グリーンゴブリン登場確定!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』海外版ポスター解禁 背後の砂と雷は… | VG+ (バゴプラ)

グリーンゴブリン登場確定!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』海外版ポスター解禁 背後の砂と雷は…

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』海外版ポスター解禁!

日本で2022年1月7日(金) に公開される映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』より、海外版ポスターが解禁された。

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

そこにはっきりと映し出されているのは、<公開後24時間の視聴数>が全世界で3億5550万回を記録した予告編にも登場したドック・オク(ドクター・オクトパス)の腕。そして、スパイダーマンの背後に小さく見えるのはスパイダーマンの宿敵グリーンゴブリンの姿だ。

「これまでの映画作品の中で最も視聴された予告編」になった『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告映像では、サム・ライミ監督版の『スパイダーマン2』(2004) でドクター・オクトパスを演じたアルフレッド・モリーナの登場に世界が沸いた。

同時に、『スパイダーマン』(2002) でグリーンゴブリンが使用していたものと同じデザインの武器パンプキンボムも登場し、グリーンゴブリンの登場を匂わせていた。今回のポスター公開で、グリーンゴブリン本人が登場することが確定。過去作ではウィレム・デフォーによる名演が光ったが、本作では誰が演じるのだろうか。

また、スパイダーマンの背後には砂塵落雷も確認できる。砂は『スパイダーマン3』(2007) に登場したサンドマン、雷は『アメイジング・スパイダーマン2』(2014) に登場したエレクトロというヴィランの存在を示唆している。

追記:11月16日(火)には、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジの姿を含む新ポスターも公開された。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、ドクター・ストレンジの力でマルチバースの扉が開かれ、トム・ホランド演じるスパイダーマンことピーター・パーカーは新たな困難に直面する。迫りくる強大な敵たちに、スパイダーマンはどのように立ち向かうのだろうか。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日(金) 日本公開。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』公式サイト

予告編の解説&考察はこちらから。

 

【ネタバレ注意!】『エターナルズ』のミッドクレジットシーン&ポストクレジットシーンの解説はこちらから。

【ネタバレ注意!】『エターナルズ』のポストクレジットシーンについてクロエ・ジャオ監督が明かした事実はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『ザ・マーベルズ』に『梨泰院クラス』パク・セロイ役パク・ソジュンが出演か MCU参戦を発表 マーベル・ボーイ、新ハルク演じる予想も

    2. 9月9日より日本で再上映! 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION』公開へ

    3. 『ゴジラvsコング』ネタバレ感想 怪獣映画における”重さ”の表現はなぜ大切か

    4. ロシア代表イェーガー、チェルノ・アルファの秘密 ~『パシフィック・リム』をおさらい~