二大SF賞を制覇したネディ・オコラフォは、なぜ『ブラックパンサー』を書いたのか

ライター

有名SF作家が『ブラックパンサー』で描きたかったもの

『ブラックパンサー』を手がけたSF作家とは?

2018年に公開され、米国内興行収入年間ランキング第一位の大ヒットを記録した映画『ブラックパンサー』。同年に発売されたコミックを、SF作家が手がけていたことをご存知だろうか。2018年に刊行された『ブラックパンサー: ロング・リブ・ザ・キング (原題: Black Panther: Long Live the King)』を手がけたのは、小説『ビンティ (原題: Binti)』(2015)でヒューゴー賞とネビュラ賞のダブルクラウンを達成したネディ・オコラフォだ。

独創的な世界観を創り出すネディ・オコラフォ

ナイジェリア系アメリカ人二世のネディ・オコラフォは、アフリカのカルチャーとSF的要素を融合させることで、独創的な物語を創り上げている。いわゆる“マイノリティSF”を主戦場としているのだ。そんな彼女が、オーバーグラウンドで“マイノリティSF”をブレイクさせた『ブラックパンサー』の原作を手がけることは、当然の流れと言えるかもしれない。だが、オコラフォ自身は、どのような想いで『ブラックパンサー: ロング・リブ・ザ・キング』のライターを引き受けたのだろうか。

『ブラックパンサー』で描きたかったこと

アメリカはイリノイ州の地方紙、「Homewood-Flossmoor Chronicle」は、米時間の20日、ネディ・オコラフォが地元のホームウッド公立図書館で行ったスピーチの様子を掲載。そこでオコラフォ自身が“『ブラックパンサー』で描きたかったこと”について語っている。

『ブラックパンサー』の物語は、いつも王族に焦点を置いている気がしていたの (ブラックパンサーと、植民地主義に走った彼の家族にね)。私が見てみたかったのは、ワカンダの人々がどうやって生活しているのかっていうこと。

社会を描くサイエンス・フィクション

確かに、映画『ブラックパンサー』でもフォーカスされていたのは、王族であるブラックパンサーことティ・チャラとその家族の過去をめぐる物語だ。ネディ・オコラフォはより広い視野を持ち、ワカンダに暮らす人々の生活を描いた。「SF=サイエンス・フィクションには、社会科学も含まれている」とは、オコラフォと同じ黒人女性SF作家で、ヒューゴー賞三連覇を達成したN・K・ジェミシンの言葉。社会を描き出すことは、SFが果たす大きな役目の一つなのだ。

2019年の年明けには、ネディ・オコラフォは、R&BシンガーのR・ケリーによる性的虐待疑惑に関連して、「女性蔑視は構造的な問題」と指摘した。現実社会への鋭い眼差しが、彼女の作品にも生きているのだ。

現在オコラフォは、ブラックパンサーの妹で天才科学者であるシュリを主人公に据えたコミック『シュリ: サーチ・フォー・ブラックパンサー (原題: Shuri: The Search for Black Panther)』を執筆している。一体どのような物語が描かれているのか、日本での出版を待とう。

– Thumbnail –
via: Amazon.co.jp 1 / Amazon.co.jp 2
– Source –
Homewood-Flossmoor Chronicle

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. ブラックパンサーの「紫」に込められた意味とは? 「色」から見えるストーリーの裏側

  2. アメコミと猫【スーパーアニマル編〜猫はなぜ闘うのか〜】

  3. 『ニンジャバットマン』が正面突破した「正義の相対化」

人気記事

新着記事

PAGE TOP