ネタバレラスト解説『グリッドマン ユニバース』今後のシリーズ展開を考察 | VG+ (バゴプラ)

ネタバレラスト解説『グリッドマン ユニバース』今後のシリーズ展開を考察

Ⓒ円谷プロ Ⓒ2023 TRIGGER・雨宮哲/「劇場版グリッドマンユニバース」製作委員会

映画『グリッドマン ユニバース』公開

2023年3月24日(金)、映画『グリッドマン ユニバース』が公開された。『グリッドマン ユニバース』は、1994年にTV放送された『電光超人グリッドマン』を原作とし、2018年にTV放送された『SSSS.GRIDMAN』、2021年にTV放送された『SSSS.DYNAZENON』に続く「SSSS」シリーズ最新作だ。こちらのネタバレ感想記事に続き、今回はラストについて考察していきたい。

以下の内容はネタバレを含むため、必ず劇場で本編を鑑賞してから読んでいただきたい。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『グリッドマン ユニバース』の内容に関するネタバレを含みます。

三者三様の結末

グリッドマンと裕太は新条アカネやアレクシス、グリッドナイト、ダイナゼノン、新世紀中学生らの力を借りてマッドオリジンとの最終決戦に挑む。今後の玩具の展開も当然見据えてのことだろうが、とにかく多彩な合体パターンが楽しい。

最終決戦前、ディモルガンとのバトルにおいてまずは『SSSS.GRIDMAN』でもお馴染みのグリッドマンがアシストウェポン(新世紀中学生)と合体した「フルパワーグリッドマン」と、『SSSS.DYNAZENON』組はゴルドバーンを介してダイナゼノンとグリッドナイトが合体した「カイゼルグリッドナイト」が登場。この際に互いのメイン武装であるグリッドマンキャリバーとダイナミックキャノンを交換して戦う描写も見られた。

そして、マッドオリジンとの最終決戦においてはグリッドマンが新たな姿「Universe Fighter」として現れた。しかし、グリッドマンのこれまでの戦い方は記憶を共有するマッドオリジンにすべて見切られており、ちせは「新たな戦い方」を提案する。

アカネがちせの左腕のゴルドバーンのタトゥーに触れるとまずはゴルドバーンが新たな姿となり、その力によってグリッドマンがダイナゼノンと合体する。次いでグリッドナイトもアシストウェポンを身に纏い、これによりアシストウェポンも紫を基調とするグリッドナイトに合わせたカラーとなった。

最終的にはダイナゼノンとグリッドナイトがマッドオリジンに向けて破壊光線を放ちながら、ゴルドバーンと合体したグリッドマンが同時にフィクサービームを放つことで破壊と再生が繰り返され、マッドオリジンは敗れた。

余談だが、アレクシスを飲み込んだマッドオリジンの最終形態は口から青白いビームを吐き、同じ色の「背びれ」も持つ、明らかに某‟怪獣王”を意識したデザインとなっている。

マッドオリジンとの戦いの後、平和を取り戻した世界でグリッドマンと新世紀中学生は再び裕太、六花、内海に別れを告げる。しかし裕太の腕にはアクセプターが残ったまま。グリッドマンは裕太と、裕太はグリッドマンと関係を保ちこれからも何かあった際には互いに助け合おうと言って彼らは別れた。

蓬、夢芽、ちせ、暦の四人は2代目に連れられて自分たちの世界へと帰る。蓬は『SSSS.DYNAZENON』本編で叶わなかったガウマとのちゃんとした別れを経験することができた。

その際、ガウマに「母親へのお土産」として姫から買ったタラバ蟹を渡される。それを羨ましそうに見詰める夢芽に蓬は「一緒に食べる?」と誘う。その意味を汲み、これまで蓬に対して常に「余裕」を見せていた夢芽が初めて赤面する表情も『グリッドマン ユニバース』というお祭り映画ならではのファンサービスだ。

そして、裕太は遂に六花へと告白する。この時、告白を決意した裕太は左腕からアクセプターを外している。グリッドマンに勇気を貰うということではなく、自分一人の力で六花に気持ちを告げるという裕太の、ある意味では怪獣に立ち向かう以上の勇敢さが描かれた。

怪獣との対決においては仲間と力を合わせ、全員の力で危機を打ち破ってきた『SSSS.GRIDMAN』および『SSSS.DYNAZENON』の面々。しかし、時には自分一人の力で挑まなくてはならない問題があるのだということを示した点にも作り手の真摯な作劇を感じた。

そして、エンディングクレジットの後のおまけシーンとして、麻中家で蓬、蓬の祖母、蓬の母、そして「上条さん」と一緒に食卓を囲む夢芽が描かれた。蓬をはじめとする4人が蟹の身を食べている中、夢芽だけは黙々と蟹味噌を食べていた。

