アニメ『ダンジョン飯』第15話 感想&考察 新章開幕と久しぶりの魔物食! ネタバレ解説 | VG+ (バゴプラ)

アニメ『ダンジョン飯』第15話 感想&考察 新章開幕と久しぶりの魔物食! ネタバレ解説

©九井諒子・KADOKAWA刊/「ダンジョン飯」製作委員会

炎竜編からダンジョン脱出編に入るアニメ『ダンジョン飯』

ファリンを救出すべく、ダンジョンに潜り続け、炎竜〈レッドドラゴン〉退治を試みたライオスたち。しかし、その結末はファリンを狂乱の魔術師シスルに奪われるという悲劇に終わった。深追いして命を落とさないでほしいというチルチャックの懇願もあり、ダンジョン脱出へとライオスのパーティーは動き出したが、狂乱の魔術師シスルに目を付けられてしまったため難航する。

食糧も足りないなか、ライオスたちはどのようにダンジョンを脱出するのか。そのために『ダンジョン飯』の原点である魔物食に帰るのか。本記事ではアニメ『ダンジョン飯』第15話「ドライアド/コカトリス」を振り返り、感想と考察、解説を述べていこう。なお、本記事はアニメ『ダンジョン飯』第15話「ドライアド/コカトリス」のネタバレを含むため、本編視聴後に読んでいただけると幸いである。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『ダンジョン飯』の内容に関するネタバレを含みます。

久しぶりの魔物食

食べ盛りの子供たち

狂乱の魔術師シスルによってダンジョン内は動き続け、その上空は魔術師の目が飛んでいる。道順が変わり続ける以外に、炎竜〈レッドドラゴン〉が去ったことで鳴りを潜めていた魔物たちも現われてライオスたちの帰路を阻む。

まともな食事を取れていないことを憂うセンシ。ライオスはセンシ基準でも成人男性として見られていたが、マルシルとチルチャックは育ち盛りの子供扱いだ。これにはライオスたちトールマンやチルチャックの平均寿命が50~60歳なのに対して、長命種であるドワーフの平均寿命が200歳であることが関係していると考察できる。

この考え方はエルフのマルシルにも当てはまり、『ダンジョン飯 ワールドガイド 冒険者バイブル』では、マルシルは30代のファリンとライオスの両親を子供扱いしていた。マルシルはハーフエルフであるため、成長スピードもまちまちであり、ハーフフットの成人年齢の13歳の頃は完全に幼児であった。

史上最悪の花粉症と性教育

花の香りから水場が近くにあると踏んだライオスたちは、そこに向かう。全裸の男女が乱痴気騒ぎをしていると思ったセンシだったが、その男女はドライアドの花弁だった。ドライアドはその可憐な容姿に反して好戦的で、切って倒すと花粉を飛ばす。男女の姿に別れているのは単性花であり、雌花と雄花に別れているためである。

ドライアドの雄花と雌花はキスをして受粉するのが特徴だ。「モンスターよもやま話」でセンシはドライアドを使って性教育をしようとしたが、この性質をライオスが指摘したことで失敗に終わった。チルチャックは、実際の年齢は29歳で妻と成人した3人の娘がいるため、性教育は不要であると考察できる。

魔法使いライオス

マルシルはライオスに治療魔法を教えようとしていた。ファリンはノーム体系の魔法で、エルフ体系の魔法とは異なるが根本は同じとマルシルは解説する。魔術にはいくつか体系が存在し、この他にもカブルーのパーティーのリンやシュローのパーティーのマイヅルが使用している東方体系の魔法も存在している。

マルシルは元来エルフ体系の魔法を学んでいるが、魔術学校でノーム体系の魔法も学んでいるため、その双方を教えることが出来る。トールマンはノーム体系の魔法が向いていると『ダンジョン飯 ワールドガイド 冒険者バイブル』で解説されている。マルシルはダンジョンを構成する魔術の術式をファリンに組み込むことで蘇生させたが、それによって炎竜〈レッドドラゴン〉の魂がファリンに混ざってしまったと考察できる。

チルチャックは恋愛関係によってパーティーが崩壊すると語っている。マルシルが所属する前のライオスのパーティーはライオスが人間関係に無頓着だったが故、パーティーのメンバーに婚活目的のメンバーが入り、崩壊寸前になった。

また、チルチャックは黒魔術に関わると帰って来られないとも語っているが、これは少々誤解があると考察できる。あくまでもエルフたちは尋問を行なっているつもりであり、ただそれが長命種のエルフの基準で行われるため、50年や100年かかってしまうのだ。

