ネタバレ解説&感想『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』ラストの意味は? シーズン2&スピンオフはある? 考察 | VG+ (バゴプラ)

ネタバレ解説&感想『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』ラストの意味は? シーズン2&スピンオフはある? 考察

(C)2023劇場版「TOKYO MER」製作委員会

映画『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』公開

鈴木亮平主演、TBS「日曜劇場」の大人気ドラマを映画化した『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』が2023年4月28日(金)より全国の劇場で公開された。監督を務めるのはドラマ版でチーフディレクターを務めた松生彩。脚本もドラマと同じく黒岩勉が務め、SixTONESのジェシーらが新たなメンバーとして出演している。

『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』で描かれるのは2021年に放送されたドラマ版の2年後の物語。2023年4月16日(日)に放送されたスペシャルドラマ『TOKYO MER 隅田川ミッション』から1年半後の物語になる。今回は、映画版『TOKYO MER』のラストについて解説&考察していこう。涙なしには見られないクライマックスでは何が起きていたのだろうか。

なお、以下の内容は結末に関するネタバレを含むため、必ず劇場で本編を鑑賞してから読んでいただきたい。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の結末に関するネタバレを含みます。

映画『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』ラストはどうなった?

喜多見チーフの決断

映画『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』では、音羽統括官が指揮するYOKOHAMA MERとそのチーフドクターである鴨居チーフが登場。横浜みなとみらいのランドマークタワーで起きた放火事件の現場の出動したTOKYO MERとの対立と協力が描かれる。

映画版『TOKYO MER』のクライマックスの見どころは、喜多見チーフが妊娠した妻・高輪千晶とお腹の中の子どもを燃え盛るビルの中から一人で助け出そうとする場面。高輪千晶は喜多見チーフに帝王切開で子どもを取り出して自分を置いて逃げるよう説得するのだ。

このシーンからは涙なしでは見られない展開が続いていく。冒頭では喜多見は夫としての役割を放棄して千晶に愛想を尽かされ、結果として千晶は横浜の実家に帰ったことで事件に巻き込まれてしまった。喜多見は医者としての責務を優先した結果、妹の涼香に続いて大事な人を失おうとしている。

だが、ここで喜多見が優先したのは医者としての判断ではなく、夫としての自分の責務だった。喜多見は帝王切開を拒否すると自力で千晶を抱えて脱出を図るも、倒れてきた器具に足を挟まれ意識を失いかける。この時に喜多見に呼びかけたのは亡くなった妹の涼香だった。

喜多見の妹の涼香はドラマシリーズの第10話でエリオット椿の爆弾テロによって命を落とした。この後、喜多見は涼香の命を救えなかったことに対する無力感に苛まれて一時閉じこもってしまうが、千晶が仲間の存在を思い出させて喜多見は前線に復帰した。

映画版では、涼香が喜多見に仲間の存在を思い出させ、喜多見は金属音を立てて仲間を呼ぶことに。ドラマシリーズでTOKYO MERのメンバーたちが命を守ろうと危険に立ち向かったシーンの回想が熱い。特に第8話で音羽が喜多見に心臓マッサージをして命を救ったシーンが泣ける。

全てを自力で成し遂げるのではなく、仲間の力を信じて命を救う——。喜多見はTOKYO MERの基本を思い出し、ついに“仲間”が合流する。

現れたのは…

意識を失いかける喜多見チーフをすんでのところで受け止めたのは、やはり音羽だった。YOKOHAMA MERの統括官だった音羽は、両国厚生労働大臣の制止を振り切って医者として現場に戻っていた。

この時、音羽が来ている制服はTOKYO MERのもの。序盤に出動する際に喜多見から新品の制服を渡されていたが、音羽は統括官だからと受け取りを拒否していた。音羽はTOKYO MERの制服をずっと持ち歩いていたのだろうか。

この時、音羽が出動する原動力となったのが近隣各県からの医療従事者の応援の到着だった。赤塚都知事がこれを取りまとめたのかと思いきや、動いたのは官房長官になった白金眞理子。日本初の女性総理を目指す赤塚とはライバル関係にあるが、医系技官出身で、「命を大事にする政治家」であることはドラマシリーズで描かれていた。

この白金に働きかけたのは医政局局長の久我山で、久我山は白金に両国大臣を失脚させるためのパワハラの音声データを送っていた。MERの全国展開を足がかりに次期総裁選に出馬しようとしている両国は、総理の座を狙う白金にとってはライバルだ。

