『攻殻機動隊 SAC_2045』OP曲とサントラの詳細を発表 主題歌を手がけるのはmillennium parade【音楽】VG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

『攻殻機動隊 SAC_2045』OP曲とサントラの詳細を発表 主題歌を手がけるのはmillennium parade【音楽】

© 1999−2020 JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp. All rights reserved.

『攻殻機動隊 SAC_2045』サントラとOP曲の詳細は?

2020年4月に配信を開始するNetflixオリジナルアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』より、オリジナルサウンドトラックとオープニングテーマ曲の詳細が明らかになった。オープニングテーマ曲を手がけるのはロックバンド King Gnuの常田大希によるソロプロジェクト millennium parade。“millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045”名義の楽曲「Fly with me」がCD&配信で2020年4月22日(水)にリリースされる。

Amacon.co.jpでは、限定盤の“両面メガジャケ”バージョンも発売される予定だ。CD付属のDVDでは、『攻殻機動隊 SAC_2045』を手がけた神山健治監督と荒牧伸志監督に加え、常田大希が主宰するクリエイティブチームのPERIMETRONから佐々木集&神戸雄平と常田大希の5人によるトークセッションが収録される。

millennium paradeは、PERIMETRONと共に様々な活動を展開してきた。今回「Fly with me」のジャケットデザインを手がけたのもPERIMETRONだ。常田大希は『攻殻機動隊 SAC_2045』の主題歌のオファーを受けた時、「身体中の血が湧き上がった」とコメントしている。millennium paradeの世界観自体が「攻殻機動隊」シリーズから多大な影響を受けているといい、「Fly with me」を「俺たち自身の主題歌」とも表現している。

サントラは戸田信子&陣内一真

『攻殻機動隊 SAC_2045』のオリジナルサウンドトラック『攻殻機動隊 SAC_2045 O.S.T』は、2020年5月20日(水)に発売される。本作のサントラを手がけたのは戸田信子&陣内一真。二人はNetflixオリジナルアニメ『ULTRAMAN』(2019)の音楽を手がけたコンビで、神山健治・荒牧伸志とは同作に続くコラボレーションとなる。戸田信子はハリー・グレッグソン=ウィリアムズと共に「メタルギア ソリッド」シリーズの作曲を手がけてきた人物でもある。

サントラ『攻殻機動隊 SAC_2045 O.S.T』もAmazonで予約受付を開始している。

¥3,080 (2020/05/25 10:26:53時点 Amazon調べ-詳細)

なお、『攻殻機動隊 SAC_2045』のエンディング楽曲はすでに発表されている。世界で活動する音楽グループMili (ミリー)の「sustain++;」がYouTubeで公開中だ。Miliはこれまでにも『メルクストーリア -無気力少年と瓶の中の少女-』(2018)や『ゴブリン スレイヤー』(2018)といった人気アニメの主題歌を手掛けている。

なお、『攻殻機動隊 SAC_2045 O.S.T』は、音楽だけでなくこれまでのシリーズから一新されたデザインにも注目だ。キャラクターデザインを手がけたイリヤ・クブシノブについての詳細は以下の記事に詳しい。

『攻殻機動隊 SAC_2045』はNetflixで2020年4月より独占配信。

『攻殻機動隊 SAC_2045』(Netflix)

『攻殻機動隊 SAC_2045』(公式サイト)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『サイバーパンク2077』音楽を手がける作曲家3人がコラボを成立させた画期的な方法とは 「スタイルは本当に対照的だった」

  2. 【全曲解説】映画『ブライトバーン』で流れた音楽まとめ エンディング曲は?【ネタバレ】

  3. 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で流れたアノ曲は!? 音楽が示した“ゴジラの系譜”

  4. 日本語ラップとSF 宇宙に行ったラッパー達