『ザ・ボーイズ』シーズン3 ティザー映像が米公開 新ヒーロー ソルジャー・ボーイが戦う姿も | VG+ (バゴプラ)

『ザ・ボーイズ』シーズン3 ティザー映像が米公開 新ヒーロー ソルジャー・ボーイが戦う姿も

©️Amazon Studios

ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン3予告が米公開

Amazonプライムビデオの人気ドラマ『ザ・ボーイズ』(2019-) より、2022年6月3日(金)の配信開始を予定しているシーズン3のティザー予告映像が公開された。

※非常にグロテスクな描写および暴力描写を伴う映像です。ご注意ください。

『ザ・ボーイズ』は、ホームランダー率いる腐敗したスーパーヒーローチームに、一般人の“ザ・ボーイズ”が立ち向かう物語。過激な内容で埋め尽くされた原作コミックを配信ドラマならではの自由で実写化した作品だ。

今回のティザー予告では、3月にシングルで発売されたばかりのイマジン・ドラゴンズ「Bones」がBGMとして使用されている。「Bones」のサビでは「コントロールを失っていく/なぜなら私の身体には魔法が備わっているから」と歌われており、スーパーパワーを持つ者の視点の歌詞と捉えることができる。

しかし、その声を代弁されているのは、ホームランダー達だけではない。今回のティザー予告の冒頭では、“一般人”側のブッチャーの目が黄色に光らせている姿が捉えられている。ついにブッチャーにもスーパーパワーが備わったのだろうか。続いて、ホームランダー、ブラック・ノワール、ヒューイ・キャンベルの深刻な表情が映し出される。

また、「平和」を掲げる若者達が機動隊と向き合う場面も。セブンに復帰したAトレインが緑・赤・黄色を基調にした新コスチュームで両者の間に入ると、いつもの『ザ・ボーイズ』の悪ノリが始まる。ホームランダーの特徴的なフェイクスマイルも披露される中、劇中劇であるVCU映画『セブンの夜明け』のパネルが背後にある場所でヒューイとスターライトことアニーが口付けを交わすシーンも。ザ・ボーイズとセブンに属する二人は、シーズン3では堂々と恋愛をすることになるのだろうか。

シーズン2で登場した人体爆発の場面も。ニューマン議員の再登場もありそうだ。そして、新キャストのローリー・ホールデン演じる新ヒーローのクリムゾン・カウンテスがビームを放つシーンも挿入されている。クリムゾン・カウンテスは、セブンに次ぐ人気を誇るヒーローチームのペイバックの一員だ。

また、額に星のマークをつけたヒーローは、ジェンセン・アクレス演じる新ヒーローのソルジャー・ボーイだ。ソルジャー・ボーイは第二次世界大戦後に登場した最初のスーパーヒーローという設定。テントのような場所で何者かに殴られる姿や、キャプテン・アメリカのように盾を武器にして戦う姿が映し出されている。

他にもディープやホームランダーの息子ライアンの姿や、キミコとフレンチーがミュージカル風に踊る姿も。スーパーパワーを手に入れたブッチャーは敵を殴り飛ばし、目からビームを放っている。徹底的に嫌ってきた“スープス”と同じ力を手に入れてもなお、これまでのブッチャーでいられるのだろうか。

『ザ・ボーイズ』ショーランナーのエリック・クリプキは、『ザ・ボーイズ』シーズン第1話が「過去最高に狂ったことになっている」と米ComicBooksに語っている。「信じられないかもしれないけれど、シーズン2では1ガロン以上の血のりは使っていなかったんです。シーズン3では3.5ガロンの血のりを使っています。今後の展開がどうなるか、少し分かりますよね」とも発言しており、とんでもない展開が待っていそうだ。

追記:5月に公開された公式予告はこちらから。

いよいよ再始動するドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン3は2022年6月5日(金)より、Amazonプライムビデオで独占配信。

原作コミックの日本語版は、G-NOVELSから発売中。

誠文堂新光社
¥3,300 (2022/12/06 23:06:07時点 Amazon調べ-詳細)

Source
ComicBooks

シーズン3のこれまでの経緯と新キャスト紹介はこちらから。

シーズン2のネタバレありのシーズン3考察はこちらの記事から。

アニメ『ザ・ボーイズ ダイアボリカル』第1話のネタバレ解説はこちらから。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. ドラマ『ロキ』第5話 あのシーンをシルヴィ役俳優が語る「ロキとシルヴィはティーネイジャーのようなもの」※ネタバレあり

  2. 『ワンダヴィジョン』ダーシー・ルイスとは誰か。空白の8年間、共に過ごした人物は? スピンオフの可能性も

  3. 「ダース・ベイダーは避けられない」ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』監督がベイダー復活の理由を語る

  4. 第2話ネタバレ解説! ドラマ『ボバ・フェット』タスケン・レイダーとの意外な過去が明らかに あらすじ&考察