実写版『ヒックとドラゴン』キャスト&キャラクター紹介! 端役だったキャラクターにもスポットライトが | VG+ (バゴプラ)

実写版『ヒックとドラゴン』キャスト&キャラクター紹介! 端役だったキャラクターにもスポットライトが

© THE CREATURE TECHNOLOGY COMPANY PTY LTD

実写版『ヒックとドラゴン』に新進気鋭の俳優とベテラン俳優が集結

2010年にディーン・デュボア監督とクリス・サンダース監督によってドリームワークスより長編アニメーション映画化され、それ以降アニメシリーズや短編アニメーション、舞台化やアトラクションがつくられるなど、大人気シリーズとなったクレシッダ・コーウェル原作の「ヒックとドラゴン」シリーズ。

その実写映画がユニバーサルスタジオ制作にて2025年6月13日(金)に米公開されることが発表された。監督は長編アニメーション映画第1作『ヒックとドラゴン』でも監督を務めたディーン・デュボア監督が続投すること、そしてプロデューサーにはアカデミー賞史上最多14ノミネート、ゴールデングローブ賞ではノミネートされた7部門すべてを受賞した『ラ・ラ・ランド』(2017)や『プリティ・ウーマン』(1990)のプロデューサーでもあるマーク・プラットが就任することが発表されている。

そのようなアニメーションのファンからも期待値の高い実写版『ヒックとドラゴン』だが、その主人公であるヒックとアスティのキャストと、米公開日が2025年6月13日(金)に決定したことを米Deadlineが2023年5月30日と英Screendailyが2023年11月30日に報じた。

撮影開始は2024年1月からで北アイルランドが予定されている。本来は7月にベルファストのタイタニック・スタジオで撮影の準備が進められていたが、全米俳優組合のストライキと重なったことで撮影が遅れ、当初の公開予定日からも2025年3月14日(金)から3ヶ月遅れたからとのことだ。そして、2024年1月24日の米Varietyの報道で、主要キャストがすべて発表された。それだけではなく、アニメ映画では端役だったキャラクターにも焦点があてられることを米Hollywood Reporterが報じた。

2024年1月から撮影開始ということで俳優の発表が続く実写版『ヒックとドラゴン』。それではここからは発表された俳優とその俳優が演じるキャラクターを解説していこう。なお、本記事は国内だけではなく国外でも発表されている範囲の俳優とキャラクターの設定に関する情報を含むので、情報を入れずに鑑賞したいと思われている方は注意していただきたい。

ティーンエイジャーのヴァイキング見習い

ヒック 演:メイソン・テムズ

主人公でヴァイキングたちが暮らすバーク島で暮らす少年のヒックことヒック・ホーレンダス・ハドック三世を演じると発表されたのがメイソン・テムズだ。ヒックはヴァイキングたちのリーダーであるストイックの一人息子で、自分も他のヴァイキングたちのようにドラゴンを倒して一人前になりたいと思うが、恵まれない体格からうまくいかず、発明の才能はあるも周りから認められない皮肉屋の少年である。

ヒックが捕獲用の網を発射する石弓を発明し、ヴァイキングの誰も見たことのなく、死神と雷の子供と呼ばれるほど、半ば伝説と化したドラゴンであるナイト・フューリーのトゥースを撃ち落としたことがドラゴンとヴァイキングの長い対立の雪解けのはじまりとなる。そのようなヒックを演じると報道されたのがメイソン・テムズなのだ。

メイソン・テムズは、スティーブン・キングの息子のジョー・ヒル原作、スコット・デリクソン監督作の映画『ブラック・フォン』(2022)で注目を浴びた俳優である。他にもアカデミー賞監督賞受賞歴のある名優のメル・ギブソンとも『ボーイズ・オブ・サマー(原題:Boys of Summer)』(2024)で共演すると発表されるなど、ハリウッドの新進気鋭のホープだ。

『ブラック・フォン』では1976年を舞台に自作のロケット花火製作が趣味の気弱な少年フィニーを演じた。『ブラック・フォン』でフィニーはイーサン・ホーク演じる殺人鬼のグラバーに捕まってしまうも、かつてのグラバーの被害者たちの幽霊の電話を受けてグラバーに立ち向かう姿をメイソン・テムズは見事に演じ切ってみせた。

