『アクアマン』ジェームズ・ワン監督からファンへお願い「この映画を嫌う人を叩かないで」 | VG+ (バゴプラ)

『アクアマン』ジェームズ・ワン監督からファンへお願い「この映画を嫌う人を叩かないで」

ジェームズ・ワン監督が“ピース”を呼びかけ

絶好調の『アクアマン』

快進撃を続ける『アクアマン』は、2018年12月7日に中国で封切りされて以来、2018年だけで1億9,000万ドルに迫る脅威の興行成績を収めている。更に2019年2月8日(金)に日本での封切りを控えており、この数字は更に伸び続ける見込みだ。そんな中、指揮を執ったジェームズ・ワン監督のある発言が注目を集めている。

「そんな形でのサポートは望んでいない」

ジェームズ・ワン監督は、自身のTwitter上で、「『アクアマン』を好きじゃないという理由で嫌がらせを受けている人がいる」と指摘した上で、こう綴った。

そんな形でのサポートは望んでいないんだ。敬意を払って欲しい。逆に、僕の映画を好きじゃなくてもいいから、僕に個人攻撃をしたり、悪口にタグ付けするのもやめて欲しい。ピース

by ジェームズ・ワン

『アクアマン』を「好きじゃない」という人に対して嫌がらせをしないようファンへ呼びかけると共に、同作が嫌いな人でも自分に対する個人攻撃はやめてほしい、と率直に語っている。お互いに敬意を払い、攻撃しあうことはやめようと呼びかけているのだ。「有名人は叩かれても仕方ない」という風潮にも一石を投じる発言だ。このツイートには、『アクアマン』のファンと、同作は好きではないという両者から賛同の声が集まっている。

アメコミ作品は初挑戦

ジェームズ・ワンは、マレーシア生まれのオーストラリア人映画監督。サイコスリラー映画の「ソウ」シリーズや、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)などの作品で知られる。『アクアマン』で初めてアメコミ作品に挑戦したが、いきなりの大ヒットを記録。Twitter上では気さくにファンと交流しており、以前にも親世代のファンの声に応え、喝采を浴びている。

日本では2月公開

映画『アクアマン』は、『ジャスティス・リーグ』(2017)に次ぐDCEUの第6作目。あらゆる海洋生物と会話することができる主人公・アクアマンを、ジェイソン・モモアが演じる。人間と海底人の間に生まれたアクアマンは、海底王国アトランティスの王権争いに巻き込まれていく——

映画『アクアマン』は、2019年2月8日(金)より全国でロードショー。

[amazon_link asins=’4796876367′ template=’amazon-link-and-image’ store=’virtualgori09-22′ marketplace=’JP’ link_id=’f7e46e4c-0f00-11e9-946c-e51459a96c32′]

Source
James Wan Twitter

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『エターナルズ』セルシとイカリスが惹かれ合った理由とは “アップデート”の大切さを読み解く (ネタバレあり)

    2. ネタバレ!『ブラック・ウィドウ』タスクマスターの俳優が“その後”を語る MCUでの再登場はある?

    3. 『パシフィック・リム』に出演したギレルモ・デル・トロ監督の盟友達。監督と俳優の熱い絆

    4. アカデミー新会員の招待者に細田守、新海誠、菅野よう子。#MeToo、#OscarSoWhiteの影響も