#BFC3 左沢森が優勝、坂崎かおるは準優勝 第3回ブンゲイファイトクラブ | VG+ (バゴプラ)

#BFC3 左沢森が優勝、坂崎かおるは準優勝 第3回ブンゲイファイトクラブ

左沢森がBFC王者に

28日午前11時、第3回ブンゲイファイトクラブ (BFC3) 決勝の結果が発表され、第3回笹井宏之賞にて最終選考候補となった左沢森が、短歌連作「気持ちじゃなくて」で優勝を果たした。

第1回かぐやSFコンテスト審査員特別賞受賞者で、“さなコン”日本SF作家クラブ賞受賞者の坂崎かおるは「泥棒コロッケ」で決勝にのぞみ、準優勝。決勝のジャッジを務めたのは『異常論文』(樋口恭介編/ハヤカワ文庫) にて「オルガンのこと」を執筆した青山新。

両名の作品と、青山新による決勝ジャッジは、以下のリンク先で読むことができる。

BFC3 メインページ

ブンゲイファイトクラブは文芸による名誉をかけた戦いで、賞金なし参加資格とジャンルの制限なしジャッジ自身もジャッジされるという前代未聞のルールを掲げた文芸イベントだ。各試合の勝者はジャッジの判定によって決定されるが、ジャッジもまた出場ファイターからのジャッジを受け、高い評価を得たジャッジが生き残っていく。主宰は西崎憲が運営する「惑星と口笛」

過去二回のBFCからは、Toshiya Kameiの翻訳によって海外の媒体に掲載される作品・作者も登場しており、広く世界に開かれた文芸イベントだ。

今年も盛況だったBFC

BFC3では、2021年10月31日(日)に本戦出場を果たした24作品を公開。11月9日(火)、12名のジャッジによって選ばれた準決勝進出のファイター4名が発表された。翌週の14日(日)には準決勝の4作品と勝ち進んだジャッジ4名が発表された。準決勝のファイターは伊島糸雨、左沢森、坂崎かおる、宮月中。ジャッジは青山新、冬木草華、由々平秕、鯨井久志の4名。18日(木)に坂崎かおると左沢森の決勝進出が発表され、11月21日(日)に両名による決勝2作品が公開。同時に青山新が決勝ジャッジに選出されたことが発表された。そして本日11月28日(日)、左沢森が見事栄冠を手にした。

BFC3では、BFC2に引き続き「オープンマイク」を開催。今年は各人が自由に画像を応募できるようになっており、文芸、イラスト、漫画など、昨年と合わせて193作品が集まっている。また、昨年に引き続き、スピンオフイベント「イグBFC2」「BFC3落選展」も開催されるなど、コミュニティ主導の盛り上がりを見せていた。また、ジャッジとファイターを兼任して出場する人が現れるなど、新しい展開も見せた。

第3回ブンゲイファイトクラブを戦い抜いたファイターとジャッジに拍手を送りつつ、それぞれの今後の活躍にも注目しよう。

これまでのBFC

2019年に開催された第1回ブンゲイファイトクラブでは、決勝ジャッジを『構造素子』の樋口恭介が務め、『100文字SF』などで知られる北野勇作が初代王者の座に輝いた。第2回ブンゲイファイトクラブでは、決勝ジャッジを竹中朖が務め、蜂本みさが栄冠を手にした。

BFC3で準優勝の坂崎かおるがバゴプラに寄稿した「パラミツ戦記」はこちらから、初代王者北野勇作がオンラインSF誌Kaguya Planetに寄稿した「ひゃくじま」はこちらから、蜂本みさがKaguya Planetに寄稿した「冬眠世代」はこちらから読むことができる。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 星々を目指した女性パイロット描く——メアリ・ロビネット・コワル『宇宙【そら】へ』 SF最高賞三賞を制した歴史改変SFが8月20日発売

    2. 第二回かぐやSFコンテスト、大賞作品の翻訳者発表・審査員特別賞の賞品発表

    3. 【英訳公開】第2回かぐやSFコンテスト大賞 吉美駿一郎「アザラシの子どもは生まれてから三日間へその緒をつけたまま泳ぐ」Toshiya Kameiによる翻訳を公開

    4. 作者の性別でジャンルが変わる? SFファンタジー作品を巡る奇妙な慣習に異議