メイソン・テムズの出世作でもある『ブラック・フォン』はキャストが続投する形で続編が制作され、2025年10月に公開されることを米Movie Webが報道している。『ブラック・フォン』続編の正確なキャスト一覧は明らかになっていない。しかし、制作は『ヒックとドラゴン』と同じくユニバーサルであることから、メイソン・テムズは2025年大注目の俳優と言っても良いだろう。

¥1,528 (2024/04/23 03:41:34時点 Amazon調べ-詳細)

わずか15歳で『フッテージ』(2012)や『ドクター・ストレンジ』(2016)を撮ったスコット・デリクソンの作品に出演し、アカデミー賞助演男優賞やアカデミー脚色賞にノミネートされた名優のイーサン・ホークと共演するなど、若くしてキャリアを築いているメイソン・テムズ。彼は気弱ながら殺人鬼のグラバーに立ち向かう発明家気質の少年を演じ、米映画評論サイトのロッテントマトでも高い評価を得たため、メイソン・テムズの演じるヒックに注目があつまる。

アスティ 演:ニコ・パーカー

ヒックと同い年の少女で、大人たちからも期待されている優秀なヴァイキング見習いがアスティことアスティ・ホファーソンだ。アスティはヒックにとってヴァイキングとしては憧れの的であり、少年としては片思いの相手でもある。前述の通り、ドラゴン退治訓練の成績は優秀そのもので、同世代のヴァイキング見習いの少年たちからの人気も高い。

性格は競争心の強く、トゥースと仲を深めてドラゴンの習性に詳しくなっていくヒックをライバル視するも、若者らしくヒックとトゥースの友情に理解を示すなど柔軟な頭も併せ持っている。一方でそれを父親ストイックに伝えるかどうか尋ねるなど、ドラゴンは倒すべきというヴァイキングの慣例とヒックの語るドラゴンと分かり合えるという新世代の考え方の間で揺れる人物でもあるのがアスティだ。

アスティを演じるニコ・パーカーはディズニーの実写映画『ダンボ』(2010)でコリン・ファレル演じるホルト・ファリアの娘で発明家気質のミリー・ファリアで映画デビューしている18歳のこちらも新進気鋭のホープだ。他にもジュード・ロウ、キャサリン・ウォーターストン、ナオミ・ハリスが出演している『サード・デイ 〜祝祭の孤島〜』(2020)に出演するなど、順調にキャリアを築いている俳優だ。

¥1,528 (2024/04/23 04:41:15時点 Amazon調べ-詳細)

フィッシュ 演:ジュリアン・デニソン

大柄な体格のヴァイキング見習いで、豊富なドラゴンの知識を持つ“ドラゴンオタク”がフィッシュ・インガーマンだ。フィッシュの性格は温和で、どちらかと言えば臆病に近い。フィッシュはヴァイキングには向かない性格だと思われがちだが、ドラゴンに関する熱量ならば誰にも負けない性格の持ち主である。

そのようなフィッシュを演じるのは、『デッドプール2』(2018)でラッセル・コリンズ / ファイヤーフィストを演じたジュリアン・デニソンだ。ジュリアン・デニソンはニュージーランド出身の俳優で、他にも『ゴジラvsコング』でジョシュ・ヴァレンタイン役など、複数のVFX大作に出演している。

¥407 (2024/04/15 08:45:16時点 Amazon調べ-詳細)
¥400 (2024/04/23 11:51:47時点 Amazon調べ-詳細)

スノット 演:ガブリエル・ハウウェル

力自慢で、うぬぼれ屋の性格をしているのがスノット・ヨーゲンソンである。頭で考えるより、すぐに手が出る性格で、訓練中にはアスティを口説くが当のアスティには気にも留められていない。性格でいえばヒックの対極に位置するような存在で、長いものに巻かれる節がある。

アメリカの高校ヒエラルキーにおけるジョックスに似た性格のスノットを演じるのは、ガブリエル・ハウウェルだ。ガブリエル・ハウウェルは主に舞台を中心に活動しており、映像作品では『Bodies/ボディーズ』(2023)やイギリスの国営放送であるBBCのドラマに出演している。

