ニール・ブロムカンプ監督、新作短編に着手か 長編映画化も?『ロボコップ』最新作の進捗は…?

via: Oats Studios Twitter

短編集?オリジナル長編?『ロボコップ』?

短編作品のコンセプトアートを公開

『第9地区』(2009)、『エリジウム』(2013)などのSF作品で知られるニール・ブロムカンプ監督の動きが慌ただしくなっている。自身が設立したオーツ・スタジオ (Oats Studios) は、前作「God: City」の動画を投稿した9月21日以来、約2ヶ月ぶりにTwitterを更新。オーツ・スタジオが発売している短編集の第二弾の作品案として、ミリタリーものとファンタジーものを掛け合わせたコンセプトアートを公開した。

「Rakka」か、「Firebase」か…

これに続き、オーツ・スタジオは2017年に発表した短編作品、「Rakka」「Firebase」について、Twitter上でアンケートを実施。「Rakka」は「エイリアン」シリーズへの出演で知られるシガニー・ウィーバーが主演を務めたエイリアン映画。「Firebase」はベトナム戦争にSFの要素を取り入れた作品で、両作品ともに「エイリアン」シリーズの影響を受けている。
Twitterでのアンケートでは、オーツ・スタジオは以下のように、ファンに意見をもとめた。

「どっち?」……なんともシンプルなアンケートである。オーツがこのようなアンケートをとるのは、これが初めてではない。2018年1月には、ニール・ブロムカンプ監督自らがTwitterのアンケートで「単体作品(長編)と新作の短編映像、どっちのクラウドファンディングを実施すべき?」と問いかけ、「Firebase」の長編映画化へ向けたクラウドファンディングが実施されている。この時は目標額 (1億ドル=約113億円) を達成できず、この直後にブロムカンプ監督が『ロボコップ』最新作の『RoboCop Returns (原題)』を指揮することが発表された為、オーツ・ブランドの長編映画第一弾の話は白紙になったかに思われていた。

ファンによる投票結果は…

今回のアンケートに対し、ファンの回答は、48%が「Firebase」52%が「Rakka」を支持するという結果に。オーツ・スタジオは「Rakkaの勝ち」とツイートしたが、ファンからは「どちらかを選ぶことはできない!」というコメントも多数寄せられている。

『ロボコップ』続編にも新情報

新たな短編集に人気短編の長編映画化、それに『ロボコップ』最新作……ニール・ブロムカンプ監督のプロジェクトが続々と動き出している。ブロムカンプ監督は、『ロボコップ』最新作の『RoboCop Returns』で、『ロボコップ』(1987)、『ロボコップ2』(1990)で主演を務めたピーター・ウェラーの再登板を希望していたが、先日、当のウェラーが出演しないことを決めたとの報道がなされた。何といってもウェラーはすでに71歳。カムバック断念は無理のない話だ。

作品の優先順位は?

配役は白紙に戻ったが、裏を返せば、『RoboCop Returns』のプロジェクトも着実に動いていると言える。
そんな中、ニール・ブロムカンプ監督はTwitterで話しかけてきたファンに、以下のように話している。

僕のオーツ・スタジオが優先するのは、「Rakka」「Firebase」で、そのあとに新作のVol.2だよ

by ニール・ブロムカンプ

ここでは”オーツ・スタジオの中では”という留保付きだが、やはり「Rakka」と「Firebase」に対する思い入れは強いようだ。ブロムカンプ監督はこれまでにも、『第9地区』や『チャッピー』(2015)など、自身の短編作品を土台にして長編ヒット作を生み出してきたのだ。

最も早くファンの手に届くのは、短編集第二弾か、オーツ初の長編作品か、それとも『ロボコップ』最新作か。多忙な中でも製作意欲を絶やさないニール・ブロムカンプ監督の最新作を、楽しみに待とう。

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 押井守原作、実写版『人狼』がNetflixで配信開始! 南北統一が実現した2029年の朝鮮半島が舞台…

  2. 『アントマン&ワスプ』のFBI捜査官 ジミー・ウーって誰? 初めて好意的に描かれたアジア系キャラ、S…

  3. ゲーム『Anthem』の短編映画よりメイキングが公開——4分弱の映像をスペイン・ハワイで撮影

  4. 『ドクター・スリープ』特別映像解禁 72歳の誕生日を迎えるS.キング、圧巻の筆力に絶賛の声

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP