ドラマ『ロキ』サントラ第1弾が全曲無料配信! ロックスカート、ラメンティスのあの曲も収録 | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『ロキ』サントラ第1弾が全曲無料配信! ロックスカート、ラメンティスのあの曲も収録

℗ 2021 Marvel Music, Inc.

ドラマ『ロキ』よりサントラ公開!

Disney+で大好評配信中のドラマ『ロキ』より、劇中の音楽を集めたオリジナルサウンドトラックの第1弾が公開された。『ロキ』と同じく全6話で配信されていたMCUドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』(2021) と同じく、前半1〜3話と後半4〜6話に分けてサントラが公開される。

『ロキ』のサントラ第1弾『Loki: Vol. 1 (Eposodes 1-3)』は、米時間の2021年7月2日(金)に配信を開始。既にシングルカットで発表されているエンディングテーマ曲「TVA」をはじめ、全25曲が収録されている。

『ロキ』のサントラ第1弾に収録されている曲は「New York, 2012」「Roxxcart, 2050」「Lamentis-1, 2077」など、第1話から第3話までの舞台となった場所にリンクしたタイトルの曲が並ぶ。

「Roxxcart, 2050」は第2話で大きく物語が動いたあの場面で流れた曲だ。

「Lamentis-1, 2077」は第3話の緊迫のあの場面で流れる一曲。

第1話のミス・ミニッツによるタイムライン解説でおなじみのあの曲は、「Miss Minutes」というタイトルで収録されている。

 

ドラマ『ロキ』の音楽を手掛けたのはイングランド出身の音楽家であるナタリー・ホルト。映画『ヘル・フロント 地獄の最前線』(2017) では、後に『ジョーカー』(2019) の音楽で知られることになるヒドゥル・グドナドッティルと作曲を担当。2020年公開の映画『サンドラの小さな家』の音楽も担当している。

また、ナタリー・ホルトは人気オーディション番組で有名音楽プロデューサーに生卵を投げつけたことでも知られる。この事件の詳しい経緯とその後については、こちらの記事で。

『ロキ』監督のケイト・ヘロンはマーベル公式サイトで「ナタリー・ホルトは素晴らしい作曲家です」とコメント。「彼女の影響力はとても面白いものがあります。このスコアは何層にもなっていて、電子的でありながらダークで、奇妙なエネルギーを持っていて、まさにロキのようです」と称賛している。

また、ナタリー・ホルト自身は「MCUで、しかもロキのようなキャラクターの仕事ができるのは、本当に素晴らしいことでした。この世界に身を置き、音楽によってストーリーを紡ぎ出し、感情と意味の層を重ねていくことで、MCUが発展していくエキサイティングなチャプターの一部になれることを、とても楽しんでいます」とコメントしている。

『ロキ』のサントラ第1弾『Loki: Vol. 1 (Eposodes 1-3)』は、Spotify、Apple Music、Amazon Music Unlimited、iTunesで配信中。YouTube Musicでも全曲無料で聴くことができる。『ロキ』第4話から最終回第6話までの曲を収録したサントラの第2弾は米時間7月23日(金)に配信される。

ドラマ『ロキ』はDisney+で独占配信中。

『ロキ』視聴ページ (Disney+)

第1話のあらすじ&ネタバレ解説はこちらから。

第4話のエンディングの解説と考察はこちらから。

 

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の音楽についてはこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. ドラマ『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』サントラが聴ける! 全1時間の“リラックス用BGM”公開中。音楽を手がけたのはフィリップ・グラス&ポール・レナード=モーガン

    2. 音楽解説!『怪盗グルーのミニオン危機一発』で流れた曲・挿入歌まとめ 主題歌は「Happy」 サントラは?

    3. 全曲解説! 実写版『アラジン』で流れた歌まとめ 英語&日本語吹き替えで音楽を紹介

    4. 映画『シャザム!』で流れたヒット曲まとめ。エンディング曲はナイル・ホーランの「スロー・ハンズ」。【音楽】