タフ 演:ハリー・トレヴァルドウィン

双子の問題児の1人がタフ・ソーストンだ。馬鹿なことをすることをモットーとしており、いたずらの神ロキを信仰することもある。双子であるラフとはしょっちゅう喧嘩しており、その内容はどれもくだらない。

そのような愛すべきタフを演じるのは『ザ・バブル』(2022)に出演しているハリー・トレヴァルドウィンだ。他のヴァイキング見習いを演じる俳優たちと同じく新進気鋭の俳優で、2019年にデビューしている。注目度の高い俳優の1人だ。

ラフ 演:ブロンウィン・ジェームス

タフと一緒に問題を起こすのがラフ・ソーストンだ。2人でしょうもないことで喧嘩をしたり、一緒に馬鹿をやったりしている。三つ編みのヘアスタイルが特徴的だが、それを顎の下で束ねることもあってか男性に間違われることもしばしばある。

そのような愛すべき双子の片割れを演じるのはブロンウィン・ジェームスだ。ブロンウィン・ジェームスはNetflixで配信されている『時の面影』(2021)でエレン・マッケンジーを演じるなど、配信系のドラマで活躍している俳優である。

子どもを見守る大人のヴァイキングたち

ストイック 演:ジェラルド・バトラー

ヒックを男手1つで育てたヒックの父親であり、バーク島で暮らすヴァイキングの長。その実力からバーク島最強のヴァイキングと称されている。大きな赤ひげが特徴的で、か細いヒックとは異なり筋骨隆々とした肉体の持ち主だ。

息子であるヒックがあまりにもヴァイキングらしくないことを危惧しており、ヒックをドラゴン訓練に放り込んだりとストイックなりに心配している。ストイックは父親としては息子にどう接すればいいのかわからない等身大の父親像の人物だが、ヴァイキングの長としての力量は高く、ストイックを慕う者も多い。

ヒックやアスティはティーンエイジャーのため、声優を務めた成人のキャストが実写版でもヒックとアスティを演じることは難しく、メイソン・テムズとニコ・パーカーが起用された。だが、ストイックは声優であるジェラルド・バトラーと年齢と体格が近いため、アニメ版「ヒックとドラゴン」シリーズへのリスペクトとしてジェラルド・バトラーが続投することになったことを米Deadlineが2024年1月5日に報じた。。

ジェラルド・バトラーはスコットランド出身の俳優で、『300 〈スリーハンドレッド〉』(2007)で主役のスパルタ王レオニダス1世役に抜擢された際には見事な肉体美を見せている。また、洋画におけるドラゴンの演出に大きな影響を与えた『サラマンダー』(2002)にも出演しており、アクションなどの身体能力やVFXのドラゴン相手の演技など、実写版『ヒックとドラゴン』のストイック役に十分な素質を有している。

¥399 (2024/04/23 14:31:21時点 Amazon調べ-詳細)
ポニーキャニオン
¥6,480 (2024/04/23 11:35:26時点 Amazon調べ-詳細)

ゲップ 演:ニック・フロスト

ヒックの働く鍛冶屋の主人で、ストイックの親友かつ戦友。ヒックやアスティにとってはドラゴン訓練所の教官でもある。ドラゴンとの戦いで左腕と右脚を失い、義肢となっているが、アニメシリーズ『ヒックとドラゴン~バーク島の冒険~』(2012-2019)では足に刺さった棘を抜く際に母親に足を切られたと語っている。なお、「ヒックとドラゴン」シリーズでは手足の欠損は珍しいことではない。

このように陽気で、冗談を飛ばすような性格の持ち主のゲップだが、ストイックからは右腕として信用されている。また、ゲップは単なるコメディリリーフではなく、『ヒックとドラゴン2』(2014)では自身がゲイであることをカミングアウトしたとも取れる演出があるなど、「ヒックとドラゴン」シリーズの世界観を語る上で外せない重要なキャラクターでもある。

