覚悟はいいか。『ブラック・ミラー』シーズン6は2023年6月15日よりNetflixで配信開始 全5話のあらすじが公開 | VG+ (バゴプラ)

覚悟はいいか。『ブラック・ミラー』シーズン6は2023年6月15日よりNetflixで配信開始 全5話のあらすじが公開

Netflix

『ブラック・ミラー』が帰ってくる

Netflixの大人気SFドラマアンソロジーシリーズ『ブラック・ミラー』(2011-)のシーズン6が2023年6月15日(木)の16時より配信を開始する。シーズン6は全5話で構成されという。2023年4月27日(木)には、Netflixより『ブラック・ミラー』シーズン6の初の公式映像となるティーザーが公開されている。

ティーザー映像では、「世界を燃やしたいわけじゃない」と歌う2WEI & Bri Bryantの「I DOn’t Want to Set the World on Fire」(2020)が使用されている。ホラー風味の映像が続き、車のフロントガラスやカメラのレンズの黒い画面(=ブラックミラー)には、『ブラック・ミラー』のシンボルマークも見える。今回も『ブラック・ミラー』らしいエピソードの数々が用意されていることが窺える。

全5話のあらすじ公開

そして、6月に入り各話を紹介する公式予告が公開された。

Netflixからは、全5話のあらすじと概要も公開されている。

ジョーンはひどい人

ある平凡な女性は、グローバルなストリーミングプラットフォームで自分の人生そのものを描く人気TVドラマが始まったことを知り、愕然とする。しかも、彼女を演じる主演俳優は、ハリウッドスターのサルマ・ハエックだった。

キャスト:アニー・マーフィー、ベン・バーンズ、ヒメーシュ・パテル、マイケル・セラ、ロブ・ディレイニー、サルマ・ハエック

監督:アリー・パンキウ

脚本:チャーリー・ブルッカー

撮影場所:英国

ヘンリー湖

若いカップルが、上品な自然ドキュメンタリーを製作しようとスコットランドの寂れた町へやってくるが、過去に地元で起こった衝撃的な事件に興味をそそられ、引き込まれていく。

キャスト: ダニエル・ポートマン、ジョン・ハナー、モニカ・ドラン、マイハラ・ヘロルド、サミュエル・ブレンキン

監督:サム・ミラー

脚本:チャーリー・ブルッカー

撮影場所:英国 (スコットランド)

ビヨンド・ザ・シー

舞台は、異次元の1969年。きわめて危険な最先端の特殊任務を負う2人の男は、想像を絶する悲劇が招く末路に苦しむことになる。

キャスト:アーロン・ポール、オーデン・ソーントン、ジョシュ・ハートネット、ケイト・マーラ、ロリー・カルキン

監督:ジョン・クローリー

脚本:チャーリー・ブルッカー

撮影場所:英国、スペイン

メイジー・デイ

ある新進女優が、ひき逃げ事件の波紋に苦悩する傍ら、限度を知らない執拗なパパラッチに追い回されていく。

キャスト:クララ・ルガアード、ダニー・ラミレス、ザジー・ビーツ

監督:ユタ・ブリースウィッツ

脚本:チャーリー・ブルッカー

撮影場所:スペイン

デーモン79

時は1979年。イギリス北部の町で真面目に働く販売員が、大惨事を防ぐために恐ろしい行為を命じられる。

キャスト:アンジャナ・ワサン、パーパ・エッシードゥ

監督:トビー・ヘインズ

脚本:チャーリー・ブルッカー、ビシャ・K・アリ

撮影場所:英国

あらすじだけでもゾッとする内容が並ぶが、一方でキャストには、ドラマ『ブラック・ミラー』シーズン6には、映画『ジョーカー』(2019)のソフィー役で知られるザジー・ビーツや、ドラマ『ウエストワールド』(2016-)のケイレブ役で知られるアーロン・ポールら豪華俳優陣が揃っている。ジョシュ・ハートネット、パーパ・エッシードゥ、ケイト・マーラ、クララ・ルガアード、ダニー・ラミレス、アンジャナ・ワァサン、ダニエル・ポートマン、アニー・マーフィー、そして『エターナルズ』(2021)のサルマ・ハエックらの出演も発表されている。

配信日は激戦区に

今回発表された『ブラック・ミラー』シーズン6の配信日は6月15日(木)。日本では6月9日(金)に映画『リトル・マーメイド』、6月16日(金)に『ザ・フラッシュ』『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』の公開を、北米でも6月9日(金)に『トランスフォーマー/ビースト覚醒』、6月16日(金)に『ザ・フラッシュ』の公開を控える“激戦区”でもある。

だが、『ブラック・ミラー』はNetflixきっての人気シリーズ。6月は、北米では高校や大学が夏休みに入るシーズンであり、人気シリーズの最新作を投下する判断は納得のいくものである。

ドラマ『ブラック・ミラー』は、約1時間ほどの1話完結型のドラマを数話収録したシリーズ。2011年に英Channnel4で放送を開始し、2016年のシーズン3からはNetflixオリジナルシリーズとして配信されている。後味の悪いバッドエンドで終わる確率が高い点が特徴だが、一方で技術の進歩や人の心をテーマに近未来の社会に起こりうる問題に警鐘を鳴らすSFシリーズとしての評価も高い。

エミー賞をはじめとする数々の賞を受賞している他、2018年には、視聴者の選択肢によって物語が変化するインタラクティブ映画として配信された『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』がSF最高賞のネビュラ賞でゲームライティング部門を受賞している。

『ブラック・ミラー』のシーズン6はこれまでと同様、チャーリー・ブルッカーアナベル・ジョーンズが製作を手がける。また、『バンダースナッチ』の直後に配信されたシーズン5は全3話となっていたが、シーズン6ではシーズン3以降の全6話の構成から1話少ない全5話の構成になる。

『ブラック・ミラー』の新シーズンは、実に4年ぶり。これまでシーズン間に2年以上の時間が空いたことはなかった。だが、チャーリー・ブルッカーとアナベル・ジョーンズが自分たちで会社を立ち上げたことと、本作の権利がEndemol社からBanijay社へ移行したことなどが理由で新シーズンの公開が遅れていた。

ドラマ『ブラック・ミラー』シーズン6は2023年6月15日(木)の16時よりNetflixで独占配信。

『ブラック・ミラー』(Netflix)

シーズン6の出演者の情報はこちらの記事で。

プロデューサーが「社会への警告ではない」と語った『ブラック・ミラー』のシリーズの狙いについてはこちらの記事で。

『イカゲーム』シーズン2の情報はこちらの記事で。

Netflix実写版『ONE PIECE』のキャスト紹介はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 実写版スローン大提督役はラース・ミケルセン! ドラマ『アソーカ』で『スター・ウォーズ 反乱者たち』に続いて演じる

  2. ドラマ版『ファウンデーション』“クローン”を取り入れた背景とは 「アシモフは何を言いたかったのか」

  3. 『ロキ』のラヴォーナと征服者カーンの関係とは。レンスレイヤーの原作コミックの設定をチェック

  4. 最終話ネタバレ考察『シー・ハルク』ハルクの〇〇って? 今後はどうなる?