アニメ『ダンジョン飯』第17話 感想&考察 ファリン襲撃と本音のぶつかり合い ネタバレ解説 | VG+ (バゴプラ)

アニメ『ダンジョン飯』第17話 感想&考察 ファリン襲撃と本音のぶつかり合い ネタバレ解説

©九井諒子・KADOKAWA刊/「ダンジョン飯」製作委員会

ファリンを巡る想いがぶつかり合うアニメ『ダンジョン飯』第17話

シュローというかつての仲間に再会したライオスのパーティー。そこにカブルーのパーティーも加わり、ライオスは苦手としていた人間関係を修復しなければならない。そして、動き出した狂乱の魔術師シスルの配下となったファリンにも警戒しなければならないなど、緊張感のあるエピソードとなったアニメ『ダンジョン飯』第17話「ハーピー/キメラ」。

本記事ではライオスたちの人間関係とその修復を描くアニメ『ダンジョン飯』第17話「ハーピー/キメラ」の解説と考察、感想を述べていこう。なお、本記事はアニメ『ダンジョン飯』第17話「ハーピー/キメラ」のネタバレを含むため、本編視聴後に読んでいただけると幸いである。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『ダンジョン飯』の内容に関するネタバレを含みます。

本音でぶつかり合う意味を考えるアニメ『ダンジョン飯』第17話

ハーピーの襲撃

ライオスはシュローにファリンを黒魔術で蘇生したことを明かしたが、シュローは激昂して刀を抜いた。シュローは黒魔術のこともそうだが、何よりもライオスの態度が気に食わなかった。ライオスは人間関係を構築するのが苦手であり、シュローを友人だと考えているが、それは一方的にも近い感情だった。そのため、シュローはライオスの言動を軽いものだと感じたと考察できる。

その頃、別れて調理を担当していた面々のところにハーピーが襲撃してきていた。ハーピーは人間の女の顔と乳房を持つが、鳥類に属する魔物だ。母性本能が強く、貪欲な性質を持ち、他の生物の獲物などを奪うこともある。そして、悪臭を放つ糞をまき散らす不衛生な魔物とされる。

この習性は『アルゴー号の冒険』に登場する盲目の予言者ピーネウスの伝承がモデルだと考察できる。ポセイドンの血を引くピーネウスは神の力を使い、人々の未来や航海術を予言していた。しかし、その行為が神々の逆鱗に触れて盲目にされた上、ハーピーが遣わされるようになった。それ以降、ピーネウスの前に食事が用意されるとハーピーが食い散らかし、その後は悪臭を放つ糞のみが残されたと伝えられている。

投石も届かないところまですぐに飛び立つハーピーは、ピーネウスを長きに渡り苦しめたとされている。その伝承が素早く飛び、攻撃が当たらないという『ダンジョン飯』のハーピー習性のモデルになったと考察できる。ピーネウスはアルゴー号に乗っていた有翼の英雄のカライスとゼーテースによってハーピーが倒されるまで飢えに苦しんだ。だが、本来のハーピーは風の精霊で、竜巻やつむじ風の一種の擬人化ではないかと考察されている。

ファリン×ドラゴン=?

『ダンジョン飯』のハーピーは、ハーピーを凌ぐ速さを誇る忍者たちによって討伐されていく。最初は忍者たちの方が優勢であったが、何者かが忍者たちを殺戮していく。ハーピーたちを従える怪物は、下半身が炎竜〈レッドドラゴン〉と鳥類が混ざったキメラと化したファリンであった。

そのようなファリンに対して、ライオスは「すごくかっこいい……」と考えている。アニメ『ダンジョン飯』第2話「ローストバジリスク/オムレツ/かき揚げ」でも解説されているが、ライオスは複数の動物が混ざったキメラを想起させる魔物への強い願望を持っている。このタイミングでその願望を表に出すのは不謹慎だが、そこはライオスだ。欲望を止めることは出来ない。

一級の忍者揃いのシュローのパーティーメンバーを殺害するファリンに、浅層の宝虫で全滅していたカブルーのパーティーが勝てるわけがない。その上、ファリンは他の魔物と異なり魔法も唱える。カブルーのパーティーも次から次へと殺害されていく。

ライオスたちはファリンの面影から攻撃できずにいたが、カブルーに諭され、目の前にいるのはファリンの面影を持った魔物だと考えることが出来た。しかし、それでもファリンに攻撃できない。その理由は炎竜〈レッドドラゴン〉の魂の混ざったファリンを殺せば、狂乱の魔術師シスルが飛んでくると考察したからである。

本音をぶつけ合う意味

ファリンが去り、ホルムとマイヅルが皆を蘇生させていくが、そこに参加しようとしたマルシルをシュローが止める。シュローはマルシルに関しては黒魔術を取り締まっている西のエルフたちに引き渡すと言い、ファリンは何らかの方法で殺して安らかに眠らせると語った。

それに反対したのはライオスだったが、シュローに黒魔術の問題を黒魔術で解決しようとすれば状況は悪化すると言われてしまう。それでも反対するライオス。彼には計画があったのだ。それは炎竜〈レッドドラゴン〉の魂を縛っている迷宮の主、狂乱の魔術師シスルを倒してファリンを解放することだった。