久我山は「強いお方につくだけ」とおなじみの言葉を繰り返していたが、白金大臣への強い憧れを抱いているようにも見える。同時に、命を軽視する両国に対する不満顔と対策本部のチームに拍手を送る姿を見るに、久我山はTOKYO MERや音羽の影響を受けて変化してきているのだろう。

ちなみに『TOKYO MER』の世界の政治家は天沼幹事長に蒲田厚労大臣、両国厚労大臣と、政権幹部の失脚が相次いでいる。これも現実の与党と同じなのでリアルではある。

“政府組”の後押しを受けて現場に舞い戻った音羽。喜多見チーフが「音羽先生」と呼ぶのが嬉しい。他のTOKYO MERメンバーも千住隊長が率いるレスキューチームと一緒に到着しており、徳丸がスプリンクラーを復旧させて一同は脱出。この勇姿に感銘を受けたYOKOHAMA MERは、より高い性能を持つERカーのYO1を提供。東京チームは千晶のオペに挑む。

注目したいのは、このYO1には東京チームのTO1にない新生児用の保育器が備え付けられている点だ。スペシャルドラマの『隅田川ミッション』では、YO1はMERで現場経験がある音羽が設計したものであることが明かされていた。YO1がお披露目されたのは事件の半年前なので、音羽は千晶の妊娠をヒントに出産にも対応できる設備を用意していたのかもしれない。

最後のオペへ

MERは事件の現場だけでは終わらない。オペ室での最後の戦いが始まる。ドラマスペシャルの『隅田川ミッション』では、喜多見チーフ、音羽医師、そして弦巻医師が揃い踏みで安心感があったが、劇場版では緊張感が落ちることはない。誰もが涼香の時の状況を思い出すからだ。

しかも今回は摘出した新生児まで心拍停止の状態。弦巻比奈医師と蔵前夏梅看護師が新生児の対応にあたっている。母子ともに心拍停止という状況で、それが喜多見チーフの妻と子どもなのだから、このシーンも涙なしに見ることはできない。

喜多見チーフ諦めずに千晶に心臓マッサージを続けるが、音羽はこの時、喜多見の瞳を見つめていた。ドラマ第10話で涼香に心臓マッサージを続ける喜多見の腕を止めたのは、涼香に想いを寄せていた音羽だったが、今回は音羽は喜多見の顔を見た上でそれを制止しない。

それは、音羽が喜多見の表情から「医者」としての判断を読み取ったからではないだろうか。喜多見は決して感情的になって諦められないのではなく、冷静に医者としての判断を下していたように見える。音羽は医者として喜多見のことを信頼しており、「本当はもうダメだと分かっているのに現実を受け入れらない」という過去の状況とは違うことを見抜き、見守ることを選んだのではないだろうか。

もう一度チームが一丸となって蘇生に取り組む中、先に息を吹き返したのは新生児。その泣き声も力になったのか、千晶の心拍も復活。ここまであくまで医者としての顔を見せていた喜多見は腰を抜かし、赤ちゃんが男の子であることが告げられると、声をあげて泣き出したのだった。これは涼香を亡くした時に崩れ落ちて泣き叫んだのとは真逆の演出になっており、今回の喜多見が流したのは喜びと安堵の涙だった。

それぞれのその後

死者数はゼロで赤塚都知事の会心の「よっしゃ!」が出た後、YOKOHAMA MERの鴨居チーフは、音羽にとって涼香が大切な人だったことを察すると、今後は自分も喜多見のように危険な現場に飛び込んでいくことを宣言。ここで音羽は「頭痛の種は一つで十分」と言うのだが、これはいつまで経っても音羽が喜多見を気に掛けていることを示している。音羽は今もずっと喜多見のことを心配しているのだ。

鴨居チーフは10年前に音羽に買ったアメリカ行きのチケットを破り捨てる。もう音羽の心は鴨居のもとにはない。音羽はひとりTOKYO MERのオフィスに戻ると、涼香の写真に家族が増えたことを報告。音羽の心はまだ涼香のもとにあったようだ。

音羽は喜多見一家の面会シーンにもTOKYO MERのチームメンバーと共に立ち会っている(ちょっと後ろにいるが)。喜多見はメンバーに「ありがとう」と二度伝え、『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の幕は落ちる。その「ありがとう」は、エンドロールと共に写真で紹介された全国の医療従事者たちにも向けられた言葉だったのだろう。

『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』ネタバレ感想&考察

シーズン2につながる?

