中国で記録的ヒットの『アクアマン』 海洋保護にも貢献

興行記録だけじゃない!『アクアマン』の活躍

『アクアマン』が中国で空前の大ヒット

DC映画最新作の『アクアマン』が、中国で空前の大ヒットを記録している。アメリカでの公開を2018年12月21日に控え、中国では一足早く12月7日に公開された。The Hollywood Reporterが報じたところによると、中国でのオープニング興行収入は9,360万ドルで、ワーナー作品歴代第1位を記録。たった三日間で『ワンダーウーマン』(2017)の興行収入を抜き去ったというから驚きだ。アジアでの大ヒットに、マレーシア生まれのオーストラリア人監督ジェームズ・ワンは、Twitterで「中国、ありがとう」と謝意を表している。

パトリック・ウィルソンが海洋保護を訴え

注目に値するのは、興行成績だけではない。『アクアマン』は、映画を通して海洋保護にも貢献しようとしている。海洋保護団体のオセアナ (Oceana) は、『アクアマン』公開日の7日、同作に出演するパトリック・ウィルソンが登場するプロモーション動画を公開。同作でオーム・マリウスことオーシャンマスターを演じるウィルソンは、オセアナが投稿した動画の中で、乱獲や海洋汚染を止め、飢餓をなくすためにも海の豊かさを守るよう訴えた。

ジェームズ・ワン監督も粋なコメント

このオセアナの動画に粋なコメントを残したのは、ジェームズ・ワン監督だ。

ね、オームはただのエコ・ウォリアーなんだよ。たった一人の人間がプラスチックのストローを使うかどうか二度考える、それだけで彼の仕事は果たされるんだ。

by ジェームズ・ワン

『アクアマン』にヴィランとして登場するオームの設定を念頭に、一人一人が環境保護について考えるよう促している。

研究を通して海洋保護に貢献

『アクアマン』と公式非営利パートナーの契約を結ぶオセアナは、アメリカ大陸とヨーロッパを中心に活動を行っている。だが、アジア圏での『アクアマン』のヒットにより、オセアナの活動は世界中で知られることになるだろう。多くの海洋学者や研究者が所属するオセアナはこれまで、企業や政府の活動が海洋生物に与える影響を調査・公表し、その成果は各国の環境保護政策にも反映されてきた。公式ウェブサイトでは、「魚と話せなくても、海のヒーローになることはできます」と、『アクアマン』の設定を引用する形で、海洋保護活動への賛同を呼びかけている。

『アクアマン』という作品もまた、海なくして語ることはできない。「君もオーシャンヒーローになろう」と呼びかけたパトリック・ウィルソン演じるオーシャンマスターには、どのような物語が用意されているのだろうか。日本での公開を楽しみに待とう。

映画『アクアマン』は、日本では2019年2月8日より全国の劇場で公開予定。

オセアナ公式サイト
『アクアマン』公式サイト

– Thumbnail –

via: Auaman Movie Official Website ©︎ ™️ DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc.
– Source –
Oceana Twitter / The Hollywood Reporter / OCEANA

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『ヴェノム』 スパイダーマン関連作で最高益達成へ 過去の「スパイダーマン」シリーズの製作費と興行…

  2. 【アントマン&ワスプ】「バーバ・ヤーガが来る!!」——バーバ・ヤーガってなに?

  3. アカデミー新会員の招待者に細田守、新海誠、菅野よう子。#MeToo、#OscarSoWhiteの影響…

PAGE TOP