として、Kaguya Booksから電子書籍で刊行されました。

糸川乃衣『我らは群れ』

馬たちの叫び声がこだまする「叫び」(第三回かぐやSFコンテスト審査員特別賞)
蚕の魅惑的な姿を描いた話「飼育」
ミクロとマクロが交差するモズのはやにえ小説「定点観測」
人間を中心とした世界を別の仕方で語り直し、
生物をできるだけそのあり方に近い形で記述することを試みた三編をお楽しみください。
巻末には、井上彼方さんと堀川夢さんによる解説付き。

糸川乃衣
長編小説を中心に読み書きしていた中で、蜂本みさ「冬眠世代」(Kaguya Planet/伴名練編『新しい世界を生きるための14のSF』ハヤカワ文庫JA)を読み、わずか7,363字で豊かな世界を描けることに衝撃を受け、自らも短編小説を執筆するようになる。第1回星々短編小説コンテスト正賞受賞、以降、雑誌『星々』各号に作品を寄稿。2023年に第三回かぐやSFコンテスト審査員特別賞受賞。モズがミミズをはやにえにする瞬間を目撃したことがある。

装画・装幀:浅野春美
発行:Kaguya Books
定価:300円(税込330円)

『我らは群れ』は、toi booksのオンラインショップ、犬と街灯のオンラインショップ、Kindleで発売しています。
※電子書籍でのみの販売となります。書店のオンラインショップではePub形式でご購入いただけます。

¥330 (2024/04/12 22:29:31時点 Amazon調べ-詳細)

読者賞、牧野大寧さん監修のマイクロノベルバトル!

第三回かぐやSFコンテストにて「城南小学校運動会午後の部『マルチバース借り物競走』」で読者賞を受賞した牧野大寧さんには、副賞としてオンラインSF誌Kaguya PlanetとSF同人誌『SFG』のコラボ企画・マイクロノベルバトル〈カレーVSラーメン〉を監修していただいております。

マイクロノベルバトル〈カレーVSラーメン〉は、カレーかラーメンをお題にマイクロノベルを募集し、応募数で勝敗をつけるマイクロノベルの企画です。現在募集期間は終了し、応募してくださった作品をもとに、牧野さんが作品を執筆されています。牧野さんの作品はKaguya Planetに掲載します。どうぞお楽しみに!また応募作のうち、優れた作品10作品ずつ(計20作品)を2024年5月に刊行する『SFG』の最新号に掲載します。こちらもどうぞお楽しみに。

Kaguya Planetとは、バゴプラの主催するオンラインSF誌です。第一回かぐやSFコンテストから派生して始まったプロジェクトで、月500円で登録していただくと、毎月公開されるSF短編小説を先行公開期間に読むことができます。

現在は特集「気候危機」と開催中! 気候危機をテーマにした翻訳作品と日本語作品を1編ずつ先行公開しています。

Kaguya Planetについて詳しく知る

 登録する

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 1月のKaguya Planet、溝渕久美子「ほぐさんとわたし」先行公開開始

  2. 小松左京『日本沈没』新装版がハルキ文庫に登場 解説は上田早夕里

  3. 第二回かぐやSFコンテスト、大賞作品の翻訳者発表・審査員特別賞の賞品発表

  4. Kaguya Planet5月先行公開、ユキミ・オガワ「町の果て」(訳・解説 大滝瓶太) 配信開始