ドラマ『キャシアン・アンドー』第1話・2話・3話がいよいよ配信開始 全12話でシーズン2も決定済み 『ローグ・ワン』の前日譚 | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『キャシアン・アンドー』第1話・2話・3話がいよいよ配信開始 全12話でシーズン2も決定済み 『ローグ・ワン』の前日譚

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

「スター・ウォーズ」ドラマ『キャシアン・アンドー』は9月21日配信開始

「スター・ウォーズ」の新たなドラマシリーズ『キャシアン・アンドー』が2022年9月21日(水)よりDisney+で独占配信を開始する。配信初週は第1話・第2話・第3話が一斉に配信され、全12話で構成されるシーズン1の口火を切る。米報道によると、各話は40分程度で構成されるという。

ドラマ『キャシアン・アンドー』は映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016) の5年前を舞台に、反乱軍の情報将校キャシアン・アンドーを主人公に据えた物語を描く。8月1日に公開された本予告では、『ローグ・ワン』でもお馴染みのキャラクターが登場することも明らかになっている。

本予告では、スター・デストロイヤーや繁栄する帝国軍、そしてそこに忍び込むキャシアン・アンドーの姿が映し出されている。名俳優ステラン・スカルスガルドが演じる新キャラの姿も。

注目は『ローグ・ワン』にも登場したフォレスト・ウィテカー演じるソウ・ゲレラの再登場。反帝国勢力のパルチザンを率いるソウ・ゲレラは、『ローグ・ワン』の5年前を舞台にどんな活躍を見せてくれるのだろうか。なお、ジュヌヴィエーヴ・オライリーが演じたモン・モスマ議員も再登場を果たす。

9月に入って公開された新予告は、反乱軍として生きる人々のよりダークな側面にフォーカスした内容となっている。全てを犠牲にしてでも帝国軍に立ち向かう人々。私たちはその命運を知っているだけに、一層エモーショナルな雰囲気が感じ取れる。

『ローグ・ワン』では?

キャシアン・アンドーが「スター・ウォーズ」シリーズで初登場を果たしたのは『ローグ・ワン』でのこと。新予告でも触れられている通り、アンドーは反乱軍で上司であるデイヴィッツ・ドレイヴン将軍から汚れ仕事を引き受け、相棒のドロイド・K-2SOと任務をこなしていた。

転機が訪れたのは、反乱分子の過激派であるソウ・ゲレラの連絡員と接触した際に、デス・スターの開発者であるゲイレン・アーソからのメッセージを携えた帝国軍のパイロットがソウ・ゲレラに捕まっていると聞かされたことだった。

キャシアン・アンドーはゲイレン・アーソの娘であり、『ローグ・ワン』の主人公であるジンと共にソウ・ゲレラのもとへ乗り込むが、一行が情報を手に入れる前にデス・スターによってソウ・ゲレラの本拠地は破壊されてしまった。

デス・スターの圧倒的な力の前に怯む反乱軍だったが、ジンの説得により、アンドーら汚れ仕事に手を染めてきた兵士たちによる少数精鋭部隊ローグ・ワンを結成。デス・スターの設計図が保管されている惑星スカリフへと飛び立つ。

ローグ・ワンはデス・スターの設計図の回収に成功。帝国側はデス・スターで惑星スカリフごと焼き払おうとするが、その設計図は反乱軍へと送られる。その設計図は、『ローグ・ワン』ラストの直後にあたる『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977) で描かれたヤヴィンの戦いで活用され、デス・スターの破壊に成功する。

帝国軍と戦うためならばと、汚れ仕事に手を染めてきたキャシアン・アンドーの命を賭した任務遂行があってこそ、後のルーク・スカイウォーカーの活躍も実現したと言える。しかし、ドラマ『キャシアン・アンドー』でスポットライトが当たるのは、その「汚れ仕事」の方だ。キャシアン・アンドーを“償い”のための決死の任務に駆り立てた過去とは、どのようなものだったのだろうか。

シーズン2も決定済み

映画顔負けの映像美にも注目が集まるドラマ『キャシアン・アンドー』だが、既に12話構成のシーズン1に続き、同じく12話で構成されるシーズン2の製作がスタートしている。これまで「スター・ウォーズ」における反乱軍の戦いはアニメシリーズなどを通して描かれることが多かったが、『キャシアン・アンドー』はかなり力を入れて製作しているようだ。

『キャシアン・アンドー』を手がけるのは『ローグ・ワン』の脚本も手がけたトニー・ギルロイ。『ローグ・ワン』でキャシアン・アンドーを演じたメキシコ出身のディエゴ・ルナが引き続き主演を務める。モン・モスマ議員を演じたジュヌヴィエーヴ・オライリーが復帰する他、ステラン・スカルスガルド、デニス・ゴフ、カイル・ソラーらが出演する。

24話以上をかけて一体どのような物語が描かれるのか。配信を楽しみに待とう。

ドラマ『キャシアン・アンドー』は2022年9月21日(水)よりDisney+で独占配信を開始。初日に3話が同時配信され、翌週からは水曜日に各話が配信される。

Disney+

『ローグ・ワン』はBlu-rayセットが発売中。

【ネタバレ注意】『キャシアン・アンドー』第1話のネタバレありの解説はこちらから。

2023年配信開始のドラマ『マンダロリアン』シーズン3の予告編はこちらから。

10月26日からはプリクエルを舞台にした『スター・ウォーズ:テイルズ・オブ・ジェダイ』の配信が始まる。予告編の紹介はこちらから。

アニメ『バッド・バッチ』シーズン2も配信が決定している。詳しくはこちらの記事で。

アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン2は2023年春配信予定。詳しくはこちらから。

ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』最終話のネタバレ解説はこちらから。

ドラマ『マンダロリアン』はシーズン4への更新が決まっている様子。詳細はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第4話ネタバレ解説! ドラマ『ロキ』衝撃のラスト ポストクレジットシーンに注目 あらすじ・考察・音楽

    2. ドラマ『ホークアイ』の時系列が判明、MCUで最も未来描く フェーズ4のタイムラインをおさらい&解説

    3. 『ザ・ボーイズ』ニューマン議員のモデルはオカシオ=コルテス 演じたクローディア・ドゥーミットが語る

    4. 『キャシアン・アンドー』シーズン2で「全てが交差する」キャストが語る 配信開始はいつ?