第43回日本SF大賞、荒巻義雄『SFする思考 荒巻義雄評論集成』、小田雅久仁『残月記』が受賞! | VG+ (バゴプラ)

第43回日本SF大賞、荒巻義雄『SFする思考 荒巻義雄評論集成』、小田雅久仁『残月記』が受賞!

第43回日本SF大賞発表

日本SF作家クラブが主催する日本SF大賞の第43回受賞作品が発表された。大賞を受賞したのは荒巻義雄『SFする思考 荒巻義雄評論集成』と小田雅久仁『残月記』だ。また、2021年に逝去した八杉将司、2022年に逝去した鹿野司、津原泰水に功績賞が贈られた。

¥5,940 (2024/06/19 22:43:33時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,725 (2024/06/19 22:43:34時点 Amazon調べ-詳細)

第43回日本SF大賞は、2021年9月1日から2022年8月31日までに発表された作品か出来事が対象。以下の5作品が最終候補となり、2023年2月19日に井上雅彦、草上仁、小谷真理、斜線堂有紀、立原透耶からなる5名の選考委員によって選考会が開催された。

第43回日本SF大賞発表記者会見

第43回日本SF大賞最終候補
樋口恭介(編)『異常論文』(早川書房)
荒巻義雄『SFする思考 荒巻義雄評論集成』(小鳥遊書房)
小田雅久仁『残月記』(双葉社)
小川哲『地図と拳』(集英社)
久永実木彦「わたしたちの怪獣」(東京創元社「紙魚の手帖 vol.6 AUGUST 2022」)

選考会での声

発表記者会見では、選考会で交わされた大賞を受賞した両作についての声が紹介された。

荒巻義雄『SFする思考 荒巻義雄評論集成』は「論評だけでなく小説も含まれ、一つのジャンルに分類できない大作」、「後世に伝わるべき作品である」「SFに詳しくない読者にとっても読みやすく書かれている、分野外の人にこそ手に取ってほしい」などの意見が紹介された。

小田雅久仁『残月記』は、「小説として読みやすく面白い」、「コミュニケーションの仕方が現代的で、21世紀の幻想を描いた作品と言えるのではないか」といった論が紹介された。また収録作の「残月記」については、「芸術の意味を問いかける作品でもある」「アイデアも素晴らしいが文章が美しい」「この文章を書けたら小説家として誇れるのではないか」といった意見が紹介された。

授賞式は4月に代官山 蔦屋書店にて開催されるイベント「SFカーニバル」内での開催が予定されている。

SFカーニバル

第43回日本SF大賞の結果

大賞
荒巻義雄『SFする思考 荒巻義雄評論集成』(小鳥遊書房)
小田雅久仁『残月記』(双葉社)

功績賞
鹿野司
津原泰水
八杉将司

第43回日本SF大賞 結果発表 (日本SF作家クラブ)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. Kaguya Planet、果樹園の出てくるSF短編小説の執筆者発表!

  2. Kaguya Planet、蜂本みさ長編の冒頭&大森望インタビュー先行公開! SFGとのコラボも?

  3. 第二回かぐやSFコンテスト 読者投票期間終了 選外佳作リストを公開!

  4. Kaguya Planet 6月の筆者・スケジュール、7月の企画も発表!