『ソー:ラブ&サンダー』にロキは出る? トムヒが意味深発言「アンドリュー・ガーフィールドしてないよ」 | VG+ (バゴプラ)

『ソー:ラブ&サンダー』にロキは出る? トムヒが意味深発言「アンドリュー・ガーフィールドしてないよ」

© 2021 Marvel

『ソー:ラブ&サンダー』にロキは出る?

MCU映画第29作目の『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日(金) に日米で同時公開される。『ソー:ラブ&サンダー』は「マイティー・ソー」シリーズの第4弾。シリーズとしては『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017) 以来5年ぶりの新作となる。

クリス・ヘムズワース演じる主人公のソーは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019) ではニューアスガルドの王の座を降り、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々と共に宇宙へと旅立っていった。かつて神として、王族として人々を従えたソーはすべてを失い、けれど身軽になって自分探しを続けようとする。

『ソー:ラブ&サンダー』では、そんなソーの過去の亡霊のように、神々を処刑しようとするゴア・ザ・ブッチャーという強敵が現れる。クリストファー・ノーラン監督の《ダークナイト》以来のヒーロー映画への出演となったクリスチャン・ベールが本作のヴィランであるゴア役を演じる。

一方で気になるのは、『ソー:ラブ&サンダー』にトム・ヒドルストン演じるロキは登場するのか、ということである。ロキを主役に据えたドラマ『ロキ』は2021年夏にDisney+で配信を開始すると人気を呼び、MCUドラマ史上初となるシーズン2製作が決定した。

第1作目『マイティ・ソー』(2011) のヴィランとしてMCUに参戦したロキだったが、今では主役キャラとしてまだまだ活躍の余地がある。しかも『ロキ』ではタイムラインの枝分かれを開放するという大事件に関与してしまった。現在進行形でMCUのストーリーのど真ん中にいるロキ。その兄であるソーの最新作に、ロキは登場するのだろうか。

トム・ヒドルストンが語る

ロキ役を演じて11年が経過したトムヒことトム・ヒドルストンは、米Total FilmにMCUでロキを演じることについて語っている。まず、『ロキ』シーズン1のラストと、ドラマ後の変化については以下のように話している。

新しく、そして大胆な選択でしたね。ロキは本当に大きな内面の旅を経験し、それは新しくてフレッシュに感じられました。ロキでなくても、私はこのような類の物語を探ってみたいとは思っています。しかし、それがロキであることで更に面白くなったことは事実です。

ロキを演じることは永遠の驚きと喜びの源で、旅のようなものです。今では私の人生の一部であり、今後もそうあり続けるでしょう。最近、トイレに入ってきた人に「ロキ!」と言われたんです。私が「トムだよ」と言ったら、「ごめん、そうだね」って言ってました。でもそれが皆さんの見え方なんです。

すっかりロキを演じることが人生の一部になったと話すトムヒ。現在、プリプロダクション(撮影開始前の準備)段階にあるという『ロキ』シーズン2については、言葉を選びながらも以下のように話している。

なんて言ったらいいんでしょうね。(『ロキ』は)楽しく、挑戦させ続けてくれるものです。シーズン1の最後には物語は終わりませんでした。それは明白ですよね。ロキはより不安定で、これまでと同じく混乱しており、情熱的で、混沌としています。解決しなければならないこともありますし、解き明かすべきことも残っている状況です。

「“アンドリュー・ガーフィールド”してないよ」

そして、ロキが登場するのかどうかに注目が集まる『ソー:ラブ&サンダー』への出演については、こう話している。

私はクエスチョンマークの中で生きています。すべては未知です。以前は、こういう類のことは予測できると考えていたのですが、文字通り、全く分かりません。“アンドリュー・ガーフィールド”をやってるわけじゃないですよ! ただただ分からないんです。

アンドリュー・ガーフィールドはインタビューなどで『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021) への出演を否定し続けたが、同作の公開後、それが“嘘”だったことが明らかになった。その役者っぷりには称賛も起きている。トムヒは、“アンドリュー・ガーフィールド”を「出演することを明かさない」という意味の慣用句として使い、『ソー:ラブ&サンダー』に出演しているかどうかが「全く分からない」と話している。

以前は予測できると思っていたが、今では自分が出演しているかどうかが分からない……ということは、過去に出演すると思っていたがカットされたという経験があるのだろうか。少なくとも出演シーンは撮影しているという風に捉えることもできるが、ワニロキなど、変異体のロキは登場するがトムヒは登場しないという可能性も考えられる。

果たして、神出鬼没のイタズラの神様は、嬉しいサプライズを起こしてくれるのか。そして、ソーはロキとの再会を叶えることができるのか……。『ソー:ラブ&サンダー』の公開を楽しみに待とう。

映画『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日(金) 劇場公開。

『ソー:ラブ&サンダー』公式サイト

Source
Total Film

『ソー:ラブ&サンダー』の予告解説はこちらから。

ソー役のクリス・ヘムズワースのコメントはこちらから。

新たにスタートした「ワニロキ」のコミックシリーズについてはこちらから。

『ロキ』シーズン1の最終話について製作陣とトムヒが語った内容はこちらから。

『ロキ』最終話のネタバレ解説はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. ハリウッドの常識を覆す! 『第9地区』ニール・ブロムカンプ監督が短編映画を作る理由

  2. 『シン・ウルトラマン』キャストまとめ 斎藤工、長澤まさみら豪華俳優陣が揃う 過去の出演作品は?

  3. 『ブラック・パンサー:ワカンダ・フォーエバー』にキャプテン・アメリカ登場?アンソニー・マッキーが撮影終了を報告

  4. ギレルモ・デル・トロが再びスーパーヒーロー映画を作る条件とは?「イケメンには興味ないんだ」