人気ゲーム『Fallout』実写ドラマのファーストルック公開 グールやパワーアーマーの画像解禁 | VG+ (バゴプラ)

人気ゲーム『Fallout』実写ドラマのファーストルック公開 グールやパワーアーマーの画像解禁

Amazon Prime Video

2024年4月12日にAmazonプライムで配信決定

大人気ゲーム「Fallout」シリーズを原作に、2024年4月12日にロサンゼルスに存在するVault 33を舞台とした実写ドラマとしてAmazonプライムビデオから配信されることが決定した『Fallout』。そのファーストルックが2023年11月29日に公開された。そこでグーブラザーフッド・オブ・スティールのシンボルを持ったパワーアーマーなどの画像が解禁された。


ここで情報解禁で登場したのはゲームをプレイしたことのある人間ならばお馴染みの黄色と青色のスーツを着たVault 33の生存者だけではなく、放射能汚染によって突然変異を起こした人間であるグールも登場している。グールには脳にまで放射能汚染が広がった結果、理性を失ったフェラル・グールも存在しているが、ファーストルックの画像を見るに理性的なグールのようだ。このグールという種族とVault 33の生存者の間で起きる問題が、ドラマの軸になる可能性もある。

また、「Fallout」シリーズにて歩兵に主力戦車級の防御力と火力を持たせるという設計思想のもとで米軍と核戦争前の企業ウェイスト・テックが開発したパワーアーマーも登場している。パワーアーマーの胸元にはブラザーフッド・オブ・スティールのエンブレムが塗装されている。

ブラザーフッド・オブ・スティールは米陸軍に所属していたロジャー・マクソンが核戦争直前に発足した組織で、核戦争で荒廃したアメリカで核戦争以前の技術をの情報や現物の収集・管理・保管を行っている。パワーアーマーを有していることからもわかる通り、軍事力を持った軍隊めいた組織でありながら、「技術や知識が悪用されないよう管理する」という宗教に近い思想を持って行動しているのが特徴だ。

グールにパワーアーマー、ブラザーフッド・オブ・スティールなど、ファーストルックながら情報満載となった今回の解禁。Amazonプライムビデオは今後、ヘンリー・カビル主演・制作総指揮のもとでイギリスのSFミニチュアゲーム「ウォーハンマー40,000」のドラマシリーズ化を計画している。『Fallout』も含めた多くのSF大作の制作を計画しているAmazonプライムビデオに注目していきたい。

ドラマ版『Fallout』公式X(旧Twitter)

ベセスダ・ソフトワークス
¥5,800 (2024/03/03 17:34:21時点 Amazon調べ-詳細)

『Fallout』出演俳優の情報解禁の記事はこちらから。

同じくAmazonプライムのSF作品『ジェン・ブイ』の詳細はこちらから。

同じくAmazonプライムのSF作品『ザ・ボーイズ』シーズン3最終話のネタバレ解説はこちらから。

『ザ・ボーイズ』シーズン3までの経緯とYouTube配信のスピンオフ番組の内容、アニメ版の注目エピソードはこちらの記事で。

『ザ・ボーイズ』シーズン4についての情報はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ドラマ『ムーンナイト』にもサノスの影響? 新映像で『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』のアレが登場

  2. 第1話ネタバレ解説『オビ=ワン・ケノービ』労働者オビ=ワンの心の傷、迫る尋問官 あらすじ&考察

  3. 【あらすじ・みどころ】Netflix『ノット・オーケー』が面白い。父の自殺、性の悩み……SFは添えるだけ【シーズン1】

  4. ドラマ『ホークアイ』ケイト・ビショップが “二代目” 新コスチューム示唆する姿で登場