映画『バイオハザード』に隠された『2001年宇宙の旅』のオマージュとは? | VG+ (バゴプラ)

映画『バイオハザード』に隠された『2001年宇宙の旅』のオマージュとは?

©️2002 Constantin Film Produktion GmbH. All Rights Reserved.

映画『バイオハザード』に隠れたオマージュ

カプコンの人気ホラーゲームをポール・W・S・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写映画化した『バイオハザード』(2002) は、全世界で1億ドル (約100億円) 超の大ヒットを記録。『バイオハザード: ザ・ファイナル』(2016) まで計6作品が製作される屈指の人気シリーズになった。一旦シリーズが終了した現在も、Neflixドラマ版とNetflixCGアニメ版、ヨハネス・ロバーツ監督によるリブート版の製作が進んでいる。

そんな人気シリーズの第1弾として登場した『バイオハザード』に、あの有名映画へのオマージュが込められていたことをご存知だろうか。その映画とは、アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックによって生み出されたSF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』(1968) だ。

¥299 (2021/04/11 13:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

『バイオハザード』にハイブのメインコンピュータとして登場するレッド・クイーンは、『2001年宇宙の旅』のAI、HAL 9000がモデルとされている。HAL 9000をモデルにしたキャラクターが登場するSF映画は数多く存在する。人工知能ロボットが登場するクリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』(2014) もその一つだ。映画『バイオハザード』では、ガイドとしての立場から徐々に人類の敵へとスタンスを変えていくという、『2001年宇宙の旅』に非常に似た形で人工知能を登場させている。奇しくも『バイオハザード』の製作が進んでいたのは2001年のこと。クリストファー・ノーラン監督は『2001年宇宙の旅』に「似過ぎてはいけない」と意識していたが、ポール・W・S・アンダーソン監督はホラーアクション映画の『バイオハザード』でHAL 9000を“再現”したのだ。

なお、映画第6作目の『バイオハザード: ザ・ファイナル』(2016) では、主演のミラ・ジョヴォヴィッチと監督のポール・W・S・アンダーソンの娘であるエヴァ・アンダーソンがレッド・クイーンを演じた。また、レッド・クイーンは映画版オリジナルのキャラクターだったが、2007年にWiiで発売されたゲーム『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』にはレッド・クイーンが登場する。

カプコン
¥4,766 (2021/04/11 13:58:13時点 Amazon調べ-詳細)

様々な形で派生を見せた映画『バイオハザード』オリジナルキャラクターのレッド・クイーンもまた、今後、他作品でオマージュの対象となっていくのだろう。Neflixドラマ版&アニメ版とヨハネス・ロバーツ監督によるリブート版のストーリーにも注目だ。

映画『バイオハザード』は、「ブルーレイ アルティメット・コンプリート・ボックス」が発売中。

SF作家・牧野修による小説版は角川ホラー文庫から刊行されている。

¥1 (2021/04/11 13:58:14時点 Amazon調べ-詳細)

映画『バイオハザード』の出演キャストおよび吹き替え声優のまとめはこちらの記事から。

Fourth Castle Micromedia
¥11,900 (2021/04/10 20:38:39時点 Amazon調べ-詳細)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 【26作品】2020年公開のSF映画まとめ——ノーラン新作、ディズニー、MCU、DC、『デューン』も!!

    2. 『ダークナイト』公開から10年。クリストファー・ノーラン監督がシリーズ全作の脚本を執筆できた「贅沢な時代」

    3. SF最高賞3連覇の作家が『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を実況。評価と批判は?「今見ると……」

    4. スカーレット・ヨハンソン、中国で外国人初の“100億元クラブ”メンバーに 『アベンジャーズ/エンドゲーム』が後押し