巧がネクストファイズに変身した理由は? 『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』 ネタバレ考察&解説 | VG+ (バゴプラ)

巧がネクストファイズに変身した理由は? 『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』 ネタバレ考察&解説

©2024 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©石森プロ・東映

なぜスマートブレイン社は巧を仮面ライダーネクストファイズに選んだのか

2003年から2004年に放送され、人気を博した『仮面ライダー555』。その正統続編として製作された『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』が、2024年2月2日から期間限定上映が開始された。その予告編では半田健人演じる乾巧が仮面ライダーネクストファイズに変身し、唐橋充演じるスネークオルフェノク/海堂直也を襲うシーンが描かれている。

予告編でも「新生ファイズは神なのか悪なのか。」という表現がなされており、スマートブレイン社の手先として登場することが解説されている。そのため、ファンとしては巧がスマートブレイン社の手先の仮面ライダーネクストファイズに変身する理由に注目が集まった。

本記事では『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』で巧が仮面ライダーネクストファイズの変身者に選ばれた理由とその後について考察と解説をしていこう。なお、本記事は『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』のネタバレを含むため、本編視聴後に読んでいただけると幸いである。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の内容に関するネタバレを含みます。
自傷行為及び自殺描写に関する注意
以下の内容は、自傷行為及び自殺描写に関する表現を含みます。

仮面ライダーネクストファイズの変身者としての素質

自暴自棄になった巧

巧は『仮面ライダー555』最終話にてスマートブレイン社からの人体実験を受けた結果、灰化が進み、オルフェノクとしての寿命が尽きようとしている。そのことを真理に悟られないように、巧は西洋洗濯舗菊池から去る道を選ぶ。この時点で巧は未来に希望を見出すことが出来ず、泉政行演じるホースオルフェノク/木場勇治の遺した夢である「オルフェノクの可能性」という夢を捨て、「オルフェノクに未来はない」とまで言い切っている。

このように巧は自暴自棄になっており、スマートブレイン社としては操りやすい人材だったことが考察できる。スマートブレイン社としてはオルフェノク側の視点や能力を持ちながら、オルフェノク殲滅部隊を率いる戦闘能力を持つ人材を必要としており、かつてのスマートブレイン社と流星塾生の戦いを経験した巧は最適な人材だと言える。

自暴自棄になった巧は『仮面ライダー555』とは違う形で人間を襲うオルフェノクを倒すために駆り出されていることが考察できる。しかし、自暴自棄になっている中でも一線を引いている部分があり、それが食べ物を他者に冷まさせる行為だ。この行為は真理だけに許した行為であり、巧が自暴自棄になりながらもまだ自分を真理たちの仲間であると思っていると考察できる。

アクセルフォームとしての利用価値

また、オルフェノクとしての寿命が尽きかけている巧をスマートブレイン社が延命治療を受けさせてまで仮面ライダーネクストファイズの変身者に選んだ理由としては、アクセルフォームの存在があると考察できる。仮面ライダーファイズのアクセルフォームといえば安全性のため10秒間という使用制限がありながら、1000倍のスピードで高速移動できる形態だ。

高速移動による連続攻撃など、複数を相手に取り有利に立ち回れるアクセルフォームだが、あくまでも高速移動であるため、動体視力などは変身者の身体機能に頼る部分が大きいと考察できる描写がある。『仮面ライダー555』本編では木場が仮面ライダーファイズに変身した際に、アクセルフォームに変身しても藤田玲演じるドラゴンオルフェノク龍人態/北崎に圧倒されてしまっている。

これにはアクセルフォームにも匹敵するほどのスピードを誇るドラゴンオルフェノク龍人態が相手だったためという可能性も考察できるが、変身者が巧でなかったためという可能性も考察できる。木場もホースオルフェノク疾走態や激情疾走態になれば高速移動に対応できる動体視力を得ることも可能かもしれない。しかし、疾走態になるためには下半身が馬の姿になる必要性がある。そのため、仮面ライダーファイズの変身には向かない。