ゲップを演じるのはエドガー・ライトやサイモン・ペッグとの共演で知られるイギリスのコメディアンのニック・フロストであることを米Hollywood Reporterが報じた。ニック・フロストは『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)などのコメディ作品でキャリアを積んできたが、その大柄な体格に加え、ラグビー経験者でもあるなど肉体派の俳優でもあるためストイックに次ぐヴァイキングの戦士ゲップにふさわしいキャスティングと言える。

フレグマ 演:ルース・コッド

ヒックたちヴァイキングの住むバーク島の住人の一人で、植物学に秀でているのがフレグマ・ザ・フィアースだ。ヒックたちヴァイキング見習いのティーンエイジャーたちと異なり、ストイックやゲップと同じ大人で、ヴァイキング見習いを見守る立場にある。アニメ映画では背景映る端役だったが、実写映画『ヒックとドラゴン』では主要キャラクターの1人となるようだ。

演じるのはTikTokerから俳優に転身したルース・コッドだ。俳優に転身して以降は『アッシャー家の崩壊』(2023)や『ミッドナイト・クラブ』(2023)で活躍している。ルース・コッドは23歳のときに、怪我の後遺症で右足の膝から下を切断している。バーク島のヴァイキングには四肢の欠損が珍しいことではないため、そのようなキャラクターに対して当事者をキャスティングしたものと考察できる。


どうなる?実写化映画化

実写映画化と聞くと拒否反応を示す人もいるだろう。「ヒックとドラゴン」シリーズのような熱狂的なファンを有する作品ならばなおさらだ。しかし、「ヒックとドラゴン」シリーズはこれまで何度か舞台化されており、Creature Technology社によるリアルなドラゴンとダンスの融合が特徴的な『How To Train Your Dragon Live Spectacular』(2015)が成功している。

『How To Train Your Dragon Live Spectacular』公式サイト

『How To Train Your Dragon Live Spectacular』ではバスほどの大きさがあるドラゴンのアニマトロニクスが登場し、モノレールのような装置をいかしたドラゴンの飛行演出など度肝を抜くような内容となっている。

また、ユニバーサル・北京・リゾートでは『How To Train Your Dragon Untrainable』という名でミュージカル化が行われており、TEA2023 Thea Award for Outstanding Achievement(Live Event)という優れたエンターテイメントやアトラクションにテーマ・エンターテイメント協会より送られる賞を受賞している。こちらは『How To Train Your Dragon Live Spectacular』とは異なり、ドラゴンのデザインがカートゥーンよりとなっており、これらを踏まえると実写化への不安がだいぶ和らぐことだろう。

『How To Train Your Dragon Untrainable』公式サイト

その他にも、アニメ版『ヒックとドラゴン』で主人公のヒックを演じたジェイ・バルチェルが実写版のキャストに以下のようなアドバイスを送ったことを米Screen Rantが報じている。

あの子たちには、いい冒険が待っているといいですね。そして、トゥースに乗れる人は、ドラゴンに敬意を払ってください。彼もあなたに敬意を払うのですから。とにかく楽しんで。そう、とにかく楽しんで。

今後、どのようなキャストが追加で発表されるのか。また、どのようにドラゴンが描かれていくのか。続報に期待したい。

「ヒックとドラゴン」三部作はBlu-rayが発売中。

¥3,564 (2024/04/23 11:35:27時点 Amazon調べ-詳細)

映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』公式サイト

Source
Deadline/Movie Web/Deadline/Hollywood Reporter/Hollywood Reporter/Variety/Screen Rant

舞台版『ヒックとドラゴン』に関する記事はこちらから。

アスティ役のニコ・パーカーが語る実写版『ヒックとドラゴン』の独自性はこちらから。

ディーン・デュボア監督の撮影進捗報告はこちらから。

原作者のクレシッダ・コーウェルもお墨付きのセットに関してはこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ! グルートの最後の〇〇 真実が明らかに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』ガン監督が認める

  2. ギレルモ・デル・トロ監督も参加! 原点『ウルトラマン』をフィーチャーした『THE ORIGIN OF ULTRAMAN(仮)』制作決定

  3. 『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』キャラクター&キャスト紹介

  4. 今の目で観る『ジュラシック・パーク』!〜変わらないテーマと変わってきた表現〜