狂乱の魔術師シスルを倒すという荒唐無稽な計画に、シュローは「少しは本気で物事を考えたらどう―」と激昂するが、咄嗟にライオスはシュローの頬を叩いてしまう。シュローはすぐに殴り返すが、ライオスも殴り返す。取っ組み合いの末にシュローに向けてライオスは「1日3食しっかり食べて、睡眠をとってる俺たちのほうがずっと本気だった!!」と言い放つのだった。

ライオスの考え方は、センシの考え方にも似ていてバランスの良い食事と規則的な生活リズム、そして適度な運動が健康な肉体と精神を生むというものだと考察できる。食事や睡眠時間を削るのは簡単だが、それは努力しているのではなく、ただ努力しているつもりになっているだけの可能性があり、健康な生活をしている方が物事は上手く行くということだった。

それに返す刀でシュローが言い放ったのは、ライオスが苦手だったということだった。シュローは察する程度には伝えていたというが、ライオスははっきり言えと言い返す。そして他のパーティーメンバーが怪我人の捜索をしている間、ずっと喧嘩していた。ライオスとの喧嘩でシュローはようやく察してほしいという姿勢ではなく、自分から考えを伝えることができるようになった。

史上最悪の感謝

ライオスはカブルーがファリンに致命傷を与えたが、人間における致命傷がファリンに通じなかったことから臓器が別の位置にあるか、複数の臓器を持つキメラ型の魔物だと気づけたことを感謝していた。一方でカブルーはライオスの桁外れの魔物への知的好奇心とファリンへの深い愛情が狂乱の魔術師シスルを倒す鍵ではないかと考察していた。しかし、狂乱の魔術師シスルを倒した後、ライオスが魔物への興味からダンジョンを閉じない可能性を危惧していた。

センシに教えてもらいながら、ライオスは感謝の意味を込めてハーピーの卵でつくった卵焼きをカブルーに振る舞う。亜人に近い魔物の卵の料理であり、故郷を魔物に滅ぼされたカブルーにとっては拷問に近い感謝の料理だと考察できる。それでも、カブルーはライオスからの信頼を勝ち取るため、その卵焼きを食べるのだった。

帰還の術で地上へと帰るシュローのパーティーとカブルーのパーティー。シュローはライオスが狂乱の魔術師シスルを倒せる見込みは薄いと語りつつも、ライオスに地上へ帰還した際に東方への亡命が出来るように危険を知らせる対の鈴を渡すのだった。そして、ライオスたちはダンジョンの深層へとさらに潜っていくのだった。

本日のレシピ

ハーピーの卵で作った卵焼き

1. ハーピーの卵を混ぜ、調味料を加える。
2. 油を敷いたフライパンにわけて溶き卵を入れ、少しずつ巻いていく。
3. 焼きあがったものを食べやすい大きさに切る。

第17話の感想と第18話で描かれる新たな一歩

ライオスの人間関係が深堀りされ、ファリンに対する各々の想いが明らかになったアニメ『ダンジョン飯』第17話「ハーピー/キメラ」。第18話では、ライオスのパーティーはかつて炎竜〈レッドドラゴン〉によって全滅を味わった第6階層に辿り着くと考察できる。

各々のキャラクターが抱えていた人間関係の問題が一旦清算され、本格的にダンジョン攻略に挑むことになったライオスたちだが、その先の壁は高い。ライオスたちはどのようにしてダンジョンと狂乱の魔術師シスルを攻略するのだろうか。そしてダンジョン攻略の先に待つものは何か。第18話はそういった意味で新しい一歩を踏み出すエピソードになりそうだ。

アニメ『ダンジョン飯』第17話「ハーピー/キメラ」は2024年4月25日(木)22:30より放送と配信が開始。

『ダンジョン飯』公式サイト

¥682 (2024/06/17 05:08:23時点 Amazon調べ-詳細)

アニメ『ダンジョン飯』第1話「水炊き/タルト」のネタバレ感想と考察はこちらから。

アニメ『ダンジョン飯』第18話「シェイプシフター」のネタバレ感想と考察はこちらから。

アニメ版『ダンジョン飯』のオープニングのBUMP OF CHICKENの新曲「Sleep Walking Orchestra」と主要キャストはこちらから。

アニメ版『ダンジョン飯』のエンディングの緑黄色社会の新曲「Party!!」と追加キャストはこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. 第2期22話/46話ネタバレ感想『呪術廻戦』偽夏油の正体とは 呪霊操術の奥義が発動 原作漫画との違いを解説

  2. Netflixアニメ『地球外少年少女』2022年1月28日配信開始 『電脳コイル』磯光雄の15年ぶりの新作

  3. アニメ『ダンジョン飯』第10話 感想&考察 レッドドラゴンと大カエル ネタバレ解説

  4. 第7話ネタバレ感想&解説!!『機動戦士ガンダム 水星の魔女』~新会社「ガンダム」設立!~