ウルフオルフェノクの動体視力

木場の変身するホースオルフェノクに対し、巧の変身するウルフオルフェノクは人間と同じ姿で、強靭な脚力から高速移動が可能である。そのため、人間の姿でもアクセルフォームでも通用する動体視力を有している可能性があると考察できる。

アクセルフォームは仮面ライダーネクストファイズにとって切り札的存在だ。アクセルフォームを活かせる動体視力などの身体能力から、スマートブレイン社が仮面ライダーネクストファイズの変身者に巧を選んだと考察できる。

アクセルフォームで巧は唐橋充演じるスネークオルフェノク/海堂直也を追い詰めるが、海堂が落としたラー油で滑り、とどめを刺すことに失敗している。このシーンはギャグシーンとも考えられるが、旧式の仮面ライダーファイズでアクセルフォームを使いこなしていた巧がそれで失敗するとは考え難い。そのため、実際は巧の中にある仲間意識から海堂たちにとどめを刺すことを躊躇ったためだと考察できる。

仮面ライダーネクストファイズを越えた先に

20年間の積み重ね

しかし、『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』で巧は仮面ライダーネクストファイズに変身するだけでは終わらない。真理が投身自殺を図った後に、一匹狼でコミュニケーションもうまく取れなかった巧が真理に「助けてくれ」という言葉を伝えるというどん底の中でも成長した姿を果たしている。

巧はウルフオルフェノクの姿でスマートブレイン社に立ち向かう決心をつけている。そして、自暴自棄になるのではなく、夢の続きが悩みながらも今を生き続けることだと巧は悟る。そうして藤田玲演じるアンドロイドの北崎が変身する仮面ライダーミューズに対し、浅川大治演じる菊池啓太郎の甥の菊池条太郎から手渡された旧式のファイズギアで仮面ライダーファイズへと変身するのだった。

仮面ライダーファイズに変身した巧は仮面ライダーミューズの持つAI機能でも先を読めない攻撃を繰り出す。この戦闘経験の差もスマートブレイン社が目をつけていた理由の一つだったと考察できる。スマートブレイン社は巧を仮面ライダーネクストファイズに最適な人材としていた。

だが、巧の心の奥にある『仮面ライダー555』本編での出会いで受け継いできた夢と20年間の成長までは勘定に入れていなかった。そのため、最後は仮面ライダーファイズとして巧の実力により仮面ライダーミューズと仮面ライダーネクストカイザの敗北を招いたと考察できる。

半田健人ら主要キャストはシネマトゥデイのインタビューで『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』を新たな出発点にしたいと語っている。『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』ではスマートブレイン社の手先として仮面ライダーネクストファイズを描き、それを越えた先に仮面ライダーファイズの存在を描いた。続編が製作される場合、仮面ライダーネクストファイズはどのような位置づけになるのか注目していきたい。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』は2024年2月2日(金)より期間限定上映。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』公式サイト

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』のBlu-ray / DVDはCSMカイザフォンXXが付いてくる完全受注生産の完全版ほかが予約受付中。

『仮面ライダー555』Blu-rayボックスセットは発売中。

『小説 仮面ライダーファイズ』は講談社キャラクター文庫より発売中。

講談社
¥792 (2024/05/27 13:31:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

ノーブランド品
¥15,980 (2024/05/27 13:31:00時点 Amazon調べ-詳細)
バンダイ(BANDAI)
¥2,000 (2024/05/27 13:50:29時点 Amazon調べ-詳細)

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』のラスト解説&考察記事はこちらから。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の続編の可能性の考察記事はこちらから。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の草加についての考察記事はこちらか。

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の続編で登場する可能性のあるキャラクターについての考察記事はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. 映画『名探偵ピカチュウ』のキャスト・声優まとめ アニメ版の声優が多数登場【吹き替え・出演者・俳優】

  2. Netflix映画『アダム&アダム』3月11日配信開始 ライアン・レイノルズ主演のSFアドベンチャー大作【あらすじ】

  3. キャシーって誰? スタチュアになる?『アントマン&ワスプ:クアントマニア』を観る前にチェック

  4. 『トロン3』ジャレッド・レト主演で2023年8月制作開始を視野 タイトルは『トロン:アレス』