特に会話はなかったが、それは皆が「蟹を食べる」ことに集中して無口になってしまったためだろう。画面からは距離感を測りかねる気まずさは伝わってこなかった。

『SSSS.DYNAZENON』本編冒頭では上条に対して頑なな態度を示していた蓬も、夢芽というパートナーを得ることで「母親は母親」として親離れできたということだろうか。ガウマをあれだけ構った蓬母も夢芽に関してはそこまで干渉しない距離感を掴んでいるようだ。夢中で蟹の身を食べながらも、蓬に「美味い?」と聞かれて「ふつう」と答えた蓬母の台詞に場内は笑いに包まれ、物語は本当に終幕となった。

今後のSSSSシリーズ展開予想

さて、ここまで綺麗に物語を終わらせてしまうと気になるのは今後の展開だ。果たして「SSSS」シリーズは『グリッドマン ユニバース』で完結してしまうのだろうか? 初日舞台挨拶で監督の雨宮哲は今後の展開について「需要とオファーがあれば」と口にし前向きな姿勢を示した。一ファンとしては是非今後もシリーズが続いて欲しい限りだ。

個人的には、これまでの「電脳世界(コンピューターワールド)」を舞台とする物語には一区切りつけ、劇中でアカネが暮らす「現実」世界を舞台とした作品が作られることを期待したい。

というのも、電脳世界というのは『グリッドマン ユニバース』作中においても「架空の世界」である。その架空の世界の住人=データとして書き換え可能な存在ということになってしまえば、どうしても問題が起こってもそれをアカネのように「なかったこと」にしてしまえば良いという風にドラマの限界が設定されてしまっているようにも感じる。

ドラマの切実さというのはやはりその一回性、置き換え不能性に宿るものだと感じる。そうであるならば、やはり一度は舞台を「現実」世界に移したドラマを観てみたいと思う。『SSSS.GRIDMAN』において、現実のアカネは一体何に挫折したことで電脳世界の神となることを選んだのか。

アカネのモチーフとなった『電光超人グリッドマン』の武史は、両親との軋轢から性格が屈折していった。そのような背景がアカネにもあるのだとしたら、一ファンとしてはそのあたりを深掘りしたドラマが見てみたいと思う。

今後の「グリッドマン ユニバース」の益々の発展を祈っている。2周目、3周目の入場特典もあるので、1度のみならず2度、3度と劇場に足を運んでみてはいかがだろうか。

映画『グリッドマン ユニバース』は2023年3月24日(金)より全国東宝系劇場他にて公開中。

『グリッドマン ユニバース』公式サイト

『グリッドマン ユニバース』のオリジナルサウンドトラックは発売中&配信中。

ポニーキャニオン
¥2,800 (2024/05/19 20:55:13時点 Amazon調べ-詳細)

オーイシマサヨシによる主題歌「ギフト」のシングルも発売中。

ポニーキャニオン
¥1,455 (2024/05/19 20:55:13時点 Amazon調べ-詳細)

水沢夢によるノベライズ版『グリッドマン ユニバース』は2023年4月19日(水)発売で予約受付中。

¥1,980 (2023/08/28 19:30:54時点 Amazon調べ-詳細)

水沢夢が手がけた『SSSS.GRIDMAN』のオリジナル小説『SSSS.GRIDMAN NOVELIZATIONS』は発売中。

小学館
¥1,760 (2024/05/19 23:24:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

グリッドマン ユニバース どこスタ カイゼルグリッドナイト
JP BRAND
清水産業株式会社
¥960 (2024/05/19 01:22:06時点 Amazon調べ-詳細)
グリッドマン ユニバース どこスタ グリッドマン新形態
JP BRAND

『グリッドマン ユニバース』全体のネタバレありの感想&解説はこちらの記事で。

『グリッドマン ユニバース』ネタバレありの登場キャラ紹介はこちらから。

アニメ『SSSS.DYNAZENON』最終話のネタバレ感想はこちらから。

【ネタバレ注意】『シン・仮面ライダー』の解説&考察はこちらの記事で。

腐ってもみかん

普段は自転車で料理を運んで生計を立てる文字通りの自転車操業生活。けれど真の顔は……という冒頭から始まる変身ヒーローになりたい。文学賞獲ったらなれるかな? ラップしたり小説書いたりしてます。文章書くのは得意じゃないけどそれしかできません。明日はどっちだ!
お問い合わせ

関連記事

  1. 2期第7話ネタバレ感想!『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 2nd-覚醒前夜-』あらすじ・解説

  2. ネタバレ解説『ホワット・イフ…?』第3話 アベンジャーズ計画に異変。原作映画では? あらすじ・考察・音楽

  3. スーサイド・スクワッドが日本でアニメ化!2023年12月1日(金)に『異世界スーサイド・スクワッド』情報解禁

  4. 第1話ネタバレ感想!『SSSS.DYNAZENON』あらすじ・考察・解説〜“怪獣使い”の意味、グリッドマンとの繋がりは?〜