映画『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は死者ゼロ名で非常に綺麗なラストを迎えた。終盤には号泣ポイントが4箇所ほど設けられており、ドラマ版を経て計算し尽くされた展開になっていたようにも感じる。非常に綺麗な展開でありながらここまで心を揺さぶることができるのは見事としか言いようがない。

一方で、期待されているシーズン2へ繋がるような展開はなかったと言える。ハリウッド映画ではおなじみのポストクレジットシーンも用意されておらず、『TOKYO MER』は一区切りを迎えたようにも思える。

確かに、喜多見は今度こそ父として、夫としての生活を送るべきではある。きちんと育休をとって子育てをしていくべきで、しばらくは現場に出ることはできないのではないだろうか。それでも、新たに研修医として加わった潮見知広の物語はまだまだ広げ甲斐がありそうだし、喜多見チーフ不在で運営しようと挑戦するTOKYO MERも見てみたい。

YOKOHAMA MERはどうなる? スピンオフは?

一方で気になるのは鴨居チーフだ。YOKOHAMA MERはまた新しい厚生労働大臣の下で運営されることになり、喜多見チーフの精神を受け継いだ運用がなされることになるだろう。だが、鴨居チーフはその過去が描かれることはなく、この10年間どんな経験を積んできたのか、どのようにして「危険を冒しては、救えない命がある」という考えに至ったのか等、気になる点は多い。

今後、鴨居チーフを主人公にしたYOKOHAMA MERのスピンオフ制作もあり得るだろうか。喜多見チーフがしばらくお休みする間、YOKOHAMA MERのその後を描きつつ、鴨居チーフのオリジンを辿るストーリーも見てみたい。

同時に音羽は次々と大臣が更迭される中で居残り続ける“強い官僚”になってきた。なんだかんだで久我山とのコンビも良い感じであり、音羽がYOKOHAMA MERに続いてMERを全国の政令指定都市に展開していく姿も見たい。劇場版ではシーズン2の発表はなかったが、さまざまな形でスピンオフの可能性は残されたと言える。

犯人の動機は?

最も気になった点は、サプライズ出演になった元キングオブコメディの今野浩喜が演じた放火犯の動機だ。犯人が語ったのは「死にたかった」ということだけ。それにしては用意周到かつ大規模な事件を起こしている。

もしかすると、今回の事件にはドラマ版最終話で逮捕されたエリオット椿が所属するテロ組織LP9が関与しているのではないだろうか。今回の犯人の手口は手が込んでおり、組織の関与も有り得る。犯人は以前から清掃員として働いていたのかもしれないが、大量のガソリンを複数の掃除カートに乗せてタワーに持ち込んでおり、警備員に気づかれることもなかった。

ドラマ版では、LP9は感染症の流行が原因で貧困状態に陥り大学を退学せざるを得なくなった医学部生を味方に引き込んでいた。映画版の犯人はただの「死にたかった」個人の清掃員かもしれないが、その裏で別の目的を持った人間が動いている可能性もあるかもしれない……。

また、ジェシー演じる潮見知広が犯人の命を助けることを躊躇ったこと、弦巻比奈が喜多見幸太のように犯人であろうと命を救うのを躊躇わなかったことも、今後の展開に生きてくるかもしれない。

映画作品としては大変完成されていた『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』。一方で続編やスピンオフの可能性も大いに残したラストを迎えた。そう遠くない未来にヒーローたちが戻ってくることに期待しよう。

百瀬しのぶによる映画のノベライズ版『劇場版 TOKYO MER 走る緊急救命室』は宝島社文庫から発売中。

宝島社
¥760 (2024/07/19 14:56:48時点 Amazon調べ-詳細)

劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』オリジナル・サウンドトラック & ベストセレクションは配信中。

連続ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』はBlu-rayが発売中。

¥21,545 (2024/07/19 20:52:04時点 Amazon調べ-詳細)

スペシャルドラマ『TOKYO MER~隅田川ミッション~』もBlu-rayの予約を受付中。

映画『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は2023年4月28日(金)より、全国の劇場で公開。

『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』公式サイト

『劇場版TOKYO MER』における音羽の活躍についての解説とセリフについての考察はこちらの記事で。

白金&久我山についての解説&考察はこちらの記事で。

『隅田川ミッション』のネタバレ解説&感想はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 『ゴジラ-1.0』で描かれる政府への不信感 ネタバレ感想&考察

  2. ネタバレ感想&考察『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』

  3. ラスト&ポストクレジット解説『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』 ファンに向けた名作 ネタバレ考察

  4. ネタバレ! 犬のコスモの魅力とは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー VOLUME 3』で演じた俳優&ガン監督が語る