ライオスは魔力酔いを起こして倒れるが、そこでもう死なせてといった旨の発言を聞き取っている。これは原作の『ダンジョン飯』には無い演出で、この声は黄金の都に暮らしていた人々の言葉だと考えられる。彼らもまた狂乱の魔術師シスルからの死による解放を望んでいるのだ。

冷酷な石毒

コカトリスに襲われるマルシルたち。コカトリスがバジリスクよりも危険で、バジリスクが体長100~120㎝なのに対して、コカトリスの体長は500~600㎝と巨大だ。更に蛇の部分にはピット器官が備わっており、それによって体温で獲物の居場所を突き止めることが出来る。それらの特性から「冷酷な石毒」とも呼ばれる魔物だ。

ここでマルシルは、以前ライオスがバジリスク退治に用いていた威嚇手段に打って出る。しかし、マルシルはライオスのように奇声をあげるのには慣れていない。そこで使ったのが爆破魔法による威嚇だ。ここで自分を「学校はじまって以来の才女」と奮い立たせている。

コカトリスの毒は一種の呪いで、自然治癒が可能だ。しかし、砕けると蘇生がかなり困難になる。そのため、コカトリスの毒を受けた場合は体育座りなど体が欠けないように気を使うことが重要になる。不安定な姿で固まったマルシルは、安定感を持たせるため、漬物石代わりにされた。

本日のレシピ

ジャック・オー・ランタンのポタージュ

1. ドライアドの実とマンドレイクを砕く。
2. 砕いた材料を水と共に鍋に入れる。
3. 材料が柔らかくなったら火を止めて鍋の中で潰す。
4. ペースト状になったら水を加え、塩胡椒で味を調える。

ドライアドのチーズかけ蕾ソテー

1. ドライアドの蕾を輪切りにする。
2. バターでさっくり炒める。
3. 茸を加える。
4. 上から溶かしたチーズをかける。

ドライアドの蕾のザワークラウト風

1. ドライアドの蕾を千切りにする。
2. 酢など調味料を蕾の千切りと混ぜる。
3. 上に漬物石を置いて発酵させる。

コカトリスのアイスバイン風

1. コカトリスの肉を塩水に漬ける。
2. 数日間塩漬けにした肉を茹で、灰汁を取る。
3. 茹で上がった肉を薄切りにする。

付け合わせの石化消し草のグリル

1. 石化消し草を輪切りにする。
2. 輪切りにした石化消し草をグリルにする。

第15話の感想とシュローとの合流を描く第16話

アニメ『ダンジョン飯』第15話「ドライアド/コカトリス」は炎竜〈レッドドラゴン〉や狂乱の魔術師シスルとの戦いが終わり、久しぶりに魔物食に集中できるエピソードとなった。その反面、ライオスが魔力酔いをする中で狂乱の魔術師シスルに囚われた国民の声を聴くなど、アニメオリジナルの演出も多く見られた。特に「冷酷な石毒コカトリス」と「学校はじまって以来の才女マルシル」の対決はTRIGGER作画を楽しむことができる。

第16話では、アニメ『ダンジョン飯』第14話「シーサーペント」で登場したシュローのパーティーとライオスのパーティーの合流と、本格的なライオスとカブルーの会話を観られると考察できる。そのため、新たな人間ドラマが深堀りされることを期待したい。

アニメ『ダンジョン飯』第15話「ドライアド/コカトリス」は2024年4月11日(水)22:30より放送と配信が開始。

『ダンジョン飯』公式サイト

¥682 (2024/05/27 11:55:15時点 Amazon調べ-詳細)

アニメ『ダンジョン飯』第1話「水炊き/タルト」のネタバレ感想と考察はこちらから。

アニメ『ダンジョン飯』第16話「掃除屋/みりん干し」のネタバレ感想と考察はこちらから。

アニメ版『ダンジョン飯』のオープニングのBUMP OF CHICKENの新曲「Sleep Walking Orchestra」と主要キャストはこちらから。

アニメ版『ダンジョン飯』のエンディングの緑黄色社会の新曲「Party!!」と追加キャストはこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説『バッド・バッチ』第15話 衝撃の事実が明らかに 物語はクライマックスへ あらすじ&考察

  2. 『ラブ、デス&ロボット』メイキング映像公開 あのアニメーションはどうやって作られた?

  3. 『借りぐらしのアリエッティ』声優キャストまとめ アリエッティの声を演じたのは?

  4. ネタバレ解説『バッド・バッチ』シーズン2第12話 兵士達が問われる立ち位置、戦後をどう生きるか あらすじ&考察