『天空の城 ラピュタ』声優キャストまとめ その後&現在は? パズー役は『ONE PIECE』のアノ人 | VG+ (バゴプラ)

『天空の城 ラピュタ』声優キャストまとめ その後&現在は? パズー役は『ONE PIECE』のアノ人

© 1986 Studio Ghibli・H

『天空の城 ラピュタ』の声優陣に注目

1986年に公開されたジブリ映画『天空の城 ラピュタ』。宮崎駿監督が指揮した本作は、意外にもスタジオジブリ最初の作品でもある(『風の谷のナウシカ』(1984) はトップクラフト制作)。久石譲が音楽を手がけ、高畑勲が製作として加わった本作は、声優陣も豪華だ。

ジブリ映画といえば、俳優を起用した声優陣が特徴の一つでもあるが、『天空の城 ラピュタ』の時期のジブリはまだ本業の声優がメインで起用されていた。30数年以上前にジブリ作品に参加していた声優には意外な名前も見られる。今回は『天空の城 ラピュタ』で声優を務めたキャストを紹介していこう。

『天空の城 ラピュタ』の声優キャストまとめ

パズー役 田中真弓

主人公パズーの声を担当したのは田中真弓。現在ではアニメ『ONE PIECE』(1999-) の主人公ルフィ役などで知られる大声優だが、『天空の城 ラピュタ』が公開された1986年にはアニメ『ドラゴンボール』(1986-1989) でクリリン役を演じている。その前には『うる星やつら』(1981-1986) で藤波竜之介役を演じるなど、活躍を続けてきた。

『おそ松くん』(1988-1989) のチビ太役、『南国少年パプワくん』(1992-1993) でパプワくん役、『幽☆遊☆白書』(1992-1995) でコエンマ役、『忍たま乱太郎』(1994-) できり丸役など、代表作は枚挙にいとまがない。なお、田中真弓がジブリ作品に出演したのは『天空の城 ラピュタ』のみである。

2022年8月には「ONE PIECE」映画最新作『ONE PIECE FILM RED』が公開され、いつも通り主人公モンキー・D・ルフィを演じている。

シータ役 よこざわけい子(横沢啓子)

シータ役の声を担当したのは、よこざわけい子(『ラピュタ』公開時の表記は横沢啓子)。アニメ『若草のシャルロット』(1977-1978) のシャルロット役、『はいからさんが通る』(1978-1979) の花村紅緒役で主演、『ドラえもん』第1期 (1979-2005) のドラミ役で知られる。

『天空の城 ラピュタ』公開の翌年には『エスパー魔美』(1987-1989) の佐倉魔美役で主演を務め、原作者の藤子・F・不二雄から演技を称賛されたという。2005年に『ドラえもん』の声優陣がリニューアルされた後は出演を減らしているが、2018年に公開された映画『劇場版 はいからさんが通る 後編 〜花の東京大ロマン〜』では終幕のナレーションを務めている。

ムスカ役 寺田農

「見ろ。人がゴミのようだ」という台詞でお馴染みのムスカの声を担当したのは寺田農。俳優として活躍しており、岡本喜八監督の『肉弾』(1968) で毎日映画コンクール男優主演賞を受賞した。大河ドラマ『徳川家康』(1983)では明智光秀役を演じていた。『仮面ライダーW』(2009-2010) では風都の大物・園咲琉兵衛を演じ、劇場版にも出演している。

寺田農がアニメ作品で声優を務めたのは『天空の城 ラピュタ』が初めて。その後もアニメ作品には数作しか出演していなかったが、2022年3月に公開されたアニメ映画『ブルーサーマル』では大学の監督役で声の出演を果たしている。

なお、英語版のムスカの吹き替えは、「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルが担当している。

ドーラ役 初井言榮

海賊のドーラ役の声を担当したのは初井言榮。1929年生まれで、1990年に61歳で逝去している。劇団俳優として活動し、青年座第69回公演『謀殺〜二上山鎮魂〜』で第33回文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞。声優としては映画『ティファニーで朝食を』(1961) の吹き替えなどを務めている。アニメ声優としては『ラピュタ』以外では手塚治虫作品『クレオパトラ』(1970)でアポロドリア役を演じた。

ポムじいさん役 常田富士男

ポムじいさんの声を担当したのは常田富士男。1937年生まれ、2018年に逝去。俳優としてノンクレジットだが黒澤明監督の『天国と地獄』(1963) に出演。大河ドラマ『源義経』(1966)では喜三太役を演じた。『まんが日本昔ばなし』(1975-1994)では市原悦子と共に二人で全てのキャラクターの声を担当した。

モウロ将軍役 永井一郎

モウロ将軍の声優は永井一郎。『サザエさん』(1969-)の磯波平、『ドラゴンボール』の鶴仙人、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの佐渡酒造といった数々のキャラクターの声で知られる名声優だ。吹き替えでも「スター・ウォーズ」シリーズのヨーダ、「ハリー・ポッター」シリーズのダンブルドア校長の声などを務めていた。

