【アクアマン】「現代の子ども達が共感できるように」多民族の血を引くジェイソン・モモアの主演起用が持つ意味

ジェイソン・モモア主演の意味をワン監督が解説

中国で大ヒット、アメリカでも話題に

最新DC映画の『アクアマン』が中国で公開され、国内ワーナー映画のオープニング興行収入記録を塗り替えるなど、フィーバーを巻き起こしている。アメリカでの公開は2018年12月21日(金)と少し先だが、中国でのヒットや好評を受け、アメリカでも既に大きな期待感に包まれている。

親世代のファンから「ありがとう、ワン監督」

そんな中、『アクアマン』の監督を務めたジェームズ・ワン監督の下に、小さな子どもを持つファンから感謝のメッセージが送られた。

『アクアマン』は、ネイティブハワイアンの血を引く俳優によって演じられた、アジア人と白人の混血のヒーローなんだ。私の子ども達も同じく混血だ。例え、映画自体が素晴らしいものでなかったとしても、この理由だけで大好きな作品になったね。ありがとう、ワン監督、本当に。

『アクアマン』で主人公のアーサー・カリーを演じたジェイソン・モモアは、ハワイの先住民やアイルランドをはじめとする様々な民族の血を引いている。映画の設定とも重なり、多様性のあるキャラクター像を創り上げている。多様な民族の血を引く子ども達にも勇気を与えるヒーロー映画を生み出したワン監督に、親として謝意を表明したようだ。

「現代の子ども達が共感できるキャラクターに」

このツイートに対し、ジェームズ・ワン監督は以下のように答えている。

アーサーはまさに混血のキャラクターなんだ。地上人と海底人のね。モモアが多民族の血を引いているということは、この設定とも辻褄が合うんだ。世界の多様性は増しているし、現代の子ども達が共感できるキャラクターが存在するというのは素晴らしいことだよ。私たちにとって、これはとても大切なメッセージだったんだ。

by ジェームズ・ワン

現実世界の人種の多様性を、主人公が異なる種族の血を引いているというSFならではの設定に置き換えることで、多様なルーツを持つ子ども達にも共感できるよう工夫が凝らされているというのだ。

劇中で語られるメッセージとは

もちろん、このキャスティング自体は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)の指揮をとったザック・スナイダー監督によるもの。だが、前述のファンは、ワン監督のツイートに、「それが全てだよ。(劇中で) 彼が“雑種”と呼ばれ、偏見を持たれるシーンが、自分の幼少時代の経験と、子ども達が同じ目にあうのではないかという恐怖に語りかけるんだ」と応答。劇中でもアーサーことアクアマンが“混血”であるという設定が、重要な意味を持つようだ。
多様なルーツを持つジェイソン・モモアの起用と主人公・アクアマンの設定に、「現代の子ども達が共感できるように」とのメッセージが込められたという映画『アクアマン』。多様化する現代社会を象徴する作品となるだろうか。日本での公開を楽しみに待とう。

映画『アクアマン』は、アメリカでは2018年12月21日(金)、日本では2019年2月8日(金)に劇場公開予定。

– Thumbnail –
via: 『アクアマン』公式サイト ©2018 Warner Bros. All Rights Reserved.
– Source –
James Wan Twitter

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 2018年 SF映画興行収入ランキング【1位〜5位】

  2. 不遇のイギリス時代を乗り越えた、クリストファー・ノーラン監督の脚本力

  3. 『攻殻機動隊』にラノベ作品も..! 日本のSF作品を実写化した映画監督たち

PAGE TOP