牧野楠葉「彼女は二度」の英訳がThe Shanghai Literary Review誌に掲載へ Toshiya Kameiによる翻訳 | VG+ (バゴプラ)

牧野楠葉「彼女は二度」の英訳がThe Shanghai Literary Review誌に掲載へ Toshiya Kameiによる翻訳

牧野楠葉「彼女は二度」英訳で海外誌に掲載

ゲンロンSF創作講座5期生で、破滅派などで小説を発表している牧野楠葉の短編小説「彼女は二度」がThe Shanghai Literary Review誌に掲載される。「彼女は二度」は、孤高の凡人編のZINE『週刊現在』(2019)に収録された作品だ。英訳を手掛けたのはToshiya Kameiで、英題は「Her Again」

作品情報
作 品:彼女は二度
作 者:牧野楠葉
初 出:週刊現在
英 題:Her Again
翻訳者:Toshiya Kamei
掲載先:The Shanghai Literary Review
公開日:2020年夏

「彼女は二度」の英訳が掲載されるThe Shanghai Literary Review誌は、年2回発行される英語誌で、アジアを中心に世界の小説を英語で紹介している。スタイリッシュなカバーデザインが特徴的だ。紙媒体とデジタルの両方で発行されており、デジタル版はウェブサイトからダウンロードで購入できる (紙媒体は、パンデミックの影響から中国国外への発送をストップしている)。

The Shanghai Literary Review

牧野楠葉は、オンライン文芸誌の破滅派などに作品を寄稿する傍ら、これまでにも海外誌で英訳作品を発表してきた。2019年には米Ragazine誌に「あの娘」の英訳が掲載、2020年2月には『Eckleburg No.21』に高橋文樹の「教会にて」の英訳と共に「くらくらと美味しそうな黄色いイチョウ」の英訳が掲載された (いずれもToshiya Kameiによる翻訳)。

Doctor T. J. Eckleburg Review
¥2,561 (2021/01/22 23:21:09時点 Amazon調べ-詳細)

なお、ゲンロンSF創作講座出身の作家では、麦原遼の「GかBか (ガール・オア・ボーイ)」の英訳がスコットランドのSF誌 Shoreline of Infinity に掲載される。

活躍の場を英語圏に広げていくSF作家達の動きに注目しよう。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『空のあらゆる鳥を』チャーリー・ジェーン・アンダーズ、最新作がドラマ化へ ソニーが『The City In The Middle Of The Night』のドラマ化権を獲得

  2. 『三体2 黒暗森林』は2020年6月18日発売 「人類文明最後の希望」は“面壁者”

  3. 藤井太洋の新作中短編「おうむの夢と操り人形」がKindle Singleで配信開始 2023年を舞台に人工知能を描く

  4. 劉慈欣の児童書シリーズは売上80万部超 第二弾には『流転の地球』原作を収録