第44回日本SF大賞発表!大賞を長谷敏司『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』が受賞 | VG+ (バゴプラ)

第44回日本SF大賞発表!大賞を長谷敏司『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』が受賞

©︎早川書房

第44回日本SF大賞発表

日本SF作家クラブが主催する日本SF大賞の第44回受賞作品が発表された。大賞を受賞したのは、長谷敏司 『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』(早川書房)。また、故・石川喬司氏、故・豊田有恒氏、故・聖悠紀氏、故・松本零士氏の4名に功績賞が贈られた。

 

¥1,881 (2024/04/12 20:30:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

第44回日本SF大賞は、2022年9月1日から2023年8月31日までに発表された作品や出来事が対象。以下の5作品が最終候補に選出され、池澤春菜、井上雅彦、草上仁、斜線堂有紀、立原透耶からなる5名の選考委員によって選考が行われた。なお、斜線堂氏については、著作が最終候補に選出されたため、書面で選考に参加した。

 

第44回日本SF大賞発表記者会見

第44回日本SF大賞最終候補
結城充考『アブソルート・コールド』(早川書房)
斜線堂有紀 『回樹』(早川書房)
高野史緒 『グラーフ・ツェッペリン あの夏の飛行船』(早川書房)
長谷敏司 『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』(早川書房)
久永実木彦 『わたしたちの怪獣』(東京創元社)

選考会での声

発表記者会見では、大賞を受賞した長谷敏司 『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』(早川書房)について、「どの作品もとても面白いなか、『これまでにないSF作品を』という選考基準により、今回の候補作の中でもっともふさわしいと選考委員が判断した」とのコメントが紹介された。

授賞式は4月27日(土)に代官山 蔦屋書店にて開催されるイベント「SFカーニバル」内での開催が予定されている。

2024年SFカーニバル

第44回日本SF大賞の結果

大賞
長谷敏司 『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』(早川書房)

功績賞
石川喬司
豊田有恒
聖悠紀
松本零士

第44回日本SF大賞 結果発表 (日本SF作家クラブ)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 2024年、Kaguya Booksのアンソロジーラインナップ発表!

  2. 妖精シリーズが連続刊行!『妖精の到来』『ダン・アダン・デリー 妖精たちの輪舞曲』『妖精が現れる!』がアトリエサードより発売中

  3. Kaguya Planet、阿部屠龍「父のある静物」先行公開開始! 10月の執筆者発表!

  4. 3月のKaguya Planet、一階堂洋さんの新作SF短編小説先行公開開始!