西崎憲「スターマン」髙井ホアン「眼鏡のない国から」Toshiya Kameiによる英語訳が朗読で公開 Tall Tale TVで | VG+ (バゴプラ)

西崎憲「スターマン」髙井ホアン「眼鏡のない国から」Toshiya Kameiによる英語訳が朗読で公開 Tall Tale TVで

Tall Tale TVに日本から二作品

Chris Herronが主宰するSFファンタジーのオーディオブックメディア「Tall Tale TV」で、西崎憲「スターマン」髙井ホアン「眼鏡のない国から」英語訳の朗読が公開された。今回は日本から二作品が朗読作品に選ばれることになったが、両作品ともにToshiya Kameiが英訳した作品だ。「スターマン」は2020年8月14日に、「眼鏡のない国から」は9月4日に公開されている。

Tall Tale TVのYouTubeチャンネルでは、Chris HerronがSFファンタジーの短編作品を朗読する動画を毎週月曜日と金曜日 (を目処) に公開している。作品の朗読後には、著者の紹介と、Chris Herron自身による作品のレビューも聞くことができる。英語圏ではオーディオブックがメディアの一つとして浸透しており、朗読されることでより広い層のオーディエンスに作品を届けることができる。

Ken Nishizaki / Starman (西崎憲「スターマン」)

西崎憲の「スターマン」は、2017年に発表された作品で、2020年3月に発売された『未知の鳥類がやってくるまで』にも収録されている。英語訳は同年5月にHawaii Pacific Reviewで公開されていた。

筑摩書房
¥1,870 (2021/10/25 15:34:06時点 Amazon調べ-詳細)

A Country With No Glasses / Juan Takai (高井ホアン「眼鏡のない国から」)

破滅派などで作品を公開してきた高井ホアンの「眼鏡のない国から」は、これまでにToshiya Kameiによる英訳がAcross The Margin誌に、スペイン語訳がNagari誌に掲載されている。また、9月24日(木)に発売されるアンソロジー『Southeast Asian Fantasy Drabbles』には、高井ホアンの二作品がToshiya Kameiによる英訳で収録される。

SFファンタジー短編の朗読を楽しめるYouTubeチャンネル「Tall Tale TV」の登録はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『文藝』2020年春号は「中国・SF・革命」 ケン・リュウの初邦訳掲載、藤井太洋、立原透耶らも参加

    2. 坂崎かおる「パラミツ戦記」公開 “アジア”をテーマにしたSF短編小説【SFG×VG+】

    3. 2018年度 星雲賞発表! 長編部門大賞は『あとは野となれ大和撫子』、メディア部門に『けものフレンズ』—日本SF大会

    4. 目指すは劉慈欣×ケン・リュウ? 岡本俊弥×Toshiya Kamei「時の養成所」英訳が豪「Lockdown Sci-Fi」誌に掲載