『ヴェノム』 スパイダーマン関連作で最高益達成へ 過去の「スパイダーマン」シリーズの製作費と興行収入は?

ライター

『ヴェノム』 スパイダーマン関連作で最高益達成へ

『ヴェノム』がいよいよ日本で公開

11月2日(金)、いよいよ映画『ヴェノム』が日本で公開される。「スパイダーマン」シリーズでおなじみのヴィラン、ヴェノムを主人公とした作品で、アメリカでは10月1日に公開されている。米Forbes誌によると、日本での公開を11月2日、中国での公開を11月9日を前に、『ヴェノム』の興行収入は5億6,500万ドル(約638億円)を窺っている。そして同作は今後、スパイダーマン関連作品の中では最高益を叩き出す可能性を孕んでいる。

中国次第では7億ドル到達も

Forbes誌のスコット・メンデルソン記者は、『ヴェノム』が日本と中国で公開されれば、全世界の興行収入は最低でも6億3,000万ドルに、中国で好成績を納めた場合には、その額は7億ドルに達する可能性もあると試算している。そして、『ヴェノム』の製作予算がたったの(?)1億ドルであったことを考慮すれば、これまでに軒並み1億ドルを超える予算をつぎ込んできた「スパイダーマン」関連の映画シリーズとしては、史上最も利益率の高い作品になるというのである。

過去の「スパイダーマン」シリーズを凌駕する利益率

これまでに製作・公開された「スパイダーマン」関連作品の予算と興行収入は以下の通りだ。(太字は最高額)

作品名 公開年 製作費 興行収入 利益率
『スパイダーマン』 2002 1億3,900万ドル 8億2,200万ドル 591%
『スパイダーマン2』 2004 2億2,000万ドル 7億8,400万ドル 356%
『スパイダーマン3』 2007 2億6,000万ドル 8億9,100万ドル 342%
『アメイジング・スパイダーマン』 2012 2億3,000万ドル 7億5,800万ドル 329%
『アメイジング・スパイダーマン2』 2014 2億5,500万ドル 7億0,900万ドル 278%
『スパイダーマン: ホームカミング』 2017 1億7,500万ドル 8億8,000万ドル 503%
『ヴェノム』 2018 1億ドル ?????ドル ???%

興行収入自体は『スパイダーマン3』がシリーズ最高の数字を叩き出しているが、利益率という点では、サム・ライミ監督版の第一弾『スパイダーマン』が591%と圧倒的な数字だ。MCUに合流し、原点回帰を図った『スパイダーマン: ホームカミング』(2017)は、過去のシリーズで膨らみ続けた製作費は落ち着きを見せ、興行収入、利益率は共にシリーズ第2位に。

これらの結果に対して、『ヴェノム』の製作費は1億ドルだ。メンデルソン記者が話す通り、興行収入が7億ドルに達した場合は、シリーズ最高の700%の利益率を叩き出すことになる。「最悪」のヴィランが、予算を増やし続け、ブロックバスター作品を生み出す流れを一気に止めることになるのか。日本と中国での動向にも注目しよう。

映画『ヴェノム』は、2018年11月2日(金)より全国ロードショー。

映画『ヴェノム』公式サイト

– Thumbnail –
via: Venom Official Website © 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All Rights Reserved.
– Source –
Forbes

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. ニール・ブロムカンプのオーツ・スタジオが10ヶ月ぶりに短編動画を公開! タイトルは「God: Cit…

  2. 【ソー編】『アベンジャーズ/エンドゲーム』は“ビッグ3”をどう描いたか Part.2【ネタバレ】

  3. 『ブラックパンサー』NAACPアワードを席巻! オスカーで批判の『グリーンブック』は受賞ならず

人気記事

新着記事

hulu
PAGE TOP