『ブラック・ミラー』シーズン6 製作進行中 ロブ・ディレイニーが出演へ 『ジョーカー』ザジー・ビーツも | VG+ (バゴプラ)

『ブラック・ミラー』シーズン6 製作進行中 ロブ・ディレイニーが出演へ 『ジョーカー』ザジー・ビーツも

Netflix

『ブラック・ミラー』シーズン6へ

Netflixの人気SFドラマ『ブラック・ミラー』は、シーズン6の製作が進んでいる。『ブラック・ミラー』は2011年に英Channel4で放送を開始したSFドラマアンソロジーシリーズ。1話完結のダークなSFドラマが高い評価を受け、エミー賞をはじめとする数々の賞を受賞している。2016年公開のシーズン3からはNetflixオリジナルとして配信されており、2019年6月にはシーズン5が配信されていた。

数々のディストピアSFを見せてくれた『ブラック・ミラー』の動きが止まった一方で、世界はパンデミックに突入。同作の続編の話は聞こえてこなかったが、その理由はこれまでシリーズを手掛けてきたチャーリー・ブルッカーとアナベル・ジョーンズが独立して会社を立ち上げたことにあった。

『ブラック・ミラー』の権利はEndemolという会社が所持しており、二人はこれまでその会社を通して製作に取り組んでいた。その後、Banijayが本作の権利を買収し、この度、NetlfixがBanijayからライセンスを獲得したことで、ようやくシーズン6に進むことが可能になった。シーズン6も引き続き、チャーリー・ブルッカーとアナベル・ジョーンズが製作を手がける。

キャスティングも進む

2022年9月に入り、米Deadlineは『ブラック・ミラー』シーズン6の出演者に俳優でコメディアンのロブ・ディレイニーが出演すると報じている。ロブ・ディレイニーは2012年にザ・コメディ賞でTwitter上の最も面白い人物におくられるファニエスト・パーソン・オン・ツイッターに選ばれると、2018年には映画『デッドプール2』にX-フォースメンバーのピーター役で出演。『トムとジェリー』(2021)『ロン 僕のポンコツ・ボット』(2021) 『ザ・バブル』(2022) といった作品にも出演している。ロブ・ディレイニーが『ブラック・ミラー』シーズン6で演じる役柄は不明となっている。

2022年8月には、同じく米Deadlineが『ブラック・ミラー』シーズン6のキャストとして、ロリー・カルキンの出演が決定したと報じている。ロリー・カルキンはSFホラー映画『サイン』(2002)などへの出演で知られる。Netflix作品ではドラマ『HALSTON/ホルストン』(2021) に出演した。「ホーム・アローン」シリーズで知られるマコーレー・カルキンは実の兄だ。

2022年5月には、米Varietyが『ブラック・ミラー』シーズン6の製作が始まっていることを報じ、キャスティングが進められていることも明かされていた。7月にはVarietyが初めてシーズン6の出演者が判明したことを報じている。

注目の出演者はザジー・ビーツ。映画『ジオストーム』(2017)のデイナ役、『デッドプール2』(2018)のドミノ役など、SF作品への出演で知られ、『ハイ・フライング・バード -目指せバスケの頂点-』(2019)のサム役や『ジョーカー』(2019)のソフィー役でも印象的な演技を見せている。

ドラマ『ウエストワールド』(2016-)にシーズン3からメインキャラクターのケイレブ役で出演しているアーロン・ポール、ドラマ『ナイトメア〜血塗られた秘密〜』(2014-2016)で主演を務めたジョシュ・ハートネットの他、パーパ・エッシードゥケイト・マーラダニー・ラミレスクララ・ルガードオーデン・ソーントンアンジャナ・ワァサンの出演も報じられている。

なお、最初に出演が判明した俳優陣は『ブラック・ミラー』シーズン6の最初の3話に出演する予定とされており、シーズン6が全6話で構成されることも明らかになっている。『ブラック・ミラー』はシーズン1とシーズン2は全3話で放送されたが、Netflixに移籍したシーズン3からは全6話で製作されていた。

一方で、インタラクティブ映画として配信された『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』(2018) の直後の配信となったシーズン5は、全3話の構成となっていた。全6話の構成で配信されるのは、シーズン4の2017年以来となる。

映画『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』は、観る人がの選択によって展開が変わる“インタラクティブ映画”で、エミー賞テレビ映画作品賞を受賞。SF最高賞のネビュラ賞に新設されたゲームライティング部門の初代受賞作にもなった。カリスマゲームクリエイターのコリン・リットマンを演じたウィル・ポールターの演技も注目を集めている。

シーズン5では、全3話ながらアンソニー・マッキーやポム・クレメンティーフ、マンタヤヒヤ・アブドゥル=マティーン2世、マイリー・サイラス、アンドリュー・スコットといった大物キャストが話題を呼んだ。

なお、「ブラック・ミラー」のタイトルの語源は、エピソードが終わった後に観ている人の姿を映すスクリーン=「黒い鏡」だとされている。近未来のちょっとダークなSFを通して「あなたはどうか」と問いかけるメッセージがその醍醐味だ。パンデミックを経たシーズン6では、『ブラック・ミラー』はどんな物語を届けてくれるのだろうか。

ドラマ『ブラック・ミラー』はシーズン5までNetflixで独占配信中。シーズン6の配信時期は未定。

『ブラック・ミラー』 (Netflix)

Source
Variety 1 / Variety 2 / Deadline 1 / Deadline 2

プロデューサーが「社会への警告ではない」と語った『ブラック・ミラー』のシリーズの狙いはこちらの記事で。

『イカゲーム』シーズン2の最新情報はこちらから。

Netflix実写版『ONE PIECE』のキャスト紹介はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. ドラマ『キャシアン・アンドー』第1話・2話・3話がいよいよ配信開始 全12話でシーズン2も決定済み 『ローグ・ワン』の前日譚

    2. ネタバレ考察『ミズ・マーベル』第1話 キャプテン・マーベルは東京にいた?

    3. 【第1話ネタバレレビュー】大人だって何も知らない——『ザ・ループ TALES OF THE LOOP』が思い出させてくれたこと【解説】

    4. ネタバレ感想 ドラマ『日本沈没―希望のひと―』第1話 天海&田所の正しさを証明したのは… あらすじ・解説