『ラブ、デス&ロボット』シーズン3は2022年配信開始 「シーズン4のストーリーとアイデアある」 | VG+ (バゴプラ)

『ラブ、デス&ロボット』シーズン3は2022年配信開始 「シーズン4のストーリーとアイデアある」

via: Netflix ©Netflix

『ラブ、デス&ロボット』シーズン3の制作が決定

Netflixの人気SFアニメアンソロジーシリーズ『ラブ、デス&ロボット』のシーズン3が2022年に配信されることが分かった。Netflixは、日本時間4月20日(火)にシーズン2の配信日を2021年5月14日(金)と発表。同時に公開した予告映像の最後に「Vol. 3 2022年」と紹介されている。

1話あたり10分ほどの短編アニメーションで構成される『ラブ、デス&ロボット』は、シーズン1では計18話を収録。シーズン3はシーズン2と同じく全8話で構成される予定となっている。

シーズン4の可能性も

『ラブ、デス&ロボット』の製作総指揮を務めるティム・ミラーは米IGNに、既にシーズン3の制作は始まっており、もしNetflixが明日シーズン4のゴーサインを出したとしても、シーズン4を制作するだけの十分な量のストーリーとアイデアがあると語っている。

シーズン2から『ラブ、デス&ロボット』の総監督を務めるジェニファー・ユー・ネルソンは、「より良い物語を、皆さんが求めるものをより多く提供することができます」と付け加える。ミラーは「Netflixが続けさせてくれる限り、私たちは制作をやめません」と、可能な限り『ラブ、デス&ロボット』の制作を続けていくことを表明した。

『ラブ、デス&ロボット』は、短編SF小説を原作にしたアニメ作品を収録しているのが特徴で、シーズン1ではケン・リュウの「良い狩りを」を原作にした「グッド・ハンティング」や、アレステア・レナルズ原作の「ジーマ・ブルー」が収録された。

ケン・リュウの「良い狩りを」(古沢嘉通 訳) は橋本輝幸 編『2010年代海外SF傑作選』で、アレステア・レナルズ「ジーマ・ブルー」(中原尚哉 訳) は同じく橋本輝幸 編『2000年代海外SF傑作選』で読むことができる。

早川書房
¥1,276 (2022/10/03 14:04:34時点 Amazon調べ-詳細)
早川書房
¥1,276 (2022/10/03 12:36:13時点 Amazon調べ-詳細)

また、『老人と宇宙』で知られるSF作家のジョン・スコルジーは「ロボット・トリオ」をはじめとする三作品の原作を手がけ、『ラブ、デス&ロボット』シーズン2にも自身の作品が収録されていることを明らかにしている。

『ラブ、デス&ロボット』がシーズン2とシーズン3でアニメと小説の双方を盛り上げ、シーズン4の制作が決まることを期待しよう。

『ラブ、デス&ロボット』シーズン2は2021年5月14日(金) 配信開始。シーズン1はNetflixで独占配信中。

『ラブ、デス&ロボット』(Netflix)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. ネタバレ注意『ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 序・破・Q・シン』声優キャストまとめ シン・エヴァンゲリオンまで

    2. ネタバレ解説『ONE PIECE FILM RED』ラストの意味は? シャンクスとウタはどうなった? 考察&感想

    3. 【アニゴジ】Netflixにて『GODZILLA 決戦機動増殖都市』独占配信開始! 海外ゴジラファンからも反響

    4. カニエ・ウェストのTwitterに大友克洋が登場——「『AKIRA』は最大のインスピレーションだった」