宮崎駿監督作品ではアニメ『未来少年コナン』でダイス船長役、『風の谷のナウシカ』でミト役を演じている。2014年に82歳で逝去し、多くの人気キャラクターが後輩の声優達に引き継がれた。

シャルル役 神山卓三

シャルル役の声を演じたのは神山卓三。『未来少年コナン』ではドンゴロス役、テレビ朝日版の『怪物くん』(1980-1982) でオオカミ男役、『チキチキマシン猛レース』(1970) でケンケン役を演じてきた。ラジオドラマ『宮崎駿の雑想ノート』(1995-1996) では語り部を担当。2004年に72歳で逝去した。

ルイ役 安原義人

ルイ役の声を担当したのは安原義人。『宇宙戦艦ヤマト』(1974-1975)の太田健二郎役、『ドカベン』(1976-1979) の微笑三太郎役などで知られる。俳優として刑事ドラマを中心に出演を続けた後、『天空の城 ラピュタ』への出演の翌年に、ドラマ『ジャングル』(1987) と『NEWジャングル』(1988) に明石亀男役でレギュラー出演。

声優としては『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(1996-1998) で四乃森蒼紫役を演じるなど活躍を続けている。元ジブリの安藤雅司が宮地昌幸と共同監督を務めたアニメ映画『鹿の王 ユナと約束の旅』(2022) ではトゥーリム役で出演している。吹き替えではゲイリー・オールドマンやカート・ラッセル、ケヴィン・ベーコンらを担当している。

アンリ役 亀山助清

アンリ役の声優は亀山助清。『特装機兵ドルバック』(1983-1984)でピエール・ボナパルトなどを演じ、『天空の城 ラピュタ』で劇場アニメ初声優を務める。2003年からは「くまのプーさん」シリーズでプーさんの3代目声優を務めた。2013年に病気のため58歳で逝去している。

マッジ役 TARAKO

ダッフィー夫妻の娘、マッジを演じたのはTARAKO。『うる星やつら』の端役でデビュー。『風の谷のナウシカ』で少年B役、『ラピュタ』でマッジ役を演じ、『となりのトトロ』(1988)でも端役で出演している。その2年後より、『ちびまる子ちゃん』(1990-) で40年以上にわたって主人公まる子の声を務めることになる。

その他にも、『まじかる☆タルるートくん』(1990-1992) のタルるート、『探偵少年カゲマン』(2001-2002) のカゲマン/影万太郎、『甲虫王者ムシキング 森の民の伝説』(2005-2006) のチビキング、『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』(2016) のモノクマなど、様々なキャラクターの声を演じている。

ダッフィー親方役 糸博

親方ことダッフィーの声を担当したのは糸博。吹き替えでジョン・ウェイン、ブライアン・コックス、マイケル・ケインらを担当している。『ラピュタ』が劇場アニメ初出演作品となっている。ゲーム『バイオハザード0 HDリマスター』(2016) では、アンブレラ社創設者の一人のジェームス・マーカスを演じている。

おかみ役 鷲尾真知子

おかみ役の声優は鷲尾真知子。大河ドラマや「金八先生」シリーズなど、数々のドラマに出演する一方、声優としてはアニメ『うる星やつら』のサクラ役が当たり役に。劇場アニメでは「うる星やつら」シリーズに続いて『天空の城 ラピュタ』に出演し、『となりのトトロ』でも学校の先生役で出演している。2010年代からは舞台俳優としても活躍を見せている。

老技師(ハラ・モトロ)役 槐柳二

ベテラン機関士のハラ・モトロの声を演じたのは槐柳二。1928年生まれ、2017年に89歳で逝去している。若手の頃から老人役を演じることが多く、『赤毛のアン』(1979)でアンを引き取ったマシュウ・カスバート、「ライオンキング」シリーズではヒヒのラフィキを演じている。

なお、『天空の城 ラピュタ』大塚芳忠が特務機関員の黒眼鏡と兵士の声を担当している。

映画『天空の城 ラピュタ』はBlu-rayとサントラが発売中。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,982 (2022/10/03 21:51:54時点 Amazon調べ-詳細)
徳間ジャパン
¥2,230 (2022/10/03 21:52:12時点 Amazon調べ-詳細)

主題歌「君をのせて」は配信中。

¥250 (2022/10/03 22:45:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

『風の谷のナウシカ』の声優キャストまとめはこちらから。

『となりのトトロ』の声優キャストまとめはこちらから。

『もののけ姫』声優キャストまとめはこちらから。

『借りぐらしのアリエッティ』の声優キャストまとめはこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. ガンダムTVシリーズ初の女性主人公!! 最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』主役機【ガンダム・エアリアル】デザイン公開

    2. SF作家ジョン・スコルジー、『ラブ、デス&ロボット』原作アニメ化のプロセスは「最高だった」

    3. 第11話ネタバレ感想!『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』あらすじ・考察・登場怪獣

    4. 【ネタバレ解説】『BNA ビー・エヌ・エー』第9話 「変える」こと、「変わらない」こと【あらすじ・レビュー・感想】