ゲンロンSF文庫誕生! 琴柱遥『枝角の冠』進藤尚典『推しの三原則』が6月10日発売。既刊の3作品もリニューアルして登場 | VG+ (バゴプラ)

ゲンロンSF文庫誕生! 琴柱遥『枝角の冠』進藤尚典『推しの三原則』が6月10日発売。既刊の3作品もリニューアルして登場

© Genron 2020

“ゲンロンSF文庫”が誕生

東浩紀が編集長を務めるゲンロン編集部より、ゲンロンSF文庫が誕生する。2020年6月5日(金)、ゲンロン編集部のTwitterアカウントで第一弾のラインナップが発表された。第一弾を飾るのは大森望が主任講師を務めるゲンロン大森望SF創作講座の3期生である琴柱遥 (ことじ・はるか) の『枝角の冠』と、進藤尚典 (しんどう・たかのり) の『推しの三原則』

琴柱遥『枝角の冠』は第3回ゲンロンSF新人賞受賞作品で、進藤尚典『推しの三原則』は第3回ゲンロンSF新人賞大森望賞受賞作品。『枝角の冠』は、女性だけが暮らす村が舞台で強い人物だけが“父”という異形の存在になるという設定の物語。三部作の第一弾になるという。『推しの三原則』は、粗暴なファンに悩むアイドルが自ら品行方正なAIヲタクを生み出すというストーリー。琴柱遥は初の単行本、進藤尚典は5年ぶりの著書になる。

既刊3作もリニューアル

更に、既に電子書籍として発売されている高木ケイ『ガルシア・デ・マローネスによって救済された大地』アマサワトキオ『ラゴス生体都市』麦原遼『逆数宇宙』もリニューアルしてゲンロンSF文庫より発売される。

『ガルシア・デ・マローネスによって救済された大地』は第1回ゲンロンSF新人賞受賞作品、『ラゴス生体都市』は第2回ゲンロンSF新人賞受賞作品、『逆数宇宙』は第2回ゲンロンSF新人賞優秀賞受賞作品だ。

いずれの作品も電子書籍で6月10日(水)発売となっており、ゲンロンショップおよびAmazon Kindleで購入できる。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 伴名練編『新しい世界を生きるための14のSF』6月22日発売 Kaguya Planetから蜂本みさ「冬眠世代」、麦原遼「それはいきなり繋がった」が収録

    2. 戦争の忘却に警鐘——小松左京「戦争はなかった」

    3. 劉慈欣『三体』「小島秀夫が推薦」と中国で話題に

    4. 『ベストSF2021』11月22日発売! 第一回かぐやSFコンテスト大賞の勝山海百合「あれは真珠